« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月20日 (金)

平成30年度 岡崎市平和祈念式

Okazakiheiwakinenshiki201807191

 7月19日(木)、岡崎市民会館において「岡崎市平和祈念式」をとり行いました。当日の私の式辞を掲載します。


 本日は、岡崎市平和祈念式を挙行いたしましたところ、戦没者・戦災死者のご遺族の皆様、市民の皆様並びにご来賓の皆様方におかれましては、ご多用のなか多数のご参列を賜り、心からお礼申し上げます。
 初めに、このたび西日本を中心に発生しました平成30年7月豪雨においてお亡くなりになられた方々に対し、謹んで哀悼の意を表しますとともに、負傷された方々を始め被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。
 岡崎市では、消防隊員や保健師を被災地に派遣するなど救援活動を続けております。被災地の一日も早い復旧に向け、今後も支援を行ってまいります。

 第二次世界大戦の終戦から73年の歳月が過ぎようとし、戦争を直接知る世代が数少なくなる今日ですが、多くの方々が戦争の犠牲となりお亡くなりになりましたことは、未来永劫忘れてはならない深い悲しみの記録であります。
 ここに、日清・日露戦争から先の大戦において、祖国の安泰を願い、家族を案じつつ戦場に散り、あるいは戦禍に倒れられた方々、そして終戦間近い昭和20年7月20日未明の岡崎空襲による280名ほどの犠牲者を含む、多くの本市における戦没者及び戦災死者に対して謹んで哀悼の意を表します。また、最愛の肉親亡きあと、幾多の苦難を乗り越えてこられたご遺族のご心労は察するに余りあり、痛恨の思いを禁じ得ません。

 戦後本市は、先人のたゆまぬ努力により、みごとに復興を果たし、今月1日には市制施行102周年の日を迎えることができました。
 今後、県立愛知病院の本市への経営移管や、岡崎駅南地区への新総合病院の建設により、本市の医療体制はより充実したものとなります。さらに、乙川リバーフロント地区や東岡崎駅周辺地区の整備も着実に進んでおり、岡崎城から吹矢橋までの堤防道路などの整備により、多くの方の憩いの場を創出しているところです。
 38万7000人を越える市民の皆様が「そこに暮らすだけで健やかで幸せになれる健幸(けんこう)なまち」を目指して、私たちは今、一歩一歩、着実に歩みを進めております。
 しかし、その歩みは戦争によって心ならずも命を落とされた方々の犠牲の上に成り立っていることを、私たちは決して忘れてはなりません。
 悲惨な戦争の教訓を風化させることなく、平和の尊さを次の世代に語り継ぎ、二度とこうした悲劇を繰り返さないことが私たちに課せられた責務であると考えています。
 終わりにあたり、戦没者及び戦災死者の御霊の安らかならんことと、ご遺族並びにご列席の皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げ、式辞といたします。

平成30年7月19日
岡崎市長 内田康宏

Okazakiheiwakinenshiki201807192

Okazakiheiwakinenshiki201807193

|

2018年7月 1日 (日)

岡崎市制施行102周年記念式・市長式辞

岡崎市制施行102周年記念式

 市制施行102周年記念式を市民会館あおいホールにて挙行しました。
 本日、表彰の栄に浴された皆様には心からお祝いを申し上げます。また、御多忙のなか御参会頂いた皆様には厚く感謝申し上げます。
 岡崎市のホームページに掲載しました市長式辞を、ブログでも御紹介します。

 市制施行102周年記念式・市長式辞 (平成30年7月1日)


 皆様こんにちは。市長の内田康宏です。
 本日は、岡崎市制施行102周年の記念式を挙行いたしましたところ、ご来賓の皆様をはじめ、各界各層からのご出席を賜り、厚くお礼申し上げます。
 本市は、大正5年7月1日に、県下では3番目、全国では67番目に市制を施行してから着実に発展を遂げ、本日102周年を迎えることができました。市制施行当時約3万8千人であった人口は順調に増加し、現在では、10倍の38万7千人を超える中核市へと発展をとげており、全国に54ある中核市の中でも有数の健全財政を維持する都市となっております。これもひとえに、先人のたゆまぬ努力と、市議会をはじめ、市民の皆様方の格別なるご理解とご協力の賜物(たまもの)であると心より感謝を申し上げる次第であります。

 はじめに、6月中旬、本市にとりまして大変うれしいニュースが届きました。
 本市出身の中嶋一貴(なかじまかずき)氏が「世界三大自動車レース」の一つの「ルマン24時間耐久レース」で見事優勝されました。しかも、日本車による日本人ドライバーの優勝は初の快挙ということで、心からお祝い申し上げます。

中嶋一貴さん

 本市にとりましても大変誇らしいことであり、市民に明るい希望と活力を与えてくださいましたので、この度、最年少で「岡崎市民栄誉賞」を贈らせていただくことを決定いたしました。この「岡崎市民栄誉賞」は、各分野で輝かしい業績をあげ、広く市民に称賛され、明るい希望と活力をもたらしてくださった方を表彰する制度として、市制100周年を契機に創設したものでありまして、現在8名・1グループを表彰させていただいております。冒頭のビデオメッセージのとおり、本日も海外でのレースに参戦されているため、この場にお越しいただくことは叶いませんでしたが、改めて7月11日に岡崎市役所において表彰式を行う予定であります。モータースポーツ界の第一線で活躍されている中嶋選手には、今後ますますのご活躍を期待しております。

 さて、私が市政の舵取りを担わせていただいてから6年目を迎えております。この間、本市の経済の柱であります自動車産業を中心とした「ものづくり」に加え、本市独自の美しい自然と歴史的な文化資産を活かした「観光産業」に力を注いでまいりました。これは、純粋に「ふるさと・岡崎をより良いまちにしたい」という信念に基づくものでありまして、これまでに蒔いた事業の種が徐々に花を咲かせ、その成果を目で見て実感していただけるようになってまいりました。
 そこで、市民の皆様と市制施行102周年を祝うこの機会に、直近の事業、そして今後の事業の一端をご報告申し上げます。本日、皆様にお配りいたしました冊子の13ページ以降の「市政のあゆみ」と「これからの岡崎」を合わせてご覧ください。

 2月に開館いたしました額田センター「こもれびかん」は、額田支所、額田図書館、森の総合駅、ぬかた会館を集約した複合施設であります。ふんだんに使われた地元産のヒノキには特徴的な整った年輪が見られ、温暖な気候の中で育った本市の木材の素晴らしさをPRする役割も果たしております。すでに開館以来、多くの皆様に利用いただいておりまして、額田地域の新たなシンボルにふさわしい門出をいたしました。額田地域については、「旧ぬかた会館」をリニューアルし、来年4月には新たな「豊富学区 市民ホーム」を開館する予定で、現在、事業を進めております。

 3月には、東公園の恐竜モニュメントに新たな仲間が加わり、恐竜広場としてオープンしました。前回に引き続き、市民の方のご寄付によりまして、博物館レベルの精度の高い本格志向の新たな恐竜を見たり、触れたり、そして恐竜ベンチで写真を撮ったり、恐竜滑り台やトンネルで遊んだりと、子どもから大人まで楽しめる広場となりました。東公園は全国で唯一、無料でゾウを見ることのできる総合公園であります。これからも積極的に整備をしてまいりますので、ぜひご家族連れで遊びにきていただきたいと思います。

Dinosaur20188

Deainomoripark7

 本市の南の玄関口であるJR岡崎駅周辺では、土地区画整理事業をはじめとする様々な事業を進めております。本日の冊子の表紙にありますように、JR岡崎駅東口に「出会いの杜(もり)公園」が完成いたしました。
この公園は駅前でありながら多くの緑に囲まれており、市民の新たな憩いの場所になることが期待できます。イベント会場として活用することを想定し、電源設備等を備えておりますので、皆様には、是非、この空間を活用していただきまして、岡崎駅周辺に賑わいをもたらしていただければと思います。

 次に防災についてであります。先日、大阪北部の地震では、ブロック塀の倒壊により命を落とされた方をはじめ、多くの方々が被災されております。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災されました皆様には心からお見舞い申し上げます。本市におきましても、小中学校をはじめ、市の施設にあるブロック塀等の緊急点検を直ちに指示し、危険性のある塀等については、撤去するなど、安全対策を進めております。
 また、災害対策についても、今年度新たに「防災指導員制度」を創設いたしまして、推薦をいただいた各学区2名の方に、地域での防災講座の企画・運営や、地域で実施する防災訓練の運営支援などの活動を行っていただきます。さらに、6月から自衛官のOBを「防災官」として採用し、災害に強いまちづくりを進めているところであります。

岡崎幸田消防指令センター

 そして、市民の命を守る消防業務と、命の砦である病院でも新たな政策を進めております。3月には「岡崎幸田 消防指令センター」がオープンし、4月から業務を開始しております。近年、近隣市町と連携した広域的な災害対応が求められています。消防車両等を有効かつ合理的に運用し、災害による被害の軽減を図るため、最新鋭のシステムを活用し、万全の体制で市民の安全・安心の確保に努めてまいりたいと考えております。

 今年は岡崎市民病院が高隆寺町に移転開院してから20年が経過します。さらに、さかのぼりますと岡崎の地に病院が開設してから140年、そして、「市立岡崎病院」が開院されてから70年と節目の年を迎えております。
 また、「藤田保健衛生大学 岡崎医療センター」の建設工事が6月に始まり、本市の長年の課題でありました2次救急医療体制の整備にも目途が立ったところであります。2020年4月開院のあかつきには、本市の医療体制が大きく前進するものと期待しております。

藤田保健衛生大学 岡崎医療センター

Aichicancercenter201803311

 こうした状況の中、現在の医療圏の状況と今後の地域医療の在り方を見据え、がん医療の一層の充実と経営の効率化を図るため、愛知病院の経営を岡崎市に移管することになりました。これまで愛知病院が担ってきた、乳がんや肺がん、結核、感染症などの医療機能を、順次、岡崎市民病院へ移し、愛知病院では、主に急性期の症状を脱した亜急性期や在宅復帰支援を担うことになります。要するに、治療は終わったものの、すぐに家に戻れない方達の対応を行います。来年4月の経営移管を目指して現在、本市病院事業の目指す将来像を明らかにする「将来ビジョン」を策定するため、パブリックコメントを実施しております。
 2025年には、団塊の世代の方々が75歳以上に達し、医療や介護を必要とする高齢者が大幅に増加するなど、今やその対策が急務でありますので、今後も地域住民に信頼され期待される病院となるように努めてまいります。

 福祉の分野では、「友愛の家」が4月にリニューアルオープンいたしました。ここでは、障がいのあるかたや支援をされるかたが楽しみや生きがいをもって生活できるような講座やイベントなどを開催しています。施設内の「基幹相談 支援センター」では、地域の相談支援の中核的な役割を担っており、障がい者のさまざまな相談について、きめ細かく丁寧に対応しています。また、来館者同士の交流やくつろぎの場所として設けられた「交流スペース」は、地域と障がい者をつなぐ架け橋となっており、今後も「友愛の家」を拠点として市の福祉サービスの一層の向上を図ってまいります。

 続きまして、現在進めている事業を中心に、「これからの岡崎」についてであります。
 東岡崎駅周辺地区整備では、駅を利用する方の安全な歩行者動線の確保や乙川河川敷への回遊を促すためのペデストリアンデッキの工事が着々と進んでおりまして、先月の初めに駅前道路の上空に橋桁(はしげた)が架(か)かったところであります。
 このペデストリアンデッキの中央に設置する若き日の徳川家康公像は、いよいよブロンズ像と台座の制作に入ります。そして、先日、私が直接東京の德川記念財団へ赴き、德川第18代ご宗家德川恒孝(つねなり)氏にお会いし、銘板(めいばん)の揮毫(きごう)をお願いしましたところ、快く引き受けていただくことになりました。すでに多くの市民・法人の皆様から寄附という形で設置にご参加いただいておりますが、台座を含めると高さ9mを超える、まさに「日本一の騎馬像」が誕生いたしますのでご期待ください。
 デッキと直結される北東街区では、4月から工事が始まりました。乙川河畔という絶好のロケーションを活かしたホテルやカフェ、レストランなどの出店によりまして、東岡崎駅周辺で不足していると言われる「賑わい」と「憩いの空間」づくりを進めてまいります。
 これらの事業は、駅前広場、明大寺交通広場及び周辺道路の整備と合わせ、来年度の供用開始を目指しております。

 乙川リバーフロント地区の整備状況でありますが、昨年12月に吹矢橋公園の整備が終了したほか、岡崎城から吹矢橋までの堤防道路などの整備が進み、桜が満開の時には多くの方が新しいベンチでお花見をする姿や日常でもベンチで休憩される方の姿なども多く観られるようになりました。
 今年度は、夏まつり終了後に籠田公園の整備に取りかかるほか、秋にはいよいよ(仮称)乙川人道橋に橋桁をかける工事が始まります。この橋の名称と、橋から中央緑道、籠田公園を結ぶ区間の愛称の募集も予定しておりますので、ふるってご応募いただきますようお願い申し上げます。

 そして、この乙川リバーフロント地区で展開中の「QURUWA戦略」が、うれしいことに、この3月末に国の定める地方再生のモデル都市に選定されました。日本全国で32都市だけが選ばれまして、そのうちの一つが、我が岡崎市ということであります。
 モデル都市選定を受けますと、QURUWA戦略が、国のモデル事例として全国に発信されることになります。
 岡崎城・岡崎公園から乙川河川敷一帯で「岡崎の顔づくり」が進み、それが発信されることで、QURUWA戦略に掲げている公民連携プロジェクトへの民間事業者等の参画促進に繋がり、地域の稼ぐ力が、さらにアップすることが期待されます。

QURUWA戦略

QURUWA戦略

QURUWA戦略

QURUWA戦略

 さらに、今年度から3年間、本市の取り組みに対し、国から別枠で集中的な支援を受けることができ、今年度は12億円、3年で30億円ほどの交付金が受けられることとなりました。本来、岡崎市で分担する予定であった金額を、国庫補助で賄える部分ができたことによりまして、そこに充てるはずであった予算を、他の事業に回せるというメリットがあります。さらに民間主体の活動に対しても補助を受けることが可能となりますので、これによりまして、本市のまちづくりに一層拍車がかかるものと確信しております。
 ただ今本市では、「モノづくり」に続くもう一つの経済の柱として、観光産業都市 岡崎に向けた取組を着実に進めておりますが、その原点は住んでいる人が楽しく健康に暮らせるまちであります。そうしたまちでなければ外からお客様にも来ていただけないと考えております。
 そこで、市民の皆様の健康づくりを推進するため、昨年9月に「スマートウェルネスシティ首長研究会」に加盟し、更なる健康づくりの取り組みを始めたところであります。乙川リバーフロント地区整備などとも連携しながら、これまでの健康づくりから一歩進んで、「そこに暮らすだけで健やかで幸せになれる健幸(けんこう)なまち」を目指してまいります。

Ryuhoku201712

 次に、龍北総合運動場の整備についてであります。
 愛知県から移管された旧県営グラウンドは、今後「岡崎市龍北総合運動場」として整備を進めてまいります。スタンド付きで全天候型舗装の陸上競技場を中心として、野球場、テニスコート、多目的運動場、アーチェリー場等を改修するほか、本市初となる人工芝のサッカー・ラグビー場やジョギングコースの整備も行ってまいります。東京オリンピックが行われる2020年7月の供用開始を目指し、皆様に満足していただける施設として整備を進めてまいりますのでご期待ください。
 そして、また、ご要望の多い、家族で楽しめる市民プールにつきましても、現在、様々なかたちで検討しております。

 この他に進めている事業も順調に進んでおり、これから数年の内に全市的に手がけた事業が次々と実現を迎え、近い将来、間違いなく、本市の景観や人の流れも大きく変わってまいります。このように多くの事業を展開していく究極の目的は、岡崎の子ども達が自らのふるさとに対し、これまで以上に大きな愛情と誇りを持てる、そんな「夢ある新しい岡崎」を築きあげることであります。その目的のため、各議員の皆様や職員と共に、全力で取り組んでいるところでありますので、今後も引き続き、市民の皆様方のお力添えをお願い申し上げます。

 また、本格的な少子高齢化の時代を迎え、これからの日本は、まだしばらく元気な先輩の皆様と有能な女性の力の活用が不可欠であります。本年度は8年ぶりに女性部長が2名、女性課長が10名誕生し、岡崎市が率先して女性の活躍できる社会をリードしていく姿勢を示しておりますことをご報告申し上げておきます。
 さて、本日は、それぞれの分野で本市の発展に多大な貢献をされました皆様の表彰をさせていただきます。
 表彰の栄に浴されます皆様には、心からお祝いを申し上げますとともに、感謝の意を表する次第であります。どうか今後とも健康にご留意いただき、なお一層、本市の発展にご尽力、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
終わりに、市民各位並びに本日ご参会の皆様の、ご健勝ご多幸を心より祈念申し上げまして、式辞といたします。

平成30年7月1日
岡崎市長  内田 康宏

Okazaki100th201807012

Okazaki100th201807013

|

« 2018年6月 | トップページ