« 2018年 あけましておめでとうございます | トップページ | 「世界首長誓約/日本」プレ・フォーラム in 岡崎 »

2018年1月 5日 (金)

平成30年 仕事始め式

岡崎市役所

Okazakicityhall201801053

 1月4日(木)に本市は仕事始めを迎えました。仕事始め式において今年も「岡崎市職員行動理念」を唱和しました。以下は私の述べた挨拶です。


 皆さん、1月も4日目となりましたが、新年あけましておめでとうございます。平成30年の仕事始め式にあたりご挨拶を申し上げます。
 新年を迎え、今こうして職員の皆さんの元気な顔を拝見しまして、大変嬉しく感じております。これから始まる一年への期待に大きく胸が膨らむとともに、次々と実現してくる事業に対する評価に対し身の引き締まる思いであります。
 職員の皆さんもそれぞれに抱負を持って気持ちを新たにされていることと思います。

 さて、我が国を取り巻く地方都市の情勢は財政難や人口減少等、様々な問題が懸念されています。このような時代においては、公務員の意識改革が必要であり、皆さんには是非「気づき」の姿勢を持っていただきたいと思います。
 予算があるからといって漫然と前年を踏襲するのではなく、一つ一つの仕事の意義や目的を改めて考える必要があります。これまで当たり前に同じやり方で取り組んでいたことほど、視点を少し変えてみる。そうすることで新たな発見や課題が必ず見えてきます。
 こうした発想を持って、効率的で持続可能な行政経営を目指し、市民の皆様がより安心して豊かな生活を送ることができるまちづくりを進めていただきたいと思います。

 お正月休みによって身も心もリフレッシュされたところで、組織の目標や個人の目標をそれぞれ再確認し、まずは来年度に向けての残り3ヶ月でやるべきことを今一度しっかりと見定め、「夢ある新しい岡崎」の実現に向けて、ラストスパートしていただくことを期待しております。
 最後に、本年がこれまで以上に岡崎市と職員の皆さんお一人お一人にとって大きな飛躍の年となることを祈念し、年頭の挨拶といたします。本年もよろしくお願い致します。

岡崎セントラルアベニュー完成模型図

|

« 2018年 あけましておめでとうございます | トップページ | 「世界首長誓約/日本」プレ・フォーラム in 岡崎 »