« 藤田医科大学岡崎医療センターからのクルーズ船乗客等の退所完了について | トップページ | 令和2年3月議会 その4(代表質問答弁・後編) »

2020年3月13日 (金)

新型コロナウイルス感染症への対応について

Pressconference202003121

 愛知県内の新型コロナウイルス感染者が100人にせまる勢いの中、岡崎市だけがゼロであり続けることは難しいと思い、感染者の出現に備えた心構えと準備を部内で申し合わせていた。
 そんな矢先、本市において2名の感染者が現れてしまった。
 感染者は70代の女性と同居の50代の息子さんであった。原因となったのは、先に陽性確認されていた蒲郡市の80代の整体師のかたであり、この整体師から直近に3回の施術を女性が受けていたことによる。すでに、この親子以外の施術を受けた他の人も特定されており、検査を希望した人の検査結果は、全員陰性であったことも確認されている。
 二人の母子についても行動調査と濃厚接触者の調べも行われている。まだ安心はできないが、慎重に経過を見守っているところである。今後、出所不明の感染者が出ないことを祈るばかりである。
 いずれにせよ、先般のクルーズ船乗員の藤田医科大学岡崎医療センターへの引き受けに続き、市民の皆様にご心配をおかけする事態が続いてしまった。
 できる限りスピーディーな対応と的確な情報公開を心掛ける心づもりでありますのでよろしくお願いいたします。

 3月12日(木)、公共施設の原則・全館休館、桜まつりの縮小、家康行列の中止などを決定しました。あわせて緊急・記者会見を開き、市の対応についてお話しました。その内容を以下に掲載いたします。


 まず始めに、昨日、担当部局(保健部)より緊急で発表をさせていただきましたが、本市在住の市民の方から、新型コロナウイルスの陽性が確認されました。一日も早い回復を願うとともに、現在、行動歴、接触者について調査をし、今後の感染拡大防止に努めているところであります。
 本市におきましては、1月29日に対策本部を立ち上げ、以降全市をあげて継続的に対策を講じております。

 現状におきまして、まず、公共施設につきましては、明日3月13日から3月31日までの間、原則全館休館と致します。(屋内施設の休館であり、公園のようなオープン施設は開かれております。)

Publicfacilities202003121_20200315131801

Publicfacilities202003122_20200315131801

Publicfacilities202003123_20200315131801

 また、今後予定をしております桜城橋完成・徳川四天王像・披露式典につきましては、規模を縮小するとともに、時間を短縮し開催します。この度、来賓としてお招きをしておりました多くの皆様には心からお詫びを申し上げます。

 次に、3月26日から4月10日まで実施予定の「岡崎の桜まつり」についてですが、実施内容の縮小による対応を予定しています。桜まつり期間中のぼんぼりは、設置いたします。夜間の照明については、夜桜見学者の歩行の安全を考慮して、照明を点灯いたします。
 ただし、岡崎公園や乙川河川敷等での、露店は出店しないことといたしました。なお、シート等を広げての公園や河川敷等での宴会は、できる限り自粛していただきますようお願いいたします。どうしても宴席をもたれる必要のある皆様にはぜひ個別・少人数で市内のお店を御利用頂くことをお願いいたします。

 また、本市の春のメイン行事であります家康行列につきましては、実施に向け様々な検討を重ねてまいりましたが、諸般の動向を鑑み、今回は中止せざるを得ないと判断しました。苦渋の決断となりましたが、外部からも多くの方々が本市にお越しのなられることが予想され、今回の判断となりました。私自身、今回の家康行列は「若き徳川家康公」をアピールする機会として期待していただけに大変残念であります。楽しみにしておられた皆様にはお詫び申し上げますとともに、何とぞ御理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 それでは、その他、本市における新型コロナウイルス感染症への対応について、ご説明申し上げます。
 3月10日に政府は、学校の臨時休業に伴い、午前中から運営する放課後児童クラブへの支援拡充や、中小企業・小規模事業者を支援するための新たな貸付制度の創設などを盛り込んだ新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策・第2弾を決定いたしました。
 本市では、これまでも様々な新型コロナウイルス対策を行ってまいりましたが、政府の決定や更なる本市独自の対策を講じることで、市民の皆様をウィルスの脅威から守っていきたいと考えております。

 まず、「感染拡大・防止策」としまして、民間児童クラブなどの児童福祉施設等に対し、マスクや衛生用品の購入に係る費用について全額補助してまいります。

 「学校の臨時休業に伴って生じる課題への対応」としましては、児童育成センターや民間児童クラブは3月2日から、夏休みと同様に午前中から開所しております。
 民間児童クラブに対しては、午前中から開所するために必要な運営費及び人材確保等に要する費用を、全額補助してまいります。
 学校給食の食材につきましては、極力キャンセルで対応したり、翌月の献立に使用したりするなどの対応をしています。しかしながら、消費期限が短く、翌月に利用できない食材につきましては、22箇所の福祉施設や病院などに譲渡させていただきました。こうしたことにより、臨時休業に伴う給食食材の廃棄は全くありません。
 学校給食・休止により、仕事を続けられなくなった臨時職員386名に対しましては、休業補償を行います。

 「事業活動の縮小対策」としましては、新型コロナウィルス感染症の影響を受ける、中小・小規模事業者への支援を目的として、県や市の融資制度利用者に対する保証料・補助金の拡充を緊急的に行います。
 具体的には、県が2月28日及び3月4日にそれぞれ発表しました「セーフティネット保証・4号及び5号」の関連融資等に対して、100万円を上限とする保証料・補助金を交付することといたします。また、「セーフティネット保証・4号及び5号」に関連した、本市の融資制度・利用者に対する保証料・補助金につきましても、現在の上限10万円を、上限100万円に拡充します。

Pressconference202003122

 「事態の変化に即応した緊急措置」としましては、市のスポーツや文化施設などをキャンセルしたかた全員に、利用料金の全額を返金いたします。

 ただ今ご説明したものはほんの一部であり、各分野において最大限の対策や支援を行ってまいります。また、現在、3月定例会開催中であることから、必要な予算措置につきましては、最終日に追加議案の上程を予定しております。
 最新の情報につきましては、随時更新をしておりますので、岡崎市ホームページでご確認いただきますようお願いいたします。

 今後とも、感染の状況とともに、地域経済の動向も十分に注視し、必要な対策を速やかに講じてまいる方針であります。

|

« 藤田医科大学岡崎医療センターからのクルーズ船乗客等の退所完了について | トップページ | 令和2年3月議会 その4(代表質問答弁・後編) »

新型コロナウイルス感染症」カテゴリの記事