« 三匹のウチのネコ | トップページ | 若き家康公像の制作に思う »

2017年1月 8日 (日)

平成29年 仕事始め式

平成29年 仕事始め式

 1月4日(水)、平成29年の「仕事始め式」を福祉会館大ホールにて行いました。市制施行100周年という大きな節目を迎えるにあたって昨年策定した、「岡崎市職員行動理念」を唱和しました。以下は私の述べた挨拶です。

―挨拶―
 皆さん、あけましておめでとうございます。平成29年の仕事始め式にあたり、御挨拶を申し上げます。
 新年を迎え、これから始まる一年への期待とともに身の引き締まる思いであります。職員の皆さんも、それぞれの抱負に向けて気持ちを新たにされていることと思います。
 昨年の市長選挙では、多くの市民の皆様からご支持をいただき、二期目の市政運営を担うこととなりました。これまで蒔いた事業の「種(タネ)」が地上に芽を出し、花を咲かせ、直に成果を感じていただけるようになる、その新たな一歩となる年として全力で取り組んでいく決意であります。

 さて、昨年から継続する市制100周年記念事業は、小学校区ごとの歴史や自然、地域自慢をまとめ、地域の宝を次代へ引き継ぐ「岡崎まちものがたり」や、次代を担う子ども達を対象に運動教室などを開催する「HOPEプロジェクト」など、いよいよラストスパートに差し掛かっています。
 また4月には、発達に心配のある子どもの相談、医療、支援を総合的に提供し、健やかな発達をサポートしていく複合施設として「こども発達センター」がオープンします。保健・医療・福祉・教育機関のネットワークを構築して切れ目のない支援体制が整うこととなります。
 さらに、乙川リバーフロント地区と一体的に整備を進めている東岡崎駅北東街区では、平成30年度末の完成を目指し、駅前広場や明大寺交通広場、周辺道路とともに駅と乙川をつなぐペデストリアンデッキの整備を進めていきます。そして、それらの空間を活用して様々な活性化事業を行います。

東岡崎駅北東街区有効活用事業

東岡崎駅北東街区

 こうした事業を着実に実行し、さらに福祉や医療、防災や教育といった基本施策の充実には引き続きしっかりと取り組んでいき、将来、私たちの子どもや孫に対し「今の岡崎は私達が作ったんだよ」と自慢できる仕事を共に成し遂げてまいりましょう。そのために、更なる自己研鑽を重ね、全力で職務にあたっていただくことを期待します。

 最後になりましたが、本年がこれまで以上に岡崎市と職員の皆様お一人お一人にとって飛躍の年となることを祈念し、年頭の挨拶といたします。本年もよろしくお願いいたします。

|

« 三匹のウチのネコ | トップページ | 若き家康公像の制作に思う »