« 2018年9月 | トップページ

2018年10月

2018年10月16日 (火)

平成30年度 矢作川改修促進期成同盟会 中部地方整備局要望

Yahagiriver201810041

 10月4日(木)、国土交通省中部地方整備局に赴き、矢作川の河川改修促進に関する要望を行いました。矢作川改修促進期成同盟会の会長として関係市の豊田市、碧南市、安城市、西尾市の代表の方々とともに要望書を提出しました。御報告申し上げます。


Yahagiriver201810042_2

 岡崎市長の内田康宏です。
 本日は、勢田局長様、児玉河川部長様、及び澤頭豊橋河川事務所長様におかれましては、公務ご多用の中お時間をいただきまして誠にありがとうございます。また、日頃は一級河川、矢作川の改修にご尽力頂きまして心より感謝申し上げます。
 矢作川改修促進期成同盟会は、矢作川流域の岡崎市、豊田市、碧南市、安城市及び西尾市の5市で組織しております。この地域は自動車産業を中心に我が国のものづくりを支えており、矢作川改修による経済波及被害の軽減効果は約1兆2千億円にのぼると試算されております。

 本日は構成市を代表して、9つの要望事項から項目をしぼってご説明させていただきます。

Yahagiriver201810043

 はじめに、「水防災意識社会 再構築ビジョン」における河川整備事業のうち、「洪水を安全に流すためのハード対策の促進」についてであります。洪水被害を最小限となるためには、矢作川の早期改修が基本的な対策と考えております。引き続き、堤防整備などハード対策の促進をお願いいたします。
 次に、「防災対策の実施」河川防災ステーション等の整備についてであります。本年3月に西尾市内の「志貴野地区 河川防災ステーション」を計画登録していだたき感謝申し上げます。
 河川防災ステーション等は被害を最小限に止めるための復旧活動の拠点となるほか、平常時には地域交流・憩いの場となることから早急の完成をお願いいたします。

Yahagiriver201810044_2

Yahagiriver201810045

 続いて、「矢作ダム 洪水調整機能の強化」についてであります。「矢作ダム再生事業」について、本年4月に新規着手していただきありがとうございます。本事業とあわせて河川整備が完了することにより、「東海豪雨」と同規模の洪水による浸水被害を解消できると伺っております。早期の建設着手と着実な事業の実施をお願いいたします。
 最後に、「治水事業に必要な予算の十分な確保」についてであります。事業促進を図るため、補正予算の編成や治水事業費の増額につきましてもご配慮いただきますようお願いいたします。
 ただ今ご説明した重点要望事項の他にも地域により様々な課題があり、要望書に記載させていただいております。その他の要望事項につきましてもご配慮いただきますようお願いいたします。

 また、本市におきましては、市内下流部の「合歓木地区の堤防整備」及び市内上流部の「岩津地区の堤防裏法尻補強工事」を進めていただいており、乙川合流点までの河道掘削を含めたハード対策は平成32年度を目標に実施いただけるとお聞きしておりますが、早期の事業促進が図られますようお願いいたします。
 市内の「防災関係施設」の設置につきましては、位置の見直しを含めてご検討いただいていると聞いております。災害復旧活動の拠点となります防災関係施設の設置を、地域住民も待ち望んでおり、市としても最大限のご協力をさせていただきますので、引き続き特段のご配慮をいただきますようお願いいたします。

 全国各地で異常気象が発生しており、この地域においても甚大な被害を及ばす災害がいつ起こるか分からない状況であります。
 今年発生した大規模災害を踏まえ、防災、減災、地域強靱化の緊急的な対策として平成30年度大型補正予算を編成し、治水事業に必要な予算を十分に確保していただきますようお願いいたします。
 また、防災・減災対策を推進するために治水事業に必要な予算を増額し、災害から市民の大切な生命と財産を守るため、引き続き特段のご配慮をいただきますようお願いいたします。

|

2018年10月13日 (土)

連合愛知三河中地協・要望書提出懇談会(2018年9月)

Jtuc201809271

 台風の近接する気ぜわしい時でありましたが、本年も「働く者の代表」として日夜御尽力頂いている連合愛知三河中地域(なかちいき)協議会の皆様から新年度予算に向けての御要望を頂きました。9月27日(木)、意見交換を行うことができました。
 納税者・市民に心から喜んで頂ける、より効果的な施策を行うためには多くの皆様からの多様で率直な意見に耳を傾け、検討してゆくことが必要であると思います。
 なお、正式な回答は来年の予算編成終了時となります。

―挨拶―
 皆さん、おはようございます。市長の内田康宏です。
 連合愛知県三河中地域協議会の皆様には、日頃から岡崎市政に対しまして、格別のご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。また、労働環境の改善や雇用の確保に努めていただいておりますと共に、市民生活や地域社会の向上にご貢献いただき、心より感謝申し上げます。
 私も市長就任以来、「顔の見える民主主義」を唱え、これまで市民対話集会(50回)、各種講演会、政策説明会など様々な機会を捉えて、300回以上にわたり市民の皆様との対話を重ねてまいりました。今年度からは各高等学校でも行っております。先日、民政クラブの先生方にもお話をさせていただきましたが、もし機会を頂けるならば、各組合員の皆様がお集まりになる際に可能な時間の範囲で、市政報告ならびに質疑を行わせていただきたいと考えておりますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

 さて、皆様のご理解とご協力のおかげをもちまして、これまで進めてまいりました各種事業も順調に進めることができております。
 現在着々と整備が進む乙川リバーフロント地区をはじめ、東岡崎駅やJR岡崎駅周辺整備、さらには大学病院や龍北総合運動場の整備に加え、阿知和地区の工業団地やスマートインターチェンジの整備が進んでまいります。
 こうした岡崎のまちづくりは様々な分野で高い評価をいただいておりまして、今年の3月末には、岡崎市が新たに国の地方再生モデル都市に選定しました。これは地域の稼ぐ力の向上など、公民が連携し、まちづくりを進めているまちを国が短期的・集中的に支援する制度でありまして、このたび本市のQURUWA戦略が評価され、今年度だけで12億円、うまくすると3年間で20億円を超える多額の補助金が別枠で頂けることとなりました。
 さらにモデル事例として全国的に紹介されることで情報発信力が高まり、民間事業者の参画が促進されることなども期待できます。そして何より国からの補助のおかげで、他の事業に回せる予算が増えることをありがたく思っております。
 また、先日東京で行われました「行きたいまちNo.1」を決定するイベント「全国ふるさと甲子園」におきまして、全国から55の地域が参加する中、岡崎市が初出場にしてグランプリに輝くことができました。
 そして愛知県市長会の折にわかったことですが、総務省からの講師が持参した資料によれば、西暦2040年においても人口増を保っているのは県下の30万以上の都市で岡崎市のみでありました。

 このように、今後も将来を見据えたまちづくりを進めると共に、近年の異常気象に対応し小中学校へのエアコン設置や、全国で頻発しております自然災害への対応など、必要な事業に適切に対応してまいります。
 これからも引き続き、このまちに生まれ育った子ども達が自らのふるさと岡崎に対して、これまで以上に大きな愛情と誇りを持てる「夢ある新しい岡崎」を築き、誰もが訪れたい、住んでみたいと思うまちづくりを目指してまいりますので、一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げ、私からの挨拶とさせていだきます。本日はよろしくお願いします。

―要望に対するコメント―
 本日は来年度に向け、各分野にわたる要望を頂戴しましたが、私からは本年度の取り組みについていくつか報告させていただきます。

1.「産業・雇用・労働政策」
 地域の産業振興や雇用の安定は、地域経済の成長や活性化の最も重要な要素であることから、市と致しましても大いに力を入れているところであります。
 ものづくりの拠点であります、この地域におきましても社会構造の変化の中で製造業を取り巻く環境は変化してきております。それに応えるためには技術力を高める必要があり、多くの企業が新製品や新技術の開発、既存製品の高付加価値化に取り組んでいただいているところであります。

Monozukuri201807111

 こうした取り組みを岡崎から全国に向けて発信し、販路拡大や人脈形成を図るきっかけの場として、7月には「ものづくり岡崎フェア」を開催いたしました。
 また、地域経済を担う市内のものづくり事業所への支援制度と致しまして、今年度も「岡崎市ものづくり支援補助金」の制度を設けておりますので有効にご活用いただきたいと思います。
 さらに、多方面からご要望をいただいております阿知和地区工業団地につきましては、造成に向けた調査を進めてまいります。
 併せて、東名高速道路の阿知和地区では国の準備段階調査に決定されたことを受け、スマートインターチェンジ開設に向けた準備会を設立し、今年度は周辺道路整備計画の策定に取り組んでいるところであります。

2.「観光産業」
 「観光産業」は多分野に経済効果をもたらすことから、岡崎の経済のもう一つの柱として育て挙げてまいりたいと考えております。
 そこで今年度は、新たな「岡崎の観光土産」づくりの支援や、市内の寺社などと連携しての体験事業など、岡崎ならではの観光プロモーションを展開してまいります。
 さらに、今年は観光ポスターをきっかけとしまして、民間事業者の皆さんと一緒になり、岡崎市出身のマルチクリエイターであります、内藤ルネ氏のイラストを使ったプロモーションを進めています。

Naitorune9

 内藤ルネ氏は1950年代から60年代にかけ、少女時代の表紙や挿絵で人気を博し、本市の観光ポスターになった「ルネガール」や「ルネパンダ」を生み出し、日本のポップカルチャーを開拓、確立させたことから、「ルーツ・オブ・カワイイ」と呼ばれております。
 7月末から行われた「岡崎城下 家康公夏まつり」においても、各会場でイラストが飾られたほか、南公園や道の駅藤川宿といった市の施設をはじめ、イオンモール岡崎やNEOPASA岡崎などの民間施設など、様々な場所で「カワイイに出会えるまち、オカザキ」として展開しています。当時を知る年代の方には懐かしい、また若い世代の方には新しい岡崎の魅力として、今後もシティプロモーションのポスター等への起用のほか、様々な場所で活用してまいります。

3.「男女平等政策」
 職業生活と家庭生活の円滑で継続的な両立を可能とするため、ワーク・ライフ・バランスの推進に取り組んでいるところであります。こうした中、今年度は、結婚・出産などで離職した女性の就業支援としまして、岡崎市では初となる無料託児付き合同企業セミナーを開催してまいります。
 また、女性の就労拡大などに伴い増加する保育需要に対応するため、3歳未満児の保育を行う「南部乳児保育園」を開園いたしました。
 そして本格的な少子高齢化の時代を迎える中で、女性と元気な高齢者のお力をお借りすることが日本の社会に必要であります。岡崎市はそのモデルでありたいと考えており、多くの再任用の採用と人事において2人の女性部長と10人の女性課長を配しております。これは三河地域ではNo.1であります。
 高齢者福祉における重要な課題であります「介護職員の確保」に対しましては、介護職の魅力を高め、離職の防止、キャリアアップや新規就職を促進するために市内の介護事業所に対し、資格取得のための研修費用や受験費用の一部について、新たな補助制度を創設いたします。
 また、4月にリニューアルオープンいたしました「友愛の家」では、障がいのある方や支援をされる方が楽しみや生きがいをもって生活できるような講座やイベントなどを開催しています。今後も「友愛の家」を拠点として市の福祉サービスの一層の向上を図ってまいります。
 また、大学病院の整備や、市民病院と愛知病院の再編など医療体制の整備にもしっかりと取り組んでまいります。

Tokaiaichi20180615

4.「教育政策」
 この夏の異常な暑さにより、全国で熱中症被害が相次ぎました。こうした中、少しでも早く子ども達に快適な学校生活を送ってもらいたいという思いのもと、早期のエアコン設置を決定したところであります。
 来年6月末までに、特別支援学級を含む小学校の普通教室と中学校の特別支援学級に設置し、来年中には中学校の普通教室への設置が完了するよう事業を進めてまいります。さらに、理科室や家庭教室などの特別教室をはじめ、給食配膳室にもエアコンを設置することで、子ども達だけでなく、働く人にとっても快適な環境を提供できるものと期待しているところであります。
 また、平成28年度から配置しておりますスクールソーシャルワーカーにつきましては、昨年度は各学校から40件を超える様々な事案について、延べ1500回を超える支援を行ってまいりました。スクールソーシャルワーカーの要請件数は年々増加してきており、一つの事案に対してよりきめ細かな対応をするため、今年度より4人増員し8人の専門職で対応する体制としております。

5.「環境・エネルギー政策」
 地球温暖化防止策としましては、今年度も太陽光発電など住宅用地球温暖化対策設備の設置に対する補助金や、電気自動車やプラグインハイブリッド車などの次世代自動車の購入に対する補助制度を設けておりますので、ご活用いただきたいと思います。
 また、今年4月から中央・八帖の両クリーンセンターにおいて受入品目の拡大を行い、3分別や新聞・雑誌といった資源類の受入れも実施することで資源の再資源化の促進に取り組んでいます。

6.「まちづくり政策・消費者政策」
 本年は全国で地震や風水害が相次いでおり、改めて災害対策の重要性を認識しているところであります。特に地域における自主防災組織の活性化や、自助・共助による事前の備えが重要であることから、今年度、新たに「岡崎市自主防災指導員制度」を新たに立ち上げました。

Okazakicitybudget2018392

 これに伴い、防災指導や防災啓発活動のできる専門知識を持った人材の育成を行っています。
 地震対策と致しましては、先般の大阪でのブロック塀倒壊の事故を鑑み、小中学校を始め公共施設のブロック塀なでの緊急点検を行い、危険性が確認された施設につきましては撤去・改修工事を進めております。
 一方、民間所有のブロック塀につきましては、今年度よりブロック塀等撤去費補助制度を新設すると共に、優先度の高い通学路沿いのブロック塀について緊急の安全点検を実施し、必要に応じて所有者に注意喚起などを行っています。
 交通安全の推進では、道路照明灯について電気料が安価で長寿命であるLEDへ、デザイン灯を除き、すべて取り換えることとし、環境への配慮や交通事故の防止に努めてまいります。

7.「行財政改革」
 権限移譲(いじょう)につきましては、愛知県が定めた中核市への移譲可能事務88件のうち、すでに80件の事務について移譲を受けています。
 今後も県内他市の状況を注視しつつ、市民サービスの向上につながる事務の権限移譲受入れについて検討を行います。
 また、かねがねご要望を頂いております公契約条例につきましては、今年度、外部有識者等で構成する検討会議を設置し、制定に向けた条例案などの作成を進めているところであります。

 以上、今年度の取り組みを報告させていただきました。
 本日いただきました要望に対しては、次年度の予算編成を終えたのちに書面で回答させていただきます。
 私の目指します「夢ある新しい岡崎」の実現には、皆様方のご協力が不可欠であります。そのためにも本日のように皆様からのご意見を伺う機会を継続すると共に、必要な支援もしっかりと行ってまいりたいと考えておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

|

2018年10月 9日 (火)

平成31年度 当初予算編成説明会

Okazakicitybudget20181002

 いよいよ来年度予算の編成の準備に入る時期となりました。
 西三河地域は経済的にも比較的安定した地域でありますが、これから迎える本格的な少子高齢社会、変転が予想される国際経済の動向を見通し、より的確な施策の推進を目指したいと考え、10月2日(火)、部・課長、管理職を対象に説明会を開きました。
 以下は私の挨拶です。


 平成31年度の当初予算編成にあたり、私から皆さんにご挨拶申し上げます。
 日頃の市政運営におきまして、職員の皆さんには日々、各所管業務に精力的に取り組んでいただき、まずもってお礼を申し上げます。
 さて、平成31年度は、第6次岡崎市総合計画後期基本計画の5年目を迎えるとともに、「岡崎市まち・ひと・しごと創生総合戦略」が最終年度となり、これまで計画的に進めてきました岡崎のまちづくりが成果をもたらす特別な年となります。
 具体的には、
・乙川リバーフロント地区整備における(仮称)乙川人道橋の完成
・東岡崎駅周辺におけるペデストリアンデッキの整備や家康公像と徳川四天王石像の設置
・北東街区の商業施設の利用開始
・JR岡崎駅のペデストリアンデッキなどの周辺整備
・2020年4月開業に向けた市民待望の新総合病院の建設
 など、全市的に複数のビッグプロジェクトが大きな節目を迎えることになります。

(仮称)乙川人道橋

藤田医科大学岡崎医療センター

藤田医科大学岡崎医療センター

 岡崎の顔づくりが進む一方で、団塊の世代の全てが75歳を迎える「2025年問題」や、出生率の低下を要因とする少子高齢・人口減少社会という大きな課題に地域全体が直面しております。幸い岡崎は総務省の予測では、2040年も人口増であると言われております。
 現在、地方創生や一億総活躍社会の実現に向けた取り組みが進められておりますが、防犯・防災、福祉、環境、コミュニティ、商業・サービス業、工業、農林業、交通、教育等、分野や世代を越えた取り組みが不可欠となってきます。加えて、国の消費税の増税や幼児教育の無償化、小中学校のエアコン整備など、政策的にやらなければならない事業への対応も求められております。

 私達はこれから数ヶ月にわたり、来年度の当初予算編成にあたるわけでありますが、緩やかな景気回復基調が続いていることにより、市税収入は引き続き好調であるものの、地方交付税の減額や、国県支出金の減額が顕著であることや社会保障関係経費の増加なども予想されます。
 そんな中で「活気に満ちたまちづくり」を進めるためには市民サービスの質の向上と市民満足度の向上を中核に据え、次の2つの視点により予算編成にあたっていただきたいと思います。

1.市民ニーズを的確に把握する
 市長就任以来、私は、「顔の見える民主主義」をモットーに平成25年度から「市民対話集会」を行っておりますが、その開催は延べ50回を超えました。今年は各高等学校でも行っております。この他にも300回以上の講演や政策説明会を行っております。こうした手法で行政を進めている所は全国でもマレであると自負しております。
 若者から高齢者、各団体の方々などから生の声を聞いて、市役所の中にいてはキャッチすることのできないユニークな考えや想いを目の当たりにしてきました。時には大変厳しい御意見もありますが、そこには真の市民ニーズがあると肌で感じました。
 漫然と前例踏襲していては市民ニーズと乖離していきます。中長期的な視点を見据えて
時代の潮流を敏感に捉えるとともに客観的なデータや市民の声を踏まえて事業検討を進めていただきたいと思います。的確なニーズ把握ができれば、優先順位付け、事務事業の改善が見えてくるはずです。
 皆さんが熱心に事業に取り組んでいることは承知しております。しかし、あれもこれもの時代ではありません。どんなに良い事業であっても、より良い事業があればそちらを選択すべきであると考えます。
 個々の事業のことは担当部署が一番よく知っているはずです。正しい事業の取捨選択をするためにも市民ニーズを的確に捉えてください。多様な価値観をすべて充足することは困難なことかもしれませんが、それはプロの行政マンとしての真価が問われるところであります。

2.行政としての関わり、役割を再認識する
 市民ニーズの的確な把握や精緻な計画を策定しても、仕掛けや支援が適切でないと最大限の効果が発揮できません。
 例えば、何年も補助金を出し続けているが思うような成果が上がってないといった事業もあろうかと思います。
 市民はその事業に対して何を求めているのか?
 直接的な補助金を求めているのか。お金ではなく行政からのノウハウの提供を求めているのか。行政にコーディネートやネットワーク化を求めているのか。あるいは事業を支援する人を支援する仕組みを求めているのか?
 など行政の関わりや役割を考え直すことが常に必要であると思います。
 いわゆるバラマキ行政や役所の独りよがりでは、心のこもったまちづくりはできません。
 私がいつも申しておりますとおり、事業を展開していく究極の目的は、岡崎の子ども達が自らのふるさとに対し、これまで以上に大きな愛情と誇りを持てる、そんな「夢ある新しい岡崎」を築きあげることであります。
 市民の希望を限られた財源で実現できるよう、行政関与の在り方、必要性や妥当性を今一度見直してください。よその町からは本市のOKa-Bizが大変注目されておりますが、お金がなくてもアイデアと工夫があれば十分機能する事業もあるはずです。
 また先ほども述べましたが、一つの組織、一つの領域のみで完結するのではなく、広い視野を持つことも重要であります。そうした視点に立ち仕事に取り組んでください。

 最後になりますが、市民から見れば、職員の皆さんの一人一人が「人財」という地域資源であります。部長、課長のみなさんが先頭に立ち、職員一人ひとりの英知を結集した予算を編成していただきたいと思います。
 平成が終わり、新しい時代が始まろうとしている今、時代と時代を紡(つむ)ぎ、夢のある新しい岡崎が実現するための大きな一歩を踏み出すことができる新年度予算となることを期待しております。共にがんばりましょう。よろしくお願い致します。

|

2018年10月 4日 (木)

「市政報告」2018年9月版です

Shiseihokoku201809

 後援会や各種会合でお配りしている「市政報告」の最新版をホームページに掲載しました。平成30年9月時点における市政報告です。よろしくお願い申し上げます。

 市政報告(2018年9月) | 岡崎市長 内田康宏のホームページ

|

2018年10月 2日 (火)

平成30年9月議会 その3(閉会挨拶)

Okazakicitycouncil201809281

 このたびの9月定例議会にご提案をいたしました議案につきましては、慎重なご審議を賜り、ご議決をいただきまして誠にありがとうございました。決定されました議案の執行にあたりましては、厳正・公正な執行に努めてまいる所存であります。
 さて、提案説明でも申し上げました小中学校へのエアコン設置につきましては、真に緊急かつ必要性の高い事業は様々な手法を積極的に活用し、前倒して行っていくという姿勢を示すことができました。
 さらに先日発表した岡崎城跡での金箔瓦の発見でありますが、本市が有する独自の歴史文化遺産の価値を改めて認識した次第であります。

東海愛知新聞

 また、「地方再生モデル都市」にも選出され、国や専門家の皆様から大変高い評価をいただいている乙川リバーフロント地区の整備など、これまで進めてきた政策が多くの皆様のご協力により一つ一つ形になり目に見えて実感できており、広く認知されてきています。
 そうした成果の一つがこの8月に東京で開催された「全国ふるさと甲子園」において、全国から集まった55の自治体の中から岡崎市が「行きたいまちNo.1」に選ばれたことであると確信しております。
 先日総務省から受けた資料によれば、22年後の2040年においても人口増を保っている人口30万以上の市は、県内では岡崎市だけでありました。これも本市の施策が有効性のあるものであると第三者によって分析されていることの証しであり、大変うれしく思っております。
 引き続き議員各位におかれましては、市政発展のためご尽力いただきますようお願い申し上げ、閉会の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。


平成30年9月議会 その1(市長提案説明) (2018.09.17)

平成30年9月議会 その2(一般質問答弁) (2018.09.19)

|

« 2018年9月 | トップページ