« 平成30年12月議会 その2(一般質問答弁前編) | トップページ | 2019年 年頭のご挨拶 »

2018年12月27日 (木)

平成30年12月議会 その3(一般質問答弁後編、閉会挨拶)

岡崎市議会

 12月定例会における市長答弁の後編と、閉会挨拶を掲載いたします。一般質問では杉浦久直議員にお答えしました。


杉浦久直議員(自民清風会) 12月6日(木)

杉浦久直議員

――本年は、ウッデバラ市との姉妹都市提携50周年記念の年でしたが、今回の実績についてお示しください。

○市長 私からは「ウッデバラ市姉妹都市提携50周年」における今年度の実績について、成果を交えてお答えします。
 提案説明でも述べましたが、本年度は本市と最も長く国際交流を続けているウッデバラ市との提携50周年を迎え、様々な記念事業を実施いたしました。
 最初の事業として、5月にウッデバラ市の公式使節団5名と合唱団30名及びご家族含めての総勢44名の皆さんが本市を訪問されました。まずウッデバラ市からの公式訪問団としては、友好関係を象徴的に表現した美しいガラスのオブジェを記念品として贈呈いただき、現在は東庁舎3階に展示しております。

ウッデバラ室内合唱団

 また、同行された合唱団の皆様には、シビックセンターで開催した「北欧の夏至祭」にて、50周年記念の楽曲を美しい歌声で披露していただいたほか、高年者センターにおいては高校生とのコラボレーションによる合唱で来場者を楽しませてくれました。
 次に高校生の相互交流としては、5月にはウッデバラ市の高校生2名を受け入れ、8月には本市から4名の高校生を派遣しており、双方の学生が商品開発を自ら考える「起業」などの様々な分野で、お互いに学び合うことができたと聞いております。
 また民間レベルにおいても、姉妹都市提携35周年記念の際に本市で公演された「ボーヒュースレーン・ビッグバンド」が再び訪問してくださり、「国際レベルのジャズ・オーケストラ」と称されたジャズの音色で「ジャズの街岡崎」のイベントに花を添えてくれました。
 このビッグバンドの皆さんには、竜海中学校でも出張ライブを行っていただき、文化面でも若者との交流を深めることができたと思っております。

 そして、本市からの公式訪問として、10月下旬に公式使節団と市民ツアー「友好の翼」がウッデバラ市を訪問いたしました。
 今回の訪問は記念事業にふさわしく大きな成果があったと感じております。これから述べる内容は、杉浦議員を始め同行された議員のみなさんも同じ経験をされておられますが、議会を通じてのご報告ということでお聞きいただければと思います。

Uddevalla201810241

 ウッデバラ市では、伝統ある旧市庁舎での表敬訪問ののち、高等職業教育センターで、本市からの記念品である「早春の岡崎城」と題した日本画を贈呈いたしました。満開の桜の中、岡崎城がそびえる素敵な絵であります。
 30周年記念で本市が贈呈した巨大な「なかよしの像」は、今ではウッデバラ市民の写真スポットや待ち合わせ場所となっているとお聞きし、大変うれしく思いました。この絵も多くの方の目に触れる場所に飾っていただいており、「像」と同様に、市民に親しまれるものとなることを願っております。素晴らしい絵を描いてくださった岡崎美術協会の鈴木由紀子先生には、あらためて感謝申し上げます。
 視察先としてウッデバラ市の高等学校、幼児施設、高齢者施設を訪問し、「起業」を学ぶ実践的な教育手法や、先進的な福祉行政に触れることができたほか、ストックホルムの在スウェーデン日本商工会を訪問した際には、国政の潮流、移民問題などスウェーデンの抱える現代的な課題を始め、世界ナンバーワンを誇る持続可能性を追求した環境政策、女性の社会参加、課税の仕組みなどを紹介していただきました。

 提案説明の折に言うのを忘れておりましたが、高等学校を訪問した時に後ろからポンポン、と肩を叩かれまして、振り返るとそこには一人の女子高生が立っており、「私は以前、中学生訪問団でウッデバラから岡崎に行った者です」と声をかけてきました。私はその時不覚にも思い出せませんでしたが、彼女はリム・ゼライヤ(Rim Zellaya)さんという方で、「これがその時あなたと一緒に撮った写真です」と言って、嬉しそうに自分のスマートフォンの画面を見せてくれました。

Uddevalla201510231

(後列一番右がリム・ゼライヤさん。2015年10月、岡崎市役所にて)

 全国に国際交流を謳っている自治体は数多くありますが、姉妹都市の看板を掲げているだけの所も多く、岡崎のように相互に姉妹都市として実のある交流を重ね、しっかりと国際人を育成している所というのは稀であり、本市の大きな強みであります。 
 このことは日本の外務省も高く評価しております。ウッデバラ市が、本市との長年の国際交流の功績により、日本の外務大臣表彰を受けたということは提案説明でも述べさせていただきましたが、その縁もあって、われわれ使節団も在スウェーデン日本大使館の大使公邸にご招待いただきました。
 大使館員も「地方自治体の方をこうした形でお迎えするのは初めてのことです」と言っておられました。
 スウェーデン王国と日本の、国同士の友好関係は150年ですが、ウッデバラ市と本市の姉妹関係はそのうち実に50年の長きにわたるものであり、両国の親善の一翼を担ったと高い評価をいただいたものと考えております。
 廣木特命大使より心温まるおもてなしを受け、素晴らしいひとときを過ごすことができましたが、何より今後の両市の都市交流にとって、大きな励みになる記念すべき出来事でありました。これも50年にわたる本市の実のある国際交流の成果だと思います。

 この50年の間に岡崎市からは332人、ウッデバラ市からは271人の市民が相互訪問しております。若者の交流という面では、中学生の相互交流は以前から実施しておりましたが、本年度から高校生の相互交流も実現することができました。
 若者の交流については、ウッデバラ市のほか、フフホト市からも提案をいただいているところであり、本市としても積極的に取り組んでまいります。本市の派遣中学生の中から外交官が誕生しているように、若い時代に異文化を体験し国際的視野を広げることにより、多文化を受け入れる多様な考え方の人材が生まれるものと思っております。
 これからさらに国際化、多文化共生の流れが進む日本において、本市の都市交流の取り組みが将来を担う若者の、世界に羽ばたく力となっていること、さらに市民同士の草の根交流の積み重ねが今日のわが国の平和的な国際関係を築いていることを実感しております。
 今後も国際交流の促進と多文化共生社会の構築を目指してまいりたいと考えております。
 以上、少し長い話となりましたが、訪問報告書に先がけての報告であり、平成30年最後の私の答弁でありますのでお許しいただきたいと思います。


市長閉会挨拶 12月21日(金)
 閉会にあたりまして、私からもご挨拶を申し上げます。
 このたびの12月定例市議会にご提案をいたしました議案につきましては、慎重なご審議を賜り、ご議決をいただきまして誠にありがとうございます。
 決定されました議案の執行にあたりましては、厳正・公正に努めてまいる所存であります。
 さて、今年もあとわずかとなりました。来年は平成から元号が替わり、新しい時代が始まります。徳川家康公像の設置など各種事業が次々と完成を迎え、岡崎の景観や人の流れも大きく変わる重要な年となります。
 そして先日、地域の経済や住民生活を支える拠点である「中枢中核都市」の一つに指定されました。これを契機に更なるまちづくりに邁進してまいります。
 議員各位におかれましては、年末のお忙しい中ではありますが、ますますご自愛の上、市政発展のためにご尽力賜りますようお願いを申し上げ、挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。


平成30年12月議会 その1(市長提案説明) (2018.12.05)

平成30年12月議会 その2(一般質問答弁前編) (2018.12.26)

|

« 平成30年12月議会 その2(一般質問答弁前編) | トップページ | 2019年 年頭のご挨拶 »

国際交流」カテゴリの記事

岡崎市議会」カテゴリの記事