« 『リバ!』2018年3月号 | トップページ | 平成30年度当初予算案を発表しました »

2018年2月26日 (月)

平成30年 岡崎市交通安全・地域安全市民総決起大会

Kotsuanzen201802031

 2月3日(土)、中央総合公園武道館において「岡崎市交通安全・地域安全市民総決起大会」が開催されました。この大会には毎年、多くの市民の皆様、関係団体に参加頂いており、人命尊重と、交通安全・地域安全の確立を誓いました。
 以下は当日の私の挨拶です。


 本日ここに「平成30年 岡崎市交通安全・地域安全市民総決起大会」を開催しましたところ、ご来賓の皆様におかれましては、公私ともに御多忙の中ご臨席をいただきまして厚くお礼を申し上げます。また、ご参会の皆様には平素から岡崎市の「安全で安心な社会」の実現のために格別なご尽力を賜っておりますことを重ねてお礼申し上げます。
 そして、この式典におかれまして感謝状を受賞されます皆様方におかれましては、それぞれのお立場から本市の交通安全・地域安全のためにご尽力をいただき、そのご功績に対しまして心から敬意と感謝の意を表するものであります。今後におきましても、より一層のご活躍を期待申し上げます。

 さて、昨年市内では、11人の方々の尊い命が奪われました。また、近年全国的にみると、高齢者が交通事故死者の半数以上を占めております。本市といたしましては、高齢者が被害者にも加害者にもならないよう、「自転車や自動車のシミュレーター及び危険予測交通安全教室」などを開催し、交通安全意識の高揚を図ってまいります。
 本年も交通安全スローガンは「ストップ・ザ 交通事故 高めようモラル 守ろうルール」、
 サブスローガンは「広めよう 交通安全スリーエス運動」であります。
 ストップ、スロー、スマート、3つのエスを心がけてください。本年は特に、「横断歩道では歩行者優先」や「自転車の安全利用の促進」を重点的に、岡崎警察署や関係機関などと連携して呼びかけてまいります。

Kotsuanzen201802032_2

 また、今後とも地元地域の方々からの要望を踏まえ、交通安全施設対策も積極的に推進してまいります。交通事故の防止は、行政が率先して取り組むことはもちろんでありますが、市民の皆様方、一人一人が交通安全をより身近な問題して捉え、「事故はぜったいに起こさない」と強く意識して安全行動をしていただくことが何よりも大切なことであると考えております。

 次に犯罪抑止の関係であります。「犯罪にあわない、犯罪起こさせない、犯罪を見逃さない」ために、「防犯情報メールマガジン」や「ツイッター」での速報提供や注意呼びかけ、自主防犯活動団体の皆様へのご支援、防犯カメラ設置補助など、各種事業を推進してまいります。皆様方におかれましても、今後とも「地域の目」となっていただき、防犯活動のより一層のご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 「安全で安心な暮らし」は、岡崎市民の共通の願いであります。自ら安全に留意するとともに、地域で支え合い行政との連携を深め、「安全で安心な社会」の実現のため一層のご理解とご協力をお願い申し上げる次第であります。
 最後になりますが、本日この市民総決起大会にご参加いただきました皆様の益々のご活躍とご健勝を祈念いたしまして挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

|

« 『リバ!』2018年3月号 | トップページ | 平成30年度当初予算案を発表しました »