« 2021年1月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月20日 (土)

中央緑道「天下の道」、完成

Quruwa202103201

 3月20日(土)、中央緑道「天下の道」が供用開始された。本日、完成を記念して市内各地でイベント「#QURUWAと暮らす」が開催された(21日は天候の関係で中止)。
 それに先立ち、あいにくの雨天ではあったが、去る3月13日(土)、地元の町内会の皆さん主催によるオープン記念式典が開かれた。

 本来、昨年の8月には完成しているはずであったが、工事中、籠田公園の地下から出土した大量の昔の建築廃材を取り除いたり、NTTの光ファイバーなどが集積するエリアが経路になっていたりしたこともあって、想定した以上に手間と時間がかかることとなり、工期が半年以上伸びてしまったのである。

Quruwa202103206

Quruwa202103208

Uchida202012265

Quruwa202103205

Quruwa2021032010

 いずれにしても、私の施策の中でも一大エポックとなるべく進めてきた事業であり、「天下の道」は、「QURUWA戦略」や乙川リバーフロント整備計画における桜城橋と並ぶ中心施設であり、今回無事に完成したことはたとえようもない喜びである。あとは多くの皆様の知恵と力を結集して、完成した新しい空間に人々が集い、それぞれ有効に活用して頂くことが大事なことである。完成予想図にある挿絵のように、経路にある階段は、高齢者や幼児、身障者にも配慮したゆるやかな勾配となっている。通路としてだけでなく、そこに腰を下ろしてくつろげる仕様となっている。

Quruwa2021032011

 市民の一人一人が個人で、あるいはグループで、各スペースを有効活用されることを願っている。施設の使用目的に必要以上にこだわる方もみえるが、この空間は一人一人の癒しのスペースとして使われるだろうとも考えている。
 ふと立ち寄って、モノ思いにふけったり、木陰のベンチで読書をしたり、友人と語り合ったり、犬と散歩を楽しんだりする心の許せる空間となることを期待している。
 四体そろった徳川四天王像が岡崎の歴史と石工業の技術力を伝えることになる。コーナーの階段部分ではギター片手にミニコンサートを開くこともできるし、随所にキッチンカーも配することができる。利用価値はこれまでとは比較にならないはずである。あとはともかく御利用頂くことである。

Quruwa202103202

Quruwa202103203

Quruwa202103204

Quruwa202103207

Quruwa202103209

 今後、現市政がどういう方向に進むものかは分からないが、私は、籠田公園から天下の道、桜城橋にかけて進めてきた数々の斬新な実験の中で、人々に支持され、有用性の高いものは市内の他の公園へも波及させることを考えていた。
 もちろん、それぞれの公園には個別の特徴があり、地域の皆さんの要望を踏まえて実施するつもりであった。すでに矢作公園には籠田公園と同様な「遊べる噴水」の計画があり、東公園からも同じ要望が出ていたと記憶している。
 いずれにしても自己の生活圏の中に、そうした自然と接することのできる安心空間が存在するということは市民生活において重要なことだと思っている。ヨーロッパの街中そこそこにある、さりげなくもオシャレでくつろげる空間、様々に活用できる空間として親しむことのできるものであってほしい。
 加えて、NTT岡崎ビルの駐車場スペースの一角にはオープンカフェができる計画がある。また、すでに民間の事業者が通りの雰囲気にあわせて、いくつもの新しいお店を出して頂いていることは喜ばしい限りである。
 これから、この通りの変化に触発されて、岡崎の町並みがさらに変化し発展してゆくことを願っている。

|

2021年3月 9日 (火)

NHK大河ドラマ『どうする家康』決定を祝す!

Ieyasu201911031

 今年の1月19日、松本潤氏を主演とする『どうする家康』の制作発表が行われた。NHKの大河ドラマで徳川家康がメインとなるのは、40年ほど前に滝田栄氏が演じたとき以来である。『徳川家康』(1983年)の原作は山岡荘八氏であった。
 先年(2015年)、「家康公四百年祭」が開催された際、静岡市、浜松市の両市長、岡崎を含めた各市商工会議所と市民代表の皆さん方と共に、NHKの本社まで要望・陳情に出かけたことを思い出した。

 もちろん名古屋支社の方へは、これまで訪問する度に『ブラタモリ』と共に大河ドラマの件も話題にしてお願いしてきたものだ。とは言え、毎年NHKには、全国から何十という地域からの地元の偉人・英傑を主題にした大河ドラマ制作の要望が引きも切らない上に、NHKとしても視聴率が重要であるため、陳情活動をしたら実現するというものでもない。
 やはり視聴率を稼げるのは戦国モノであるが、徳川家康はそれぞれのドラマの定番のキャストであり(しかも悪役風が多い)、イメージが地味なせいもあってなかなか主役の役回りとはなりにくかった傾向がある。
 しかし昨今、古文書や死蔵されていた手紙の発見にあわせ、新進気鋭の学者の登場によって従来の歴史の定説がいくつもくつがえされている。そうした例の一つして『麒麟がくる』がある。昨年の大河ドラマの明智光秀は主君に対する裏切者というより、理想主義の平和を愛する人物として、独裁者信長を倒した悲劇の英雄として描かれていた。

 戦国時代について今一つ注目すべきポイントは、あの時代が単なる日本国内の大名同士の領地争いにとどまらず、ヨーロッパにおけるスペイン、ポルトガル、イギリス、オランダの世界覇権をかけた争いの一部でもあった点である。
 そのための重要な要素として、日本の軍事力と、当時世界の3分の1を産していたと言われる日本の銀の力、そして一向宗やキリスト教の影響力というものも新たな切り口で描いてほしいものである。当時、イエズス会の神父たちが本国に宛てて送った手紙の資料的価値も注目されている。

Higashiokazaki201911027_20191114210301

 今回の『どうする家康』の決定は一岡崎市民として喜ばしい限りであるが、単なる若手スターの起用による〝面白ドラマ〟に終わらないことを願っている。できれば、元市長としては、安部龍太郎氏の長編小説『家康』を参考に、骨太の歴史検証ドラマとなることを期待している。
 もしそうなれば、これまで岡崎市が市民と共に長年積み上げてきた観光産業都市・岡崎としての様々な歴史文化遺産の活用事業が生きてくる。また、そうした番組に出演することによって嵐の松本潤氏も、まむしの道三を熱演した本木雅弘氏のように、ジャニーズから一皮ムケた大人の俳優に成長するのではないかと思っている。いずれにしても本市にとってはありがたいことである。

|

« 2021年1月 | トップページ | 2021年4月 »