モンゴル訪問記

2019年9月20日 (金)

モンゴル訪問記 6.肉食文化について

Mongolia201940

モンゴルの食生活
 その後、大型ゲルにあるレストランで夕食をとることになった。やはりこちらでは肉料理が多い。
 昨今は北海道の名物となっているが、私が子供の頃から三ヶ根山のふもとではジンギスカン鍋というのが名物であり、三ヶ根山の山麓園のケースでは羊の肉ではなく、牛肉であったように記憶している。モンゴルでも羊ばかりではなく牛やヤギの肉も使われている。
 私達は物事を先入観で判断していることが多いが、モンゴルにおいてもそうであった。遊牧民は肉食で活動的であり、そのエネルギーが世界征服につながったというイメージを私は抱いていたのであるが、伝統的な遊牧民の食事は、夏は馬乳酒やお茶にチーズなどで、冬は夏に作っておいた干し肉を食べるというのが普通であったそうである。遊牧民にとって家畜は大切な存在であり、肉は祝祭日や特別な時にのみ食していたとのことであった。
 近代化が進み、家畜の数が飛躍的に増え生活が豊かになったことで、肉食化が進んだということであった。昔のモンゴル人はあまり太った人はいなかったそうであり、町を歩くと朝青龍や白鵬のような立派な体格の人を見ることがあるが、それは最近の傾向とのことだ。

 テレルジへの道中にも羊やヤギの群れに道をふさがれることがあり、牧畜の国であることを実感したが、実際全国で人口の20倍の6,300万頭ほどの家畜がいるそうである。

Mongolia201945

 一番多いのは意外にも、乳がとれ、質の良いカシミアのとれるヤギで、40%を占める。羊は30%、牛は15%、馬が10%、ラクダが5%という内訳だそうである。他にもヤクやラマ(リャマ)も飼育している。モンゴルのカシミアは中国やロシアとの取引が多かったそうであるが、現在はアメリカが高値で買ってくれる上客となっているそうである。

 私は昔極端な偏食であり、大学生になるまでハムとウィンナー、ハンバーグ以外の肉製品をほとんど食べなかった。長じて大分直ってきてはいるが、本格的な肉食主流の外国料理は苦手である。モンゴルの食事も肉系のものが多く、しかも量が多い。肉に付いて出てきた太い骨も叩き割って中の髄までスプーンで食するのである。そのためか、一般にモンゴルの男性は腰に刃渡り10センチほどのナイフをぶら下げていることが珍しくない。

Mongolia201942

(ビフォア)

Mongolia201944

(アフター)

Mongolia201943

(腰のナイフ)

 モンゴルでは固い肉をおいしいと思う文化があり、「最近の若い奴はやわらかい肉しか食わず軟弱になった」という話を聞かされた。どこの国でも年寄りは同じようなことを言うものである。
 以前ドイツを訪れた時に、カゴに山盛りの骨付き肉や、頭も足も付いたトリの丸焼きを出されたことがあるが、私は全くダメである。こんな時はもっぱらパンやご飯を食べることにしている。私のように肉が苦手の人は、モンゴル旅行の際は何か副食を用意しておかれるといいと思う(ウイロ、煎餅、ビスケット等)。 (つづく)

|

2019年9月18日 (水)

モンゴル訪問記 5.久しぶりのホースバック・ライディング

Mongolia201928

テレルジ国立公園
 巨大チンギス・ハーン像の見学を終えた我々は、ウランバートルの東北東に位置するテレルジという国立公園に向かった。なだらかな山に囲まれ、美しく広がる緑の景観の中にゆるやかに川が流れている。今、新たなリゾート地として、モンゴル人ばかりでなく外国人旅行者も対象に開発を進めている場所である(チン・チャンドマン・キャンプ)。
 ウランバートルから日帰りもできるが、宿泊施設も充実している。伝統的なゲルの形の宿泊施設だけでなく、外資による様々なリゾート・ホテルやマンションの建築が各所で続けられている。これからのモンゴルは、天然資源と畜産製品だけでなく、観光事業に重点を置いていることがよく分かる。

Mongolia201936

Mongolia201929

Mongolia201934

Mongolia201926

 2日目はゲル型の施設に泊まることになった。ゲルと言っても、遊牧民の宿泊する小型のものではなく、直径10mほどある。一つで5人は泊まれる大きさがあり、天井も5mほどの高さで、水洗トイレとシャワー・ルームに洗面台まで付いている。
 このレベルのものならば、岡崎の中山間地再開発計画に使えそうな気がする。通常の建物を建てていたら費用がかかりすぎるし、何の目新しさも感じられない。ゲル型の施設はグランピング(ハイクラスのキャンプ)愛好家達のニーズにも合致するように思われた。

Mongolia201941

Mongolia201930

 30~40人収容できる大型のゲルを使用してレストランも営業されており、このシステムは参考にしたいものである。

モンゴルの馬
 レストランで遅い昼食をとった我々は、少し休憩をとってから乗馬に出かけた。
 言葉には気をつけた方がいい。昨年、アーチェリー・チームの歓迎会の席でウッカリ「若い頃に馬に乗っていた」と言ったことを覚えていた人がいて、隣接の牧場に馬が用意されていた。

Mongolia201937

Mongolia201935

 若い頃と言っても40年も前のことであり、当時は今より20キロは軽く、スマートな体型であった時のことである。
「あなたには落馬されては困るので、おとなしい馬を用意しました」
 と言われて出かけることとなった。確かに飛んだり跳ねたりする馬では困るが、草ばかり食べていて一向に歩き出してくれない馬も考えものであり、苦笑させられた。

 モンゴルでは男のたしなみとして、乗馬とモンゴル相撲、そしてかつては弓の三つが必須とされていた。考えてみればこの三つを基にユーラシア大陸を制覇した歴史があるのだ。東は朝鮮半島から中国全土、西は中部ヨーロッパ、北はシベリアからロシアまで、南は北インドまでその支配下に入れていたのである。
 そうしたモンゴル支配の歴史を持つロシアとしては、そのトラウマは大きく、その反動としてその後様々な形でモンゴルに圧力をかけた。長らく弓の使用を禁じられたことがモンゴル国のアーチェリーの技量低下につながったのかもしれない。

タタールのくびき
 歴史上〝タタールのくびき〟と呼ばれるユーラシア大陸におけるモンゴル人の支配は、人種や文化、国の成り立ちにまで様々な影響をもたらしている。私も改めて調べて驚いたのであるが、後世「ボヤール」と呼ばれるロシアの大貴族の中には祖先をモンゴル人やタタール人にさかのぼる家系も多いという。実際、家名にモンゴルやタタールの名前に由来するものも確認される。

Mongolia201931

 17世紀のロシア貴族に関する調査ではロシア大貴族の15%以上が東洋系に由来する血筋であったという。その他、ロシア正教会の聖職者の中にもキリスト教に改宗したモンゴル・タタール系の人物が多数あるそうである。北欧のフィンランドは白人国家と思われているが、現在でもフィンランド人の中にはモンゴル系の証しである蒙古斑が出現する人があるという。
 ちなみに蒙古斑は、モンゴル人、日本人にはあるが、中国人や朝鮮人にはないそうである。そのせいか認知度も一般的でないため、アメリカなどで子供を病院に連れて行った際に児童虐待と間違えられて親が逮捕されたこともある。

 昔、私がニューヨーク大学に通っていた頃、アルメニア(西アジア)から来ていた友人がいた。ある時彼から「モンゴル帝国がアルメニア王国を攻めてきた時、我々の先祖の首を集めてピラミッド状の山を作った」という話を聞かされた。その語り口が面白かったため声を上げて笑ったところ、「ヤス、これはジョークではないんだ、本当の話なんだ」とたしなめられた。

Mongolia201932

 この手の話は時代を経ることに誇大に表現されて伝わるものである。当時を伝える資料の絶対量が少なく、残されている文献の中にも今日言われるほどの破壊と虐殺の記述は残っていない。確かにモンゴル軍が攻城戦を行う際には降伏勧告の使者を送り、降伏開城をすれば、略奪はされても命までは奪われることはなく、町の自治権も保てたという。
 しかし抵抗し、戦いに敗れた場合、「男は皆殺し、女子供は奴隷」とされたそうである。この点についてはかつてのローマ軍も同様の対応であったはずである。また、支配下に下った場合は、人頭税と共に10%の物品税が課せられたと言われる。各支配地域においては人口調査と徴兵、課税と徴税、駅伝制の確保、司法制度の確立、治安体制の維持などが行われていたという。
 とはいえ、もともとが遊牧の民であり、定住して汗国(キプチャク、チャガタイ、オゴタイ、イル)を統治することには向いていなかったらしく、いつしかシステム崩壊を起こし四散していったものと思われる。これがモンゴル人が大陸に広く分布することになった理由でもあろう。
 その後時代は移り変わるものの、短期間にユーラシア大陸を席捲し膨張したモンゴル騎馬軍団の鮮烈な記憶は、時代を超えて各地に伝えられているようである。

 もう一つ意外だったことはモンゴルの馬が思っていたよりも小ぶりであったことである。観光客用に小ぶりな馬が用意されていたかもしれないが、歴代の中国皇帝が欲しがったという駿足の汗血馬(かんけつば)のイメージと異なっていたので驚いた。

Mongolia201939

 確認をすることを忘れてしまったが、世界征服の頃もこの程度の大きさだったのだろうか? 一般に肉食のせいかモンゴル人はアジア人にしては背が高く、体格も立派である。いくら複数の馬を乗り替えて戦いに臨んだとしても、戦場でこんな馬ではもたなかったのではないかと思う。もっとも日本も戦国時代には実際にこの程度の大きさの馬を使用していたらしい。結局どんな馬でも乗り手次第ということなのであろうか? 久しぶりに乗馬をやって、そんなことを考えた。 (つづく

|

2019年9月15日 (日)

モンゴル訪問記 4.歓迎会、ウランバートルの郊外

Mongolia201913

初日の歓迎会
 7月24日、私達を歓迎して下さった方達は、自由化した社会の経済的成功を背景に政界へ歩を進めている人達であった。若い政治家の多くはかつてのようにソ連邦ではなく、欧米や日本への留学経験者が多く、会話をしていても進歩的で合理的な思考と優秀さが感じられる。
 ことに私を空港まで出迎えてくれたアーチェリー協会の副会長である37歳のエルデネボルド氏は、モンゴル国立大学で学んだ後、国費留学生として私と同じ米国インディアナ大学に留学しており、モンゴル滞在中は「インディアナ・ブラザーズ」とお互いを呼び合っていた。ハーバード大学のケネディスクールにも学んだ彼は、モンゴルの次代を担う若きエリートの一人である。

Mongolia201914

(左側がモンゴルアーチェリー協会副会長のエルデネボルド氏、右側がウランバートル市のスフバートル区議会議長)

 エルデネボルド氏は帰国後、モンゴル大統領府に職を得、その後、モンゴル民主党の政策担当の一人となった。現在は民主党青年協会のリーダーで、来年の国政選挙に立候補することになっており、「来年、再会する頃は私も政治家です」と言っていた。
 また彼は、国際的火星探査計画推進に携わるモンゴルの重要人物の一人でもある。モンゴル南部に広がるゴビ砂漠の自然環境が、重力と大気以外が火星と酷似していることから、現在、国際的火星探査計画であるマーズワン・プロジェクトのキャンプ地として計画が進められている。この計画には世界107ヶ国の人々が関わっているという。この計画の目標は「火星への移住」であり、組織は研究者、技術者、教育者の3部門によって成り立っている。

Mongolia201963

Mongolia201915

 彼の面白いところは、こうした高尚な話をしているときに突然スマホの写真を見せて「この美しい女性が私の奥さんです」とアメリカの芸能人のような言いぐさで話を振ってくることである。

Mongolia201973_20190918064501

 事実、写真のとおり、楊貴妃(ようきひ)もかくあらんという美女ではあるが、日本人で自分の嫁さんについてこういう紹介の仕方をする人はあまりいないだろう。この写真はハーバード大学留学中のパーティーでの奥さんの出で立ちであるが、彼曰く「やり過ぎだ」ということである。確かにまるでマリリン・モンローのようなこうしたメイクとスタイルでパーティー会場に現れれば、男達が放ってはおかないだろう。
 奥さんもモンゴル国立大出で、共にハーバードに留学した才媛であるが、この時彼は怒って帰ってきてしまったそうである。実に人間的な話で面白かった。
 いずれにせよ、明治時代の我が国のように外国で高等教育を受けた、こうした若きリーダー達が育っているこの国が間もなく転換の時を迎えることは十分予想されるものである。
 初日の夜はホテルのレストランで歓迎の宴を開いて頂いたのであるが、上記の話を除けば固い話に終始した。

ウランバートルの郊外へ
 翌朝、道路が渋滞することを見越して早めにホテルを出て郊外に向かった。予想どおり市街地から渋滞は始まっていた。郊外に向かう枝道に入ると、デコボコの悪路を縫うように路線区分を無視して車が走っている。センターラインをオーバーしてS字型に対向車線に入り、本線に戻ってくるのだが、初めて見た時は驚いた。まるで日本の暴走運転(あおり運転)のようである。それでもお互いに了解の上での運転であるせいか事故もなくスムーズ(?)に走ってゆく。
 2時間ほど走ってゆく間に、故障のために路肩に駐車してボンネットを上げ修理をしていたり、タイヤ交換をしたりしている車を何台も目にした。郊外に向かうドライブは、まるでダートトライアル・レースに参加しているようなあり様であり、車の天井に頭をぶつけたり舌をかんだりしないように注意する必要があった。横ユレもかなりのものであり、このような中、私達にモンゴルの説明をしながら運転を続ける様は曲芸のようであった。

Mongolia201917

Mongolia201918

Mongolia201919

 途中、休憩のために何度も道路ワキに車を止めて車外に出た。波のようにうねりながら地平線まで続く一本道。その上に限りなく広がる青空とゆるやかに移動する白い雲。道路の左右には薄緑色のじゅうたんのような草原が曲線を描いている。平原というより緑の海のようである。
 こうした風景を眺めていると、日本の4倍の面積を持つ国土、そこに住む300万人余りの人口、遊牧民としての悠久の歴史を体感できるような気がした。ドライ・アンド・
クールと言えばいいのか、いかにもオゾンをいっぱいに含んだ草いきれと共に、草原を渡る風のさわやかさが際立って心地良く感じられた。

 私達はウランバートルの東、約54キロの地にある「ツェンジンボルドグ」という名のテーマパークに立ち寄った。

Mongolia201920

Mongolia201923

Mongolia201924

 ここには高さ12m、直径30mの円形の台座の上に、高さ30mの全ステンレス製の巨大なチンギス・ハーンの騎馬像が建っている。エレベーターで像の腹部まで上がり、そこから馬のたてがみ上を通り、馬の頭の上の展望台まで登ることができる。台座の中は博物館とレストラン、オミヤゲ物売り場となっている。
 像は現在の大統領が民間企業のトップを務めていた頃に、私財を投じて建てたものだそうである。中央ホールには像の大きさに合わせた巨大なムチと高さ9m、長さ6m、幅2m半の長靴が置かれている。

Mongolia201922

Mongolia201921_20190915113601

 この長靴は画家である大統領の娘さんのデザインによるものだそうだ。巨大な像ではあるが、世界第8位の大きさとのことである。この秋、東岡崎駅前に完成する若き家康公の騎馬像も大したものと思っていたが、上には上があるものである。 (つづく

|

2019年9月12日 (木)

東海愛知新聞『モンゴル訪問記』のお知らせ

東海愛知新聞、2019年9月10日

 東海愛知新聞でも「モンゴル訪問記」の連載が始まりました(9月10日~)。お知らせします。

|

2019年9月 6日 (金)

モンゴル訪問記 3.ノモンハン事件~現在

The Battles of Khalkhyn Gol

ノモンハン事件
 20世紀に入り、ここで13世紀の元寇(げんこう)以来の日本との関わりが出てくる。
 日露戦争の後、ソ連の影響下とは言え、独立国家としての歩みを始めて間もないモンゴルに降りかかってきたのが大日本帝国の侵攻であった。
 1931年の満州事変以降、大陸で勢力を拡大していった日本と、伝統的南下政策をとるソ連は各地で小競り合いを起こしていた。ハルハ河近郊で対峙していた満州国とモンゴル軍の国境守備隊同士の川の使用をめぐるささいな出来事が切っ掛けとなり、1939年5月、日本陸軍(関東軍)とモンゴル・ソ連連合軍の全面戦闘に発展してしまった。日本ではこの戦闘を「ノモンハン事件」と呼び、モンゴルでは「ハルハ河戦争」と呼んでいる。

The Battles of Khalkhyn Gol

 日露戦争における戦勝体験によって培われた白兵戦重視の日本陸軍と、機械化の進んだソ連軍の機甲部隊とでは大人と子供の戦いに等しかった。ソ連の重戦車の前に日本の軽戦車はまさにブリキのおもちゃであった。日本軍の砲弾はソ連戦車の厚い装甲に弾き飛ばされ、ソ連軍の砲弾は日本戦車を貫通してしまうあり様で勝負にならなかったという。私の友人のアメリカ人は「日本の戦車は鉄の棺桶」とバカにしていた(今の自衛隊はそんなことはない)。しかもソビエト軍は10倍近い戦車と野砲を運用していた。対して日本軍は少ない戦力で火炎ビンを使い夜襲で対抗した。弾切れ、食料・水無しで戦っていたのだ。

 日露戦争当時と大して変わらない貧弱な装備(対中国戦はそれで十分だった)でソ連の機甲部隊と戦わざるをえなかった当時の兵士はまさに気の毒を絵に描いたようなものであった。飛行機による空中戦では日本軍の方が優勢であったそうであるが、制空権を確保するまでに至らず、逆に地上戦において完膚無きまでに叩きのめされてしまったのである。
 戦闘は9月まで続き、結果、日本軍第23師団は壊滅、出動兵約6万人のうち、約2万人が戦死・戦傷・行方不明となり、多くの捕虜を出した。実に実働部隊の3分の1の損害を出すという大敗北であった。とはいえ、日本軍の奮戦のため、倍する兵力のソ連側も2万5000人の死傷者を出すこととなる。しかし、作戦目的を達し、国境を守ったのはソ連側であった。
 その後、陸軍は大陸拡大方針を改め、海軍の南方侵攻戦略に同調してゆくことになる。太平洋戦争への一つの切っ掛けとなる戦いとなったのである。
 私はノモンハン事件というのは「日本とソ連の大陸における勢力争いの戦い」と単純に思っていたが、モンゴル軍においては数千人の犠牲者を出す国防の戦いであり、自由化前のモンゴルにおける対日感情は決して良いものではなかったという。

ソ連崩壊に伴う自由化
 1980年代末に始まるソ連邦の崩壊に伴い、1990年に人民革命党が一党独裁を放棄し、自由選挙を経て1992年に新憲法が施行され、モンゴル人民共和国はモンゴル国に改称した。現行の一院制議会(76議席)と直接選挙による大統領制が始まり、自由経済による個人所有も認められるようになったという。
 新興国家成立の段階でよくあることであるが、政権が交代する度に、恣意的な立法が行われ社会の混乱を招いている。国営企業の民営化、銀行改革も行われているが、有力政治家の暗殺、利権を巡る政争や外国からの投資に関わる汚職も横行している。まだ改革を要する課題は多いようである。
 今回モンゴルで、私が岡崎市で行われている公共入札の管理システムについて説明し、市長は入札決定に関与しない旨を伝えたところ、ツァガン会長は「我が国にもそうした制度が必要だ」と言ってみえた。 (つづく

Mongolia201912_20190906203001


(ノモンハン事件の写真は「Wikimedia Commons」から借用しました。)

|

2019年9月 4日 (水)

モンゴル訪問記 2.モンゴル国とは

Mongolia201910

国の概況
 改めて、一般の日本人には馴染みの薄いモンゴル国について述べてみよう。
 モンゴル国は中国とロシアに挟まれた内陸国であり、全人口324万人に対し面積は日本の約4倍(156万4,100平方キロメートル)もあり、広大な国土に恵まれた国だ。大ざっぱに言って東部は草原地帯が広がり、西部は山岳地帯、南にはゴビ砂漠があり、北には森林地帯(タイガ)がある。

Mongolia201911

 民族としてのモンゴル人はユーラシア大陸に広く分散しており、その合計は本国の人口よりも多い。それぞれ中国やロシアで少数民族として在住し、中国では内モンゴル自治区として自治権を与えられている。独立運動を行わないという法律の下での自治であるが、他の自治区と同様、実権は漢人に握られている。
 この内モンゴル自治区の首府のフフホト市と岡崎市は姉妹都市であるが、フフホト市とモンゴル国の首都ウランバートルも姉妹都市であり、不思議な御縁である。

Mongolia20198

 フフホト市は人口300万を超える大都市であるが、ウランバートル市もモンゴル国の全人口の半分近い150万の人口を持つ都市である。都市生活をしながら、週末は郊外にある土地でゲル(天幕)生活をしている人達も多いということである。とはいえ、そうした優雅な生活をしているのは有産階級の人々であり、市外の上下水道の整備が済んでいないエリアで生活している人達は文明の恩恵を十分受けているとは言えないようであった。そうしたエリアでは下水はタレ流しであり、土壌汚染が大きな社会問題となっているそうである。

歴史
 次にモンゴル人の歴史を振り返ってみたい。モンゴル人は古来遊牧民族としてユーラシア大陸を移動する生活を続けてきた。広い大地を季節移動し、定住生活を行わない遊牧民族達と、定住農耕生活をする漢人が衝突するのは必然的な宿命であり、紀元前3世紀の匈奴(きょうど)以来数多くの戦いと征服、被征服の歴史を繰り返してきたことは衆知の通りである。
 三千年の歴史を誇る中国ではあるが、全王朝の3分の1は漢人以外の民族によって支配されていたのが実態である。最後の王朝となった清朝もモンゴル系の満人によるものであった。とは言え、漢人が征服王朝化されたのではなく、征服者の方を中国化させて取り込んでしまうところが中国という国のすごさである。
 それでも19世紀にはロシアの影響を受け、清朝から分離の動きが始まり、1911年に辛亥革命で清朝が倒れたことを契機に、モンゴルは独立宣言をした。その後全モンゴル民族の統一を目指して各地との連合を企てるが、ロシア、中国双方からの圧力により失敗する。結局、現在の外モンゴルに限って中国の宗主権の下に自治が認められた。
 その後、1917年のロシア革命に触発され、ソヴィエト連邦の指導の下、社会主義国家としての発展を目指すことになった。しかしその実体はソヴィエトの傀儡(かいらい)政権に等しいものであった。 (つづく

|

2019年9月 2日 (月)

モンゴル訪問記 1.出発

Mongolia20191

はじめに
 岡崎市がモンゴルのアーチェリー・チームのキャンプ地となり、その後2020年東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンに選ばれたことで、昨年以来モンゴル国から「一度、岡崎市長に首都のウランバートルまで来てほしい」という要請を何度も受けていた。日程の都合でなかなか叶わなかったが、ようやくこの7月末に訪問が実現した。
 岡崎の夏のメイン行事である「岡崎城下家康公夏まつり」と「花火大会」前の7月24日(水)から3泊4日というあわただしいモンゴル訪問となったが、その中身は大変充実したものとなった。

 VIP(重要人物)と面会する時によくあることであるが、直前になっても日程の詳細が確定しないものもあった。現アーチェリー協会会長のツァガン氏が元国務大臣であり、かつ大統領顧問の一人であることから、モンゴル・オリンピック協会から岡崎市を代表して名誉記章を授与されることとなった。私の訪問に合わせて日程を変えたという「全モンゴル青少年アーチェリー大会」では、来賓としての挨拶に加え、全国ネットのTVインタヴューも受けることになった。

Mongolia20192

(左から、モンゴルアーチェリー協会のエルデネボルド副会長、内田、モンゴルナショナルオリンピック協会のバダルウーガン副会長、北川雅弘氏)

Mongolia20193

(全国ネットTVによるインタヴュー)

Mongolia20197

(ウランバートル市長のアマルサイハーン氏)

Mongolia201961

(モンゴル国のバトトルガ大統領)

 さらに予定になかったウランバートルのアマルサイハーン市長との面会も叶い、まさかと思っていたバトトルガ大統領とは1時間近い会見を行うことができた。そして多忙な在モンゴル・高岡正人日本大使からも直接お話を伺うことができた。
 今回のモンゴル訪問における何よりも大きな収穫は、これから飛躍する可能性を秘めたアジアの重要な新興国家・モンゴルの指導者ならびに若く有望な政治家の方々と知己を得ることができたことである。
 当初の目的どおり、こうした関係をスポーツ交流だけでなく、人的交流、経済交流にしっかりとつなげてゆきたいものと考えている。

出発~到着
 7月24日(水)早朝に岡崎を発ち、私と太田国際課長の二人は新幹線を経由し、成田空港を目指した。成田からはウランバートルへの直行便が出ているのだ。成田からは5時間ほどの飛行時間で現地に到着する。ハワイよりも近く、時差も1時間(日本の方が早い)であり、まだ観光ズレしていない、豊かな自然空間を上手に活用することができれば、新たなリゾートとしての可能性は大きいだろう。
 飛行機の中で気が付いたことであるが、機内上映のDVDの翻訳が英語、フランス語、モンゴル語に加えて、中国語と韓国語しかなかった。日本発の飛行機でありながら機内放送も日本語は無かった。欧米の航路でこうしたことはあまりないが、これは日本人が欧米重視で、他の国に対して十分な力が及んでおらず、そうした国に対して中国や韓国が先に手を伸ばしていることの証左である。油断がならないと思うものである。
 モンゴルは、先端産業に不可欠な希少鉱物を含む、鉱物資源の豊かな地である。ボンヤリしていると中国、韓国に窓口を押さえられてしまうかもしれない。しかし、私が心配するまでもなく、1990年代からすでに日本政府としては対応しており、2013年以来、安倍総理はじめ各主要閣僚も度々モンゴルを訪れている。今後、日蒙両国のさらなる交流の進展が予想されている。

 日本海を越え、大陸の山河を眺めながらウトウトしているうちにウランバートル上空に到達した。今回はウィンドウシートでなかったため、風景の推移がよく分からなかった。
 空港へは、静岡県日蒙親善協会理事長の北川雅弘氏とモンゴル・アーチェリー協会副会長のエルデネボルド氏のほか、昨年来岡されているアーチェリー・チーム監督のガンゾリグ氏らが出迎えに来て下さった。

Mongolia20194

 市街地までは40~50分程の距離であるが、走っている車がやたらホコリっぽいため、その理由を尋ねたところ、現在ウランバートル郊外で集中的に道路工事が行われているためとのことであった。モンゴルでは幹線道路の舗装はなされていても、そこにつながる道路の多くは草原に線を引いただけのような地道がほとんどだそうだ。そのため、郊外への出入りにそうしたデコボコ道を通らざるをえず、結果、目的地に着く頃にはホコリまるけのあり様となるそうである。「悪路走行が常のため、車体に強度が無く、足回りの悪い車は使えない」ということであり、そのせいか日本車が多くなっている。

Mongolia20196

Mongolia20195a

 すれ違う車にプリウスがやたら目についたため聞いてみると、
「プリウスは当初すぐに壊れるハイブリッド車と思われていたが、意外に頑丈で燃費も良いため、モンゴルでは数多く使われている」
 という返事だった。しかし金持ちは、より機能性の高いレクサスやベンツのクルーザー・タイプを使うのだという。いずれにせよ、元来遊牧民族の国家が急速な近代化を迎え、モータリゼーション化したためインフラの整備が間に合わないということらしい。 (つづく

|