« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月20日 (月)

『リバ!』2017年12月号

Reversible2017december960_2

内田康宏事務所からお知らせです。
『リバ!』2017年12月号が本日発行されました。
徒然市長日記は「日露戦争の地をゆく」です。

|

2017年11月15日 (水)

岡崎北高等学校創立110周年記念式

愛知県立岡崎北高等学校

 本年、岡崎北高等学校が創立110周年を迎え、11月9日(木)午後に記念式典が行われました。OBの一人である私も来賓として出席し、お祝いを申し上げましたので御報告致します。


 本日、愛知県立岡崎北高等学校創立110周年の記念式典が挙行されるに当たりまして、岡崎市を代表して、お祝いのご挨拶を申し上げます。
 ご案内のとおり、岡崎北高等学校は明治40年(1907年)に岡崎町立高等女学校として、ここ岡崎の地で開校されました。それから110年の長きにわたり、岡崎市民のみならず西三河地域に暮らす多くの方々の期待に応えながら順調に発展を遂げられ、今ではこの地域に欠くことのできない存在となっておられます。

岡崎町立高等女学校

(明治40年、随念寺を仮校舎として開校)

 また、「高い知性と豊かな情操、たくましい気力・体力の養成」を教育目標に掲げ、今までに数多くの優秀な人材を世に送り出してこられました。卒業生には岡崎市をはじめ西三河各地で、あるいは日本全国でご活躍をいただき、地域社会の発展に貢献をしていただいているところです。
 これもひとえに、歴代の校長先生をはじめ、教職員の皆様方の熱心なご指導と保護者、同窓会並びに地域の皆様の温かいご支援の賜(たまもの)と、心から敬意を表する次第であります。

 今日は久しぶりに懐かしい体育館の中に入りましたが、私が本校に在籍したのは昭和43年から昭和46年ですから、現在の生徒さんのご両親が生まれる前後のこととなります。しかし今も水泳部の活動の折にプールサイドから見たオレンジ色の夕日の鮮やかさは脳裏にしっかりと残っております。

内田康宏

(内田康宏、岡崎北高3年)

愛知県立岡崎北高等学校

 さて、この110年という長い年月の間に、私たちを取り巻く社会・経済・国際情勢はめまぐるしく変化を遂げています。しかしながら、将来の岡崎市を担うであろう生徒の皆さんの自信にあふれた、堂々とした姿を拝見いたしまして、これまでに諸先輩方から引き継がれた精神がいささかも変わることなく脈々と受け継がれていることを実感し、OBの一人としてもうれしく思っております。
 学校関係者の皆様におかれましては、どうか今後とも優れた教育、学校運営を続けていただきますようご期待を申し上げます。

 岡崎市におきましては市制の施行から101周年を迎え、今年は次の100年に向けて新たな一歩を踏み出す大変重要な年になります。これから数年の内に手がけた事業も次々と実現を迎え、本市の景観も人の流れも大きく変わってまいります。これからも私の究極の目的である、岡崎の子ども達が自らのふるさとに対し、これまで以上に大きな愛情と誇りを持てる、そんな「夢ある新しい岡崎」を目指し、全力で取り組んでまいりますので、今後とも一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 最後になりましたが、愛知県立岡崎北高等学校が創立110周年を契機としてさらに発展されますこと、並びに生徒の皆さんの輝かしい未来と、本日、ご参会の皆様方のご健勝を祈念いたしましてお祝いの言葉といたします。

平成29年11月9日
岡崎市長 内田康宏

愛知県立岡崎北高等学校

|

2017年11月10日 (金)

平成29年度 国道301号・473号合同要望会

国道301号・473号合同要望会

 10月17日(火)、毎年恒例となっている国道301号並びに473号の県への要望活動が愛知県庁で行われました。豊田市、蒲郡市、新城市、本市の4市合同で要望書を提出しました。当日私が申し上げた要望の内容を御報告します。


 皆さまこんにちは。国道473号整備促進協議会の会長を務めております、岡崎市長の内田康宏です。
 本日は河野建設部長をはじめ、愛知県幹部の皆様方、並びに県議会議会の皆様方におかれましては大変お忙しいなか多数のご臨席を賜り心より御礼申し上げます。
 日頃は、愛知県におかれましては、道路、河川をはじめとする都市基盤整備の推進にご理解とご尽力を賜り深く感謝申し上げます。また、豊田市、蒲郡市、新城市の皆さまにおかれましても、日頃より協議会の活動と事業促進にご尽力いただき誠にありがとうございます。

Route301and473201710171

国道473号
 国道473号は、蒲郡市の国道23号の接続点を起点とし、岡崎市の東部地区、額田地区及び豊田市の下山地区を南北に縦貫し、静岡県牧之原市の国道150号に至る、総延長約260キロの道路です。
 この協議会の圏域においては、南から名豊道路、国道1号、新東名高速道路、国道301号、国道420号などの東西幹線道路と接続する南北幹線道路であり、三河の山と海とを結び、圏域での生活や産業活動を支える地域間交流道路として重要な路線であります。
 また、新たな日本の大動脈である新東名高速道路とは、岡崎東インターチェンジにより唯一のアクセス機能を有しており、国道473号や国道301号による道路ネットワーク網の形成は、わが国における、ものづくり産業の中心であるこの地域において、地域の産業活動を支える都市基盤として大変重要な役割を担うものと考えております。
 国道473号は、この地域におきましては蒲郡港から三河山間部を結ぶ地域間交流道路として、三河圏域の住民生活や産業活動を支え、蒲郡市から新東名高速道路へ物資を運ぶルートとしても機能する重要な幹線路線となっており、今後さらなる交通量の増加が見込まれるところです。また、この路線は第二次緊急輸送道路に指定されており、災害時の緊急輸送ルートとして安全・安心を支える大きな役割を担っている道路です。

 3市それぞれの具体的な要望事項は以下のとおりであります。

1.蒲郡市
「蒲郡市から国道1号までのバイパス計画について、ルートの決定促進を要望いたします。」

2.岡崎市
「岡崎市夏山町及び桜形町の視距(しきょ)改良の整備を要望いたします。」

3.豊田市
「豊田市和合町から神殿町における道路改良事業の促進を要望いたします。」

Route301and473201710172

Route301and473201710173

 ご承知のとおり、この路線は各所で順次、整備・改良を進めていただいていることから、住民の生活向上や自動車をはじめとする産業活動に、大きく影響を与えているところであります。要望をさせていただいております、蒲郡市から国道1号まで至る区間において、新たなバイパスがつながることにより、岡崎市はもとより岡崎東インターチェンジを利用する大きな圏域から蒲郡港周辺の観光地へのアクセス性の向上が見込まれます。
 また、本市の東の玄関口に位置する本宿駅周辺にて計画しております、広域観光交流拠点完成の暁(あかつき)には、新たな観光ルートが形成され、三河地域への来訪客の増加による、地域の活性化に大きくつながっていくと考えております。
 岡崎市内及び豊田市内における見通しの悪い急カーブや狭隘箇所、車両とのすれちがいが困難といった箇所の整備が進められることで、中山間地域にある多くの観光地へのアクセス性が高まり、観光拠点を活かしたまちづくりが推進することと期待しております。「観光産業都市」を目指す本市はもとより、日本の成長をリードする本県にとりましても不可欠な路線であると思いますので是非ともよろしくお願いいたします。

国道301号
 国道301号は、広域的な幹線道路であるとともに、地域住民の生活に密着した道路でもあります。本市における区間は豊田市との市境を沿うように道が走っており、最近では大型車両の通行が著しく増加しております。
 しかし、切山町の一部では未だ幅員が狭く、車両のすれ違いが困難な箇所があり、歩道も設置されていない状況にあります。この地域における国道301号は住民の生活道路でもあり、一部は通学バスの運行経路に指定されていることから、安全の確保が急務となっております。

Route301and473201710174

 現在、県ご当局には順次拡幅整備を進めていただいておりますが、事業中の区間の早期完成について改めて要望いたします。
 301号は緊急輸送走路に指定されていることから、災害時には広域的な応急対策活動に対応できるよう、また、市域を越えた交流と地域連携を支援する、広域的なネットワーク確保のためにも一層の整備促進が図られますようお願い申し上げます。

 最後になりますが、県ご当局におかれましては厳しい財源状況とは思いますが、この地域の経済活動の維持・発展と市民生活向上のため、国道473号並びに国道301号の役割を十分ご理解頂きまして、一層の整備促進が図られますよう要望させていただくものでございます。また、本日ご臨席いただいております県議会議員の皆様方におかれましても、この事業の促進に対しましてご支援を賜りますようお願い申し上げます。


平成25年度 国道301号・473号合同要望会 (2014.02.18)

平成27年度 国道301号・473号合同要望会 (2015.11.01)

|

2017年11月 6日 (月)

ハッピーハロウィンりぶら2017

ハッピーハロウィンりぶら2017

 台風22号の接近する中ではありましたが、10月29日(日)、予定通り「ハッピーハロウィンりぶら2017」がとり行われました。
 ハロウィンというアメリカのお祭りがここ数年の内に全国に広まり受け入れられている様子を見るにつけ、〝人間の変身願望〟という言葉を改めて考えさせられます。
 私も今年は念願のダース・ベイダーのいとこ、ヤス・ベイダーとして登場できました。(去年第1回の魔法使いはサエなかった。)
 これからも市民の皆様と共に楽しめる行事として育てて行きますのでよろしくお願い致します。

Happyhalloweenlibra201710291_2

Happyhalloweenlibra201710293

Happyhalloweenlibra201710294

―午前の挨拶―
『皆さんこんにちは。ダース・ベイダーのいとこのヤス・ベイダーです。
「ワルザえもんとオカザえもんみたい」ですって?
 ワルザえもんはオカザえもんのハトコです。
 今、岡崎市長と紹介されましたが、それは世を忍ぶ仮の姿、本当は闇の戦士ヤス・ベイダーです。よろしく。
 外はあいにくの台風となりましたが、それにもかかわらず本日は多くの皆さんに「ハッピーハロウィンりぶら」にご来場頂きまして誠にありがとうございます。またこの催しにあたり、多数のボランティアの方々に御協力を賜り心から感謝申し上げます。
 今年は子供や親子向けの「デイタイム」に加え、高校生以上の大人を対象とした「ナイトタイム」も開催の予定でしたが、夜の部は台風のため中止となりそうです。(行われました。)
 今おいでの皆様はハロウィンのダークサイドを思う存分楽しんで下さい。ありがとうございました。それでは始まります。』

Happyhalloweenlibra201710292

(市長室にて)

|

2017年11月 1日 (水)

岡崎市上空より(スカイパトロール)

Helicopter201710041

 10月4日(水)、煙と同様に高い所にのぼることの好きな私は、2年ぶりに「不法投棄監視スカイパトロール」のヘリコプターに同乗する機会を得ました。いつもより小型のヘリであったため助手席に座ることができました。この事業は、近年山間地に不法投棄をする事件が増加していることを受け、平成25年(2013年)から岡崎市が単独で年2回実施しているものです。(→前回のブログ「空から考える岡崎・額田の未来」)。

 上空からの廃棄物監視では、開発地域内での不法投棄や工場敷地内での多量保管など大規模事案は見当たりませんでした。
 この監視の機会を利用して、今回は、藤田学園の大学病院建設予定地など、上空から撮った写真のみを掲載させて頂きました。空から見た岡崎を楽しんで下さい。

Helicopter2017100411

Helicopter201710049

ヘリコプターにも成田山のお守りはあります

Helicopter201710043

「藤田保健衛生大学 岡崎医療センター」建設予定地

Helicopter201710046

岡崎市の中心市街地

Helicopter201710044

整備中の「トヨタ自動車新研究開発施設」(テストコース含む)

Helicopter201710045

整備中の「トヨタ自動車テストコース」

Helicopter201710042

花園工業団地(恵田町、真福寺町)

Helicopter201710047

滝山寺と岡崎市立常磐中学校

Helicopter201710048

東公園の恐竜モニュメント(来年2月に仲間が増えます!)

Helicopter2017100410

岡崎公園、りぶら

|

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »