« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月30日 (火)

建設事業の促進に関する、愛知県への要望会(2019年)

Kensetsu201907195

 7月19日(金)、愛知県議会議事堂にて、令和元年度初の「建設事業の促進に関する要望会」を開きました。岡崎市から5つの重点事業を含む10個の要望を行いましたが、県当局からは積極的な回答を頂き感謝しております。
 以下は、当日の私の発言と要望の概要です。

―当日の挨拶―
『皆様、こんにちは。岡崎市長の内田康宏です。
 本日は、林建設局長、鎌田都市整備局長をはじめとする県幹部の皆様方におかれましては、公務ご多忙の中、お時間をいただきまして誠にありがとうございます。また、愛知県議会議員の皆様におかれましてはご臨席を賜り、心よりお礼申し上げます。
 さて、日ごろは本市の道路、河川をはじめとする都市基盤整備事業の促進にご理解とご尽力を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 ことに、昨年度要望させていただきました「福岡線」「美合線」、また「砂川」につきましては、国の新たな事業の認可や補助事業の新規採択など、多大なるご尽力をいただき深く感謝いたします。

Kensetsu201907192

Kensetsu201907194

 また、乙川リバーフロント地区整備事業では、水辺空間の積極的な活用ができるよう、河川占用の許可期間を、単年から3年間に延ばしていただくなど、格段のご配慮をいただき重ねてお礼申し上げます。

 さて、皆様のご理解とご協力を得て進めてまいりました、乙川リバーフロント地区において、いよいよ人道橋の「桜城橋(さくらのしろばし)」が3月に完成を迎えます。
 加えて、東岡崎駅周辺では「オト リバーサイドテラス」と名付けられた複合商業施設が、9月8日のホテルをかわきりに、ショップ、レストランと順次オープンし、11月2日にグランドオープンを迎えます。
 また、グランドオープンに合わせ、駅と商業施設を結ぶペデストリアンデッキ上では、高さ9.5メートルという日本一の高さと偉容を誇る若き日の徳川家康公の騎馬像が、いよいよお披露目となります。この家康公像は駅のホームや名鉄電車の窓などからも眺めることができ、間違いなく本市の新たなシンボルになると確信しております。ぜひご期待ください。

 また、今後の岡崎のさらなる発展につながるプロジェクトとして、産業界から多くのご要望をいただいております、阿知和地区工業団地の整備をはじめ、「(仮称)岡崎阿知和スマートインターチェンジ」や、東部地域へのアウトレットモールの進出が計画されているところです。スマートインターチェンジにつきましては、この4月に国土交通省へ新規事業化の要望を行ったところであります。
 新たな観光ルートの開発やインバウンドの観光の促進など、地域の賑わいの創出にも大いに期待しているとともに、渋滞の緩和、および災害時の輸送ルートといった防災力の向上も見込んでおります。
 「東部のアウトレット」につきましては、額田地域を含む東部地域の活性化や、雇用の促進に対する好影響が非常に期待されております。現在、市街化区域・編入に向けた協議・調整を進めるとともに、東部地域のまちづくりのため、まちづくり協議会や地権者の代表が一丸となって、土地区画整理による基盤整備の検討を進めているところであります。

 「市民が楽しく快適に暮らすことができる街にしたい」という想いで、さらに岡崎市を盛り上げてまいりたいと考えております。その実現にあたってはさまざまな基盤整備が必要であります。とりわけ県・所管事業の整備促進は極めて重要な役割を担っているため、一層のご支援をお願い申し上げます。
 本日は、数ある要望事項の中から、特に重要と考えております事項を選定し、要望にまいりました。ぜひとも愛知の経済、産業力の発展に資する本市のために、必要な事業費を確保していただきますようお願いいたします。
 本日はどうぞよろしくお願いいたします。』

―要望内容―

Kensetsu201907191

都市計画道路「福岡線」建設事業の促進
「乙川リバーフロント地区」整備事業の支援
一級河川「乙川」河川改修事業の促進
矢作川下流圏域河川整備事業の促進(鹿乗川、砂川)
都市計画道路「美合線」建設事業の促進
都市計画道路「岡崎刈谷線」拡幅計画の促進
一級河川「伊賀川」河川改修事業の促進
都市計画道路「岡崎駅平戸橋線」建設事業の促進
都市計画道路「豊田西尾線」建設事業の促進
10 地域高規格道路「名古屋三河道路」の推進

※1~5・・・重点要望事項

―要望会で行った市長発言―
『林建設局長、鎌田都市整備局長より、本市の要望に対する整備方針についてご説明をいただき、ありがとうございました。
 多くの要望を説明させていただきましたが、いずれにつきましても本市にとって不可欠な事業であります。県所管事業の整備促進につきましては、市としても最大限の協力をさせていただきます。今後とも県と市が協力しながら一体となり、スピード感を持って進めていきたいと考えておりますので、引き続き特段のご配慮を賜りますよう、よろしくお願いします。

Kensetsu201907193

Kagodapark201907281

 それから先程は申し上げませんでしたが、桜城橋の北にある籠田公園は7月26日に先行リニューアルオープン致します。そして橋と公園の間にある緑道も拡幅され、来年になりますが、岡崎の地場産業の石工業の枠を借りて造られた徳川四天王の石像も併設されます。こちらは完成後、Wi-Fiとスマートフォンによって4~5ヶ国語で解説されるようになります。駅前の徳川家康公像と共にお楽しみください。
 必ずや「観光アイチ」の推進に資するものとなりますのでよろしくお願い致します。』


建設事業の促進に関する、愛知県への要望会(2017年) (2017.08.17)

建設事業の促進に関する、愛知県への要望会(2016年) (2016.08.25)

愛知県建設部への要望会(2015年) (2015.08.02)

|

2019年7月25日 (木)

籠田公園整備に伴う岡崎ライオンズクラブからの記念品贈呈式

Kagodapark201907202

 7月20日(土)、岡崎ライオンズクラブより、チャーターナイト(CN)60周年記念事業として籠田公園にシダレザクラ1本、オオシマザクラ5本、防犯カメラ4基、屋外時計等をご寄贈頂ききました。本来、公共で整備しようと考えていたものでありましたが、お心遣いに大変感謝しております。
 このエリアでは様々な試行実験的事業が行われており、7月26日(金)のオープン後には多くの皆様に訪れて頂き、ご意見を賜りたいと思います。
 防犯カメラの設置により、利用者が安全・安心に過ごすことができるとともに、シダレザクラとオオシマザクラをご寄附頂いたことで、様々な種類の桜を市民が身近で楽しめるようになります。まさに、時節、場所に合ったお心遣いであり感謝申し上げます。

Kagodapark201907252

Kagodapark201907203

Kagodapark201907201

 籠田公園は、これまでも地域の盆踊りが開催されるほか、毎年、大勢の市民が集まる夏祭りや、過去には「おかざきっ子展」も開催されるなど家族や友人との憩いの場として、地域の方々をはじめ多くの市民の皆様に愛され続けてまいりました。個人的に私も幼少期より多くの思い出のある公園です。

Kagodapark20100806

(岡崎観光夏まつり、2010年8月6日)

Kagodapark201806031

(88フェス、2018年6月3日)

 ステージが無くなって広々したせいか、違う公園のようにも見えますが、随所に前の公園の雰囲気を残す配慮もしております。今回ご寄付頂きましたことで、ますます市民の憩いの場として親しんで頂けるようになりますことを重ねてお礼申し上げます。

 現在、本市では乙川リバーフロント地区において整備を進めており、この籠田公園もその一環として昨年8月から再整備を行ってまいりました。市民の皆様には長らくご不便をおかけしましたが、いよいよ明日26日に完成いたします。
 籠田公園は、QURUWA戦略の7つあるプロジェクトの中で初めて完成する施設であります。
 今後、この秋には東岡崎駅周辺でも中央デッキが完成するほか、市民の皆様の浄財を得て、高さ9.5メートルの若き日の家康公の騎馬像がデッキに建てられます。北東街区でも「オト リバーサイドテラス」と名付けられた9階建てのホテルを含む新たな商業施設も11月2日にグランドオープンいたします。
 また、来年3月下旬には、人道橋の「桜城橋(さくらのしろばし)」が完成し、続いて「天下の道」(旧中央緑道)の沿道には石彫りの徳川四天王像がお目見えします。このようにして次々に岡崎の景観や人の流れも大きく変わってまいりますので、是非ご期待ください。

Kagodapark201907251

Kagodapark201907204

 なお、新しくなると申しましたが、昔日の姿を再現しようとしているものもあります。「岡崎二十七曲り」の表示と共に石燈籠も本来あった場所に戻しました。こうした試みの中で評判が良く、効果的なものは、市内にある他の公園でも活用したいと考えております。ことに暑い夏が予想される中、子供達が中で遊べる噴水は増やしてゆきたいと思います。

 リニューアルオープンにあわせて以下の2つのイベントが開催されます。ご案内申し上げます。

①地域住民の皆さんによる「新しい籠田公園を祝う会」
2019年7月26日(金) 午後6時45分

②周辺7町内会主催による「籠田公園オープン式典」
2019年7月28日(日) 午前9時

|

2019年7月21日 (日)

令和元年度 岡崎市平和祈念式

Okazakiheiwakinenshiki201907191

 昭和20年7月19日から20日にかけて岡崎市は空襲に遭い、280名ほどの方がその犠牲となりました。
 7月19日(金)、戦没者慰霊のため岡崎市民会館において「岡崎市平和祈念式」をとり行いました。当日の私の式辞を掲載いたします。


 本日は、岡崎市平和祈念式を挙行いたしましたところ、戦没者・戦災死者のご遺族の皆様、市民の皆様並びにご来賓の皆様方におかれましては、ご多用のなか多数のご参列を賜り、心からお礼申し上げます。
 第二次世界大戦の終戦から74年の歳月が過ぎようとし、戦争を直接知る世代が数少なくなる今日ですが、多くの方々が戦争の犠牲となり、お亡くなりになりましたことは、未来永劫忘れてはならない、深い悲しみの記録であります。
 ここに、日清・日露戦争から先の大戦において、祖国の安泰を願い、家族を案じつつ、戦場に散り、あるいは戦禍に倒れられた方々、そして終戦間近い昭和20年7月20日未明の岡崎空襲による280名ほどの犠牲者を含む、多くの本市における戦没者及び戦災死者に対して謹んで哀悼の意を表します。また、最愛の肉親亡きあと、幾多の苦難を乗り越えてこられたご遺族のご心労は察するに余りあり、痛恨の思いを禁じ得ません。

 戦後本市は、先人のたゆまぬ努力により、みごとに復興を果たし、今月1日には市制施行103周年の日を迎えることができました。
 このような中、今年は、現在、着々と整備が進む乙川リバーフロント地区において、いよいよ人道橋の「桜城橋」の全容が見えてまいります。
 加えて、この秋には東岡崎周辺でも、中央デッキがいよいよ完成するほか、北東街区でも、「オト リバーサイドテラス」と名付けられた9階建てのホテルを含む新たな商業施設が11月2日にグランドオープンいたします。
 さらに、市民の皆様のご協力により、1億円を超える浄財を得て、高さ9.5メートルという、日本一の高さと偉容を誇る若き日の徳川家康公の騎馬像が、いよいよこの秋お披露目となります。駅のホームや名鉄電車の窓からも見えるとのことで、間違いなく本市の新たなシンボルとなります。
 そして、JR岡崎駅周辺では市民待望の新総合病院の工事も来春の開院に向けて順調に進むほか、東部ではアウトレットモールの進出が進み、区画整理も始まります。
 併せて、北の「龍北運動場」の整備も本格化してまいります。
 そして、本市では昨年度から、西三河各市にさきがけて小中学校のエアコンの設置を行ってまいりました。既に試運転も行っておりましたが、今月より本格的に運転が始まりました。
 さらに、世界的な平和の祭典である、東京2020オリンピック・パラリンピックの聖火リレーのルートの一部に、光栄にも本市が選ばれました。
 このように、私たちは、全ての岡崎市民が、自らのふるさとに対し、これまで以上に大きな愛情と誇りを持てる、そんな「夢ある新しい岡崎」を目指し、着実に歩みを進めております。

 しかし、こうした歩みは戦争によって心ならずも命を落とされた方々の犠牲の上に成り立っていることを私たちは決して忘れてはなりません。
 悲惨な戦争の教訓を風化させることなく、平和の尊さを次の世代に語り継ぎ、二度とこうした悲劇を繰り返さないことが私たちに課せられた責務であります。
 終わりにあたり、戦没者及び戦災死者の御霊の安らかならんことと、ご遺族並びにご列席の皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げ、式辞といたします。

令和元年7月19日
岡崎市長 内田康宏

Okazakiheiwakinenshiki201907192

Okazakiheiwakinenshiki201907193

|

2019年7月20日 (土)

『リバ!』2019年8月号

Reversible20198

 内田康宏事務所からいつものお知らせです。リバーシブル2019年8月号の市長のコラムは「即位後、初の天皇皇后両陛下の地方行幸啓」です。

|

2019年7月 7日 (日)

中学生国際交流から誕生した外交官

Yamamoritakenari20190603

 6月3日(月)朝、6月議会開会までのわずかな時間であったが、現在、ノルウェーの日本大使館に勤務されている岡崎生まれの山森健成(たけなり)外交官が来訪された。
 山森さんは平成元年(1989年)生まれの30歳で、岩津中学校、岡崎西高校の出身である。中学時代に本市の行っている国際交流事業のスウェーデン・ウッデバラ市訪問団の一員として参加されたことが切っ掛けとなり(平成16年、2004年)、外国、とりわけスウェーデンに大きな関心を抱くことになったそうである。
 ウッデバラ訪問の後、ストックホルムのスウェーデン外務省を訪れた折に外交官から懇切丁寧な説明を受け、さらに北欧諸国への関心とあこがれを深めると共に、外交官という仕事に強い興味を覚えるようになったとのことである。そこまではよくある話であるが、山森さんは北欧への興味をその後も強く持ち続け、大阪大学外国語学部に進学し、スウェーデン語を専攻し、今日に至っているのである。

 岡崎市では毎年、ウッデバラ市、ニューポートビーチ市(米国)、メルボルン郊外のウィトルシー市(オーストラリア)等へ中学生訪問団の派遣事業を行っている。

Twincity201705161a

(岡崎市中学生派遣団合同結団式、2017年5月16日)

 派遣団の結成壮行会の折には「皆さんの先輩の中には、この訪問が切っ掛けとなり、外交官として活躍している人がいる」とつねづね伝えており、この度山森さんに「あなたは派遣中学生の希望の星ですよ」とお話した次第である。
 若い感受性の豊かな時期に異なった文化、社会、生の外国語に触れることによって、個人の才能の芽が開花することもあり、本市が長年継続しているこうした事業は岡崎の人材育成に大きな力となっていると思うものである。

|

2019年7月 2日 (火)

岡崎市制施行103周年記念式・市長式辞

Okazaki100th201907011

 市制施行103周年記念式を市民会館あおいホールにて挙行しました。岡崎市のホームページに掲載した市長式辞をブログでも御紹介いたします。

 市制施行103周年記念式・市長式辞 (令和元年7月1日)


 皆様こんにちは。市長の内田康宏です。
 本日は、岡崎市制施行103周年の記念式を挙行いたしましたところ、ご来賓の皆様をはじめ、各界各層からご出席を賜り、厚くお礼申し上げます。

 本市は、大正5年7月1日に、県下では3番目、全国では67番目に市制を施行してから着実に発展を遂げ、本日103周年を迎えることができました。市制施行当時約3万8千人であった人口は順調に増加し、現在では、10倍の38万8千人を超える中核市へと発展をとげており、全国に58ある中核市の中でも有数の健全財政を維持する都市となっております。また昨年末には、地域経済や住民生活を支える拠点として国が新たに設けました「中枢中核都市」にも選定されております。これもひとえに、先人のたゆまぬ努力と、市議会をはじめ、市民の皆様方の格別なるご理解とご協力の賜物であると心より感謝を申し上げる次第であります。

 はじめに、5月1日に天皇陛下が御即位され、新しい「令和」の御代の幕開けを迎えました。
 天皇皇后両陛下におかれましては、初めての地方公務として全国的にも注目を集める中、6月2日には高隆寺町の愛知県三河青い鳥医療療育センターをご視察され、私も、施設内を同行させていただき、直接、陛下とお言葉を交わしました。本市を目的地としたご来訪としては昭和21年の戦災地ご巡幸以来72年ぶりのことであり、沿道には、市内外から多くの方々が集まり、この記念すべき行幸啓を温かく、そして盛大にお迎えすることができました。
 本市にとりましてこの上ない喜びであり、誠に光栄でありまして、新しい「令和」の表紙を飾る素晴らしい出来事になりました。
 また先日、本市出身の中嶋一貴選手が、世界三大自動車レースの一つと称される「ルマン24時間耐久レース」を連覇され、そして日本人初の「WEC世界耐久選手権」の年間チャンピオンになられましたことにお祝いを申し上げます。

中嶋一貴さん

 昨年のレースで初優勝を飾り、市民栄誉賞をお贈りした際の、「優勝し続けるために、さらなる高みを目指し、成長したい」との言葉どおりの結果に感服いたしました。
 これからも市民に明るい希望と勇気を届けていただくことを期待しております。
 なお、7月9日には凱旋報告のため市役所を訪れていただけます。
 さらには、三菱自動車岡崎硬式野球部が、「第90回都市対抗野球大会」への出場を決められましたことにお祝いを申し上げます。社会人野球の最高峰として歴史と伝統を誇る都市対抗野球大会へは、2年ぶり11回目の出場と伺いました。岡崎市の代表として、持てる力を十分に発揮し、ぜひ優勝旗を勝ち取ってきていただきたいと願っております。初戦の7月15日には、私も東京ドームへ応援にかけつけたいと思います。

さて、私が市政を担当させていただきまして、これで2期6年8ケ月が経ちました。
 その間、皆様方をはじめ、本当に多くの方々のご理解とご協力のおかげで、各事業を順調に進めることができ、当初の公約の9割方が完成に向かっております。
 そこで、市民の皆様と市制施行103周年を祝うこの機会に、直近の事業、そして今後の事業の一端をご報告申し上げます。
 この度の天皇陛下ご即位に伴う大嘗祭は、11月に行われますが、大正天皇御即位の大嘗祭の折に、本市の六ツ美地区が悠紀斎田に、香川県綾川町が主基斎田に選ばれたことをきっかけとして、6月2日に綾川町と「斎田ゆかりの地交流提携」を締結いたしました。
 両斎田は地元の皆様の熱意と努力により保存・伝承されている文化財であります。今後も地域が協力して斎田を末永く引き継いでいただくとともに、提携を契機に様々な交流活動が生まれ広がっていくことを期待しております。
 また、都市交流としましては、本市と沖縄県石垣市が親善都市の提携をしてから、2月で50周年という大きな節目を迎えました。4月には、新たな時代にも幅広い交流を続け、さらに友好・親善を深めることを確認する「親善都市提携50周年記念宣言」に署名いたしました。今後は市民ツアーを実施して、市民が主体となった交流事業を進めてまいります。

Shiseidayori201907012

 また例年開催しております「石垣市の観光と物産展」は、記念の年として、7月13日、14日におかざき農遊館において、石垣市観光大使である具志堅用高氏をお招きして、盛大に開催いたします。

 次に、昨年度から進めてまいりました全小中学校へのエアコン整備事業については、すでに試行運転を始めておりますが、本日より本格的に運転を行います。個々の教室の状況に合わせて、エアコンの設置場所や台数を工夫したことに加えて、運転効率を高めるため、各教室に遮熱カーテンもあわせて設置しております。
 子ども達にはもう暑い思いはさせない、という考えで進めてきましたが、夏を前に全小中学校にエアコンが設置できたことは素晴らしいことであり、これからは、快適な環境の中で、次代を担う岡崎の子ども達に、のびのびと学習活動や学校生活を送っていただきたいと思っております。

 次に地域医療体制の充実についてであります。愛知県がんセンター愛知病院の経営移管を受け、4月から岡崎市立愛知病院として岡崎市民病院とともに本市で2つの病院を運営しております。現在の状況は、一部の診療科を除いてがん診療の機能を岡崎市民病院に移行するとともに、岡崎市民病院で症状の落ち着いた患者さんは徐々に愛知病院に移っていただいており、緩和医療を行っています。
 また、南部地域で建設が進む「藤田医科大学岡崎医療センター」につきましては、来年4月の開院まで一年を切りました。既に現地では、地上8階建ての病院本体が立ち上がり、その堂々たる外観は今後の南部地域の発展を大いに期待させてくれるものであります。
 このように、市民病院と市立愛知病院の機能分化の推進や、藤田医科大学岡崎医療センターを始めとした市内の病院・診療所との連携を深め、多様な疾患に適切に対応することで、市民の皆様が、この住み慣れた岡崎の地で、いつまでも健康で安心して暮らせるよう、医療体制を整えてまいります。

 次に、乙川リバーフロント地区整備事業でありますが、この3月に人道橋の名称が「桜城橋」に、橋から籠田公園に向かう通りの愛称が「天下の道」と正式に決まりました。桜城橋につきましては、桜の開花時期となる来年3月22日の完成を目指し引き続き整備を進めてまいります。
 また天下の道には、岡崎の石工職人の技術を存分に発揮いただいた徳川四天王の石像も配置いたします。この石像はそれぞれの武将が持つ歴史的エピソードを再現したものであり、完成後にはスマートフォンなどをかざすと4、5か国語の多言語の案内が聞けるようにしてまいります。

Kagodapark20192

Kagodapark2019

 そして、籠田公園の再整備ですが、7月26日に完成の運びとなりました。新たに日よけや屋根を持つ休憩施設を設け、天候などを気にせず気持ちよく過ごせる空間となり、ステージも一新されることから、夏祭りやジャズストリートなども今年からは雰囲気が変わってまいります。
 今回のリバーフロント計画ですが、ただ形を作って終わりではなく、そこに出来上がった空間を活用していかにまちのにぎわいを生み出すかということが大切であり、そうした意味ではこれからが本番だと思っております。

 次に、中枢中核都市の玄関口として50年に一度の大改修を行っております、東岡崎駅周辺地区では、駅北口のペデストリアンデッキの橋桁がすべて設置され、全体像が現れてきました。そのデッキの中央広場上には、多くの法人・個人の皆様の浄財・御寄附によって設置を進めてまいりました「若き日の家康公」の騎馬像が、いよいよその姿を我々の前に現わすことになります。
 この像の制作を手掛けていただいておりますのは、日本のブロンズ像制作の第一人者であり、日展の副理事長でもある神戸峰男先生であります。
 騎馬像は、駅のホームや名鉄の車窓などからも眺めることができ、その高さは台座を含めると9.5メートルにもおよび、まさに日本一の高さと威容を誇る本市の新たなシンボルが誕生いたします。11月2日にペデストリアンデッキの渡り初めと合わせて完成披露式典を執り行いますので、是非ご期待ください。

Higashiokazaki201906

 また、家康公像の東側に位置します民間事業者が行います複合商業施設の北東街区では、現在までに建物がほぼ完成しておりまして、オープンに向けてテナントの内装工事などを行っております。
 また、先日施設名称が「オト リバーサイドテラス」に決定されまして、ロゴマークや今後のオープン予定も発表されました。既に駐輪場が先行して6月1日からオープンし、9月8日にホテル、9月中旬からショップやレストランが順次オープンし、11月2日にはグランドオープンのイベントも予定しておりますので、ぜひご期待ください。

 また、先月には太陽の城跡地で整備を検討しておりますコンベンション施設に関しまして、実施方針を公表させていただき、QURUWA戦略の拠点施設として、基本コンセプトを「まち・ひと・かわを結ぶ交流拠点」としています。
 中心市街地でありながら歴史資産や自然環境が豊富な立地を活かして、岡崎ならではの独自性を持った施設を民間事業者のノウハウを活用した公民連携事業として推進してまいります。
 今まで市内や西三河地域では開催することが叶わなかった1,000人規模の会議や式典、レセプションなどが開催できるコンベンション施設とそれに併設されます「上質なおもてなし」を提供するホテルの整備を2023年の春の開業に向け、秋には民間事業者の募集を行ってまいります。

Higashiparkhiroba

 次に東公園でありますが、現在市内の篤志家の方からのご寄附により、恐竜広場南側の多目的広場に、児童遊具の設置工事を進めております。
 これは、北欧風の木製遊具でありまして、小さなお子様から小学生まで楽しんでいただけるものを選び、13基を設置するものであります。また、遊具周辺には植栽も行い、暑い時には木陰で涼んでいただけるような計画としております。
 8月26日のオープンを予定しておりまして、これで、東公園には、「動物」「恐竜」「遊具」という三つの子どもの遊びゾーンが完成し、しかも全て無料で楽しんでいただけます。是非、多くの方にご来園いただきたいと思っております。

 次に安全なまちづくりにつきまして、これまで本市では、各学区のみなさまの防犯カメラの設置に補助してまいりましたが、設置のための初期費用や、設置後の維持管理費等のご負担がかさむこともあり、全市的な広がりが進んでおりませんでした。
 一方、昨年、本市は侵入盗の発生件数が県内でワースト1位となっており、市民アンケートでも、防犯カメラの設置を望む市民の声が約90%となっているとともに、岡崎市総代会連絡協議会からも、市による防犯体制の一層の強化のご要望をいただきました。
 こうした状況の中で、市民が日常的に安全・安心を感じることができるよう、防犯カメラをまずは1,000台を目標に、市が直接、設置してまいりたいと考えております。
 岡崎警察署や総代会連絡協議会と連携しながら、犯罪多発地域や、子ども達の安全確保のため通学路に重点的に設置することによって、市民が安全で安心して暮らせるまちの実現に向け、より一層力を入れていきたいと考えております。

 次に、中山間地の活性化につきましては、市域の60%を占める森林資源をいかに活用していくかが、大きな課題の一つとなっております。
 この4月から国の「森林経営管理制度」が始まっており、適切に経営や管理が行われていない森林について、市が主体となって、林業経営の効率化及び森林管理の適正化を図ってまいります。
 まず、森林所有者と林業経営者をつなぐシステム構築に向け、市内の森林の資源解析を行い、森林経営管理の実施方針を策定し、行政として森林の適切な管理と林業の支援に努めてまいります。
 同時に、地域商社の設立をめざした施策を展開し、木材の新たな商品の開発、販売、販路開拓を一貫して行う「6次産業化」の推進を図るなかで、木材利用促進に期待するとともに、将来的には、中山間地を活用した市民も楽しめる山間リゾートを整備したいと考えています。なぜならば都市生活者に森林に囲まれた、山間地での生活の良さを味わっていただくことにより、人口減対策、雇用機会の創出につなげたいと思うからです。

 次に、世界ラリー選手権、通称WRCについてであります。
 WRCという競技は、本場ヨーロッパではF1と並んだ人気のあるモータースポーツで、現在、2020年の日本開催にむけた招致活動に対し、本市も協力しているところであります。
 このWRCに先立ちまして、今年の11月にテストイベントが愛知県、岐阜県の2県をまたがるコースで開催することが決まりました。
 本市で走ることは決定されましたが、コースの詳細はこれからということですので、岡崎市を世界に発信できる絶好の機会ととらえ、本市のPRと多くの市民が観戦できるよう招致委員会に働きかけしてまいります。

 そして6月1日には、スポーツに関連した、大変うれしいニュースが飛び込んでまいりました。来年4月6日から7日にかけて行われる東京2020オリンピックの聖火リレーのルートの一部に、本市が選ばれたことが公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から公表されました。世界的なスポーツの祭典であるオリンピックの聖火リレーが本市を通過するのは、昭和39年以来56年ぶりとなります。今回は、名所旧跡を世界に届けるのにふさわしい、映えるポイントとして、岡崎城周辺が選ばれております。具体的なルートや内容は、今後決まっていきますが、岡崎城付近をスタートして、桜城橋をゴールとする、桜の季節に、岡崎市をPRするのにふさわしいルートになるようですのでご期待ください。

 この他に各地で進めている多くの事業も順調に進んでおり、これから数年の内に全市的に手がけた事業が次々と実現を迎え、近い将来、間違いなく、本市の景観や人の流れも大きく変わってまいります。このように多くの事業を展開していく究極の目的は、岡崎市民、ことに子ども達が自らのふるさとに対し、これまで以上に大きな愛情と誇りを持てる、そんな「夢ある新しい岡崎」を築きあげることであります。その目的のため、各議員の皆様や職員と共に、全力で取り組んでいるところでありますので、今後も引き続き、市民の皆様方のお力添えをお願い申し上げます。

 さて、本日は、それぞれの分野でこれまで本市の発展に多大な貢献をされました皆様の表彰をさせていただきます。
 表彰の栄に浴されます皆様には、心からお祝いを申し上げますとともに、感謝の意を表する次第であります。どうか今後とも健康にご留意いただき、なお一層、本市の発展にご尽力、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 終わりに、市民各位並びに本日ご参会の皆様の、ご健勝ご多幸を心より祈念申し上げまして、式辞といたします。

令和元年7月1日
岡崎市長  内田 康宏

Okazaki100th201907014

|

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »