« 愛知教育大学同窓会三河地区会総会(2018年) | トップページ | ルーツ・オブ・カワイイ、内藤ルネ »

2018年9月 8日 (土)

災害大国日本

 この夏の異常気象に加え、一体今年の日本はどうなってしまったのだろうか?
 きっと市民の皆様も同じような気持ちであろうと思う。
 ユーラシア大陸の東端に、太平洋の暴風雨から大陸を守る防波堤のように存在する日本列島。環太平洋地震帯の上にその縁(ふち)をなぞるように位置する島国が我が日本である。そうした地勢的宿命から我が国はあらゆる災害に見舞われる可能性を持っている。

 今年は、大阪府(6月18日)、北海道(9月6日)と大型地震が二つあり、9月の初旬においてすでに台風が21個も発生し、その多くが日本列島を直撃する進路をとっている。「テロリズムに走った某宗教団体の幹部を死刑にしたタタリだ」という一部の人の冗談を信じる人が出てきても笑えなくなりそうである。
 まだ本年は4ヶ月あり、これから本格的な台風シーズンを控えており、地震も連動して起きる可能性もあり油断はならない。
 9月4日に上陸した台風21号も全国的に大きな被害があったが、この地方にとっては突風と一時的な大雨はあったものの、停電と比較的軽い被害にとどまり幸いであった。
 しかし今年のように連続する災害は広域に大きな農作物への被害を生じ、物価上昇をもたらすことになる。さらに道路の寸断、電気・ガス・水道などの停滞に伴い産業・流通における影響が拡大することによって我が国の経済・景気動向まで左右することになる。北海道にも地元自動車産業の部品メーカーがあり、今後の動向が気になるところである。

岡崎市地域総合防災訓練

 そうした二つの自然災害に先立ち、9月2日(日)、本市において「平成30年度岡崎市地域総合防災訓練」が行われた。従前は乙川河川敷において全市一体で行われていたが、このところは各地域において、より実戦的な訓練として個別で行われている。本年も各学区において多くの市民の協力を得て無事に防災訓練が行われたことを御礼申し上げると共に御報告致します。

岡崎市地域総合防災訓練

岡崎市地域総合防災訓練


平成30年度岡崎市地域総合防災訓練 各学区での市長挨拶
 皆さん、おはようございます。市長の内田康宏であります。
 台風21号の接近が心配される中、本日は早朝から地域総合防災訓練に多数のご参加を賜り、誠にありがとうございます。また、皆様方におかれましては、日頃から町内会ごとでの防災訓練の実施や、防災活動資機材の整備など、地域の防災力向上に対し多大なるご尽力を回り、厚く御礼申し上げます。
 さて、本年は岡崎市で発生した「平成20年8月末豪雨」から10年が経ちました。2名の方の尊い命が奪われ、6戸の家屋が全壊、約3,400戸が床上・床下浸水するなど甚大な被害をこうむりました。
 本市では、この10年で河川改修や浸水警報装置を設置するなど様々なインフラを整備してまいりましたが、自然災害は時として想定外の事態も発生いたします。また、本日の訓練想定でもあります南海トラフ地震の発生時には、市内で死者100人、家屋の全壊焼失3,900棟という、甚大な被害が想定されています。
 行政といたしましても喫緊に対策を講じるところではありますが、実際に災害を迎えた時に備え、まずは
 「自分の身は自分で守る」(自助)
 「地域で助け合う」(共助)
 「地域と防災関係機関の連携の強化」
 これらの3点をテーマとして訓練に取り組んでいただきますようお願いいたします。
 それから西日本豪雨災害等の教訓として、昨今は災害のあり方が局地化の傾向があります。道路一本へだてて右側は大被害となっているのに、左側はほとんど被害が生じていないこともありました。
 県や市としては大枠の情報提供、避難勧告を行いますが、現地においてしか分からない状況というものがあります。あくまで最終は自分の目で見て適切な判断を下し、家族の命を守るための決断・行動をとっていただく心構えをお願い申し上げます。
 本日の訓練で、それぞれの学区の皆様の結びつきがより一層強固なものとなり、これまで以上に地域の防災力が向上しますことを祈念いたしまして、私からの挨拶とさせていただきます。
 本日は皆さんよろしくお願いいたします。

|

« 愛知教育大学同窓会三河地区会総会(2018年) | トップページ | ルーツ・オブ・カワイイ、内藤ルネ »

防災・消防」カテゴリの記事