« 「2019 内田康宏をかこむ新春の集い」のお知らせ | トップページ | 平成30年12月議会 その3(一般質問答弁後編、閉会挨拶) »

2018年12月26日 (水)

平成30年12月議会 その2(一般質問答弁前編)

Okazakicitycouncil201812041

 12月定例会における一般質問の市長答弁を2回に分けて掲載します(計3名)。前編では、柴田敏光議員、内田実議員にお答えしています。


柴田敏光議員(民政クラブ) 12月4日(火)

Citycounciltoshimitsu2018

――(1)石垣市との親善都市提携の意義と、(2)50周年記念事業についてお尋ねします。

○市長
(1)石垣市との親善都市提携は、単に両市の親善という意味に留まらず、戦後日本の歴史、そして日本国民が等しく味わってきた苦難の人生に寄り添うような尊い歴史資産であります。
 提携当時の沖縄は戦後の苦労を一身に背負い、アメリカの統治のもとにあり、市長や議会関係者はパスポートを携えて石垣に渡りました。石垣市民の祖国日本に寄せる思いについて、当時、太田市長は、
「市民は私達を通じて日本内地のことを知りたがっていたし、一度でいいから本土に渡ってみたいという熱烈な願いを抱いている」
 と述べております。
 今日の沖縄は昭和47年に本土復帰を果たし、石垣市は日本最南端の自然文化都市として目覚ましい発展を続けておられます。我が国が平和を享受し豊かになる中で、この親善都市提携は、かつて日本国民が分断されていた事実を後世に残す、歴史的な価値を持つものとなったわけであり、私達には将来にわたってこの親善関係を引き継いでいく使命があります。
 私も5年前に初めて石垣を訪れました。そのとき岡崎会館の跡の公園前にある料理店を訪れ、「岡崎市から来ました」と言ったところ、注文していないのにマンゴージュースをサービスされました。聞けば、そのお店の女性は岡崎市から贈られた岡崎会館で成人式を行ったそうであります。

Ishigaki201611061

(石垣島まつり市民大パレード、2016年11月6日)

(2)記念事業については、まずは提携50周年の幕開けにあたり、市政だよりに特集記事を掲載致しまして、市民の皆様に対し親善都市提携に至る経緯や石垣市の現状を紹介してまいります。あわせて、将来に向けて親善関係を維持、発展できるよう市民レベルの交流事業も実施したいと考えております。
 また現在、石垣市では新庁舎の建設事業が進行中でありまして、この新庁舎の周辺に末永く設置していただけるような物を、親善都市提携50周年の記念品として贈りたいと考えております。私からは以上であります。


内田実議員(自民清風会) 12月5日(水)

Citycouncilminoruuchida2018

――アウトレットを核とした東部地域のまちづくりについて伺います。
 まちづくり協議会をはじめとする地域が望んでいるまちづくりを実現するには、市街化編入後、道路やライフラインなどの都市基盤施設の整備を含めて、一体的な面整備を行う展開として、具体的にはどのような都市開発の手法があると考えられるか見解をお聞かせください。
 また、現時点でこの地域においてはどのような手法が適していると考えるのか見解を聞かせてください。

○市長 私からは東部地域における都市開発手法についてお答えします。
 新たに都市基盤を整備するには、この地域の面的な拡がりを考慮し、地区全体に宅地、道路、公園等を計画的かつ合理的に配置したインフラ整備を行い、土地利用の増進を図ることが必要であります。
 一般的な面的整備の手法としては、権利者全体の総意を得た民間事業者などが都市計画法の「開発行為の許可」を受けて行う「開発事業」のほか、土地の区画形状を整形し、道路や公園などの都市基盤施設の新設、または変更を土地区画整理法に基づいて行う「土地区画整理事業」で整備する方法などが考えられます。
 新たに市街化区域に編入しようとしている本宿地区の整備としましては、地権者の土地活用に対する考えが混在する現在の状況では地区全体を民間の開発事業で整備することは難しく、また、開発が可能なところから部分的に小規模な民間開発が行われた場合、無秩序で乱雑な市街地となるおそれがあります。他の地域においては、そうした反省がされている所もあります。
 このため、当地域において健全かつ良好な市街地の形成を行う整備手法としては、「道路や公園などの都市基盤施設」と「土地利用のための良好な宅地」の整備が同時に行える「土地区画整理事業」が、当該地区の規模や実施の確実性を考慮すると、まず初めに検討すべき手法として捉えております。私からは以上であります。

Motojukustationroute473

(本宿地区。一般国道473号バイパスと名鉄本宿駅)


平成30年12月議会 その1(市長提案説明) (2018.12.05)

平成30年12月議会 その3(一般質問答弁後編、閉会挨拶) (2018.12.27)

|

« 「2019 内田康宏をかこむ新春の集い」のお知らせ | トップページ | 平成30年12月議会 その3(一般質問答弁後編、閉会挨拶) »

岡崎市議会」カテゴリの記事