« 平成29年 あけましておめでとうございます | トップページ | 平成29年 仕事始め式 »

2017年1月 4日 (水)

三匹のウチのネコ

 かつて我が家には七匹の猫達が生息していた。
 別にネコ好きの趣味があった訳ではなく、「もう拾ってくるな!」と言っても子供達が次々と子ネコを連れて帰ってきた結果、七匹となってしまったのである。また、ようやく安住の地を見つけ、エサにありついてホッとしている子ネコ達を再び路頭に迷わせる気にもなれず、そのままにしてきた私の優柔不断のせいでもある。
 そのネコ達も、老衰や病死、ネコ同士の折り合いの悪さでケンカして出て行ってしまったりで、現在の三匹(プースケ、ピー子、トラオ)に落ち着いた次第である。

プースケ、ピー子

トラオ

 同じ時期に拾われて家に来たネコ達ではあるが、そのネコ達にも相性の良し悪しがあり、ピー子とプースケは兄弟でもあり、一緒にいることが多いが、長じてからは親の違うトラオをのけ者にしてイジメるため、家の中でも騒動が絶えない。
 私が家にいる時は「マア、マア」と間に入って取りなしをするが、誰もいない時はネコ同士で随分ハデなケンカをするらしくて、鼻ヅラに引っかきキズがあったり、背中にネコの折れヅメがささっていたこともある。ネコ共を前にして「お前達は小さい時から一緒に育ってきたのにどうして仲良くできないんだ」などと説教しても全く効果はないようだ。
 どうしても仲間はずれにされているトラオをかわいがることが多くなるため、それも他の二匹には気に入らないところかもしれない。
 長らくネコの多頭飼いが続いたせいか、我が家の天井裏からはネズミが一掃されてしまったようである。かつては時折ネズミの鳴き声や天井裏運動会の音がしたこともあったが、別にネズミを獲ってくる訳でもないのに自然と静やかな天井となったことはネコ達の効用であろう。

 これまで我が家のネコ事情をたびたび文章にしてきたため、私のことをネコ派だと思っている人が多く、「〝ネコ部〟に入りませんか?」と声が掛かることもある。しかし本籍はバリバリのイヌ派である。何度も書いたことであるが、まだオムツのとれない頃から犬小屋で犬に添い寝をしてもらっていた口である。
 幼少の頃は、母親が結婚した時に連れて来たティムという大きな秋田犬の雑種犬(メス)が友人であり、母親替わりであった。ちょうどピーターパンの話に出てくる「ナナ」というセントバーナード犬のようであった。

Dogmayortim3

ティム、内田康宏(昭和28年撮影)

ティム、内田康宏(昭和28年撮影)

 帰宅時に私を犬小屋から引っ張り出して、犬の唾液でベトベトの私の体をフロ場の残り湯で洗うのが母親の日課の一つであったという。そのせいか、今も犬と一緒に寝ることが好きであるし、犬の臭いは全く気にならないばかりか、却って安心感さえ覚えるほどである。

 しかし今飼っている犬のアミは、どういう訳か毎日エサをやってかわいがっているにもかかわらず、私にだけヨソヨソしい。家族の一員として迎えて3年も経つのに隣のオジさんに対するような態度である。これまで何匹も犬を飼ってきたがこんなことは初めてである。

アミ

 ウチのネコについて、もう一つ付け加えるとすると、総じてオスネコは人間の女の人の方を好むし、メスネコは人間の男にかまわれる方を好むようである。
 二匹の気まぐれなオスネコ達(プースケとトラオ)は、私がなでてやっても「なんだお前か?」という顔をしているが、女房や娘が抱っこするとウットリした顔をしておとなしくしている。ただ私がフロ上がりなどにパジャマで横になってテレビを観ていると、突然、腹の上に上がってくることがある。人のことを暖房器具とでも思っているようだ。
 逆にメスネコのピー子は、ふだんから人に抱かれることを嫌う。自由志向の強いネコなのに、たまに私が抱っこしてやると、腕が大きくて体が安定し暖かいせいかしばらくおとなしく抱かれていることがある。そんな時、近くを通りかかった娘が「この男好きめ!」と言って、いまいましそうにピー子のお尻をピシャッと叩いていったりするのも面白い光景である。

 先輩のネコ達がいなくなって「ワシらが大将」とばかりに態度のデカくなった三匹のネコ達であるが、彼らももう6歳(人の40歳くらい)である。
 彼らとも長くてあと10年くらいの付き合いであろうが、できる限り家族として大切にしてやるつもりである。犬猫も、10年近く一緒に生活していると「ひょっとすると、こいつら人の言葉を分かっているのではないか?」と思えるほどの親密さを表現してくることがある。
 私はよく女房に「お前がいなくても生きていけるが、犬猫のいない生活は耐えられないな」とニクまれ口を叩いている。もっとも先方とて同様のようである。

|

« 平成29年 あけましておめでとうございます | トップページ | 平成29年 仕事始め式 »

内田家の犬と猫」カテゴリの記事