« 連合愛知三河中地協・要望書提出懇談会(2016年) | トップページ | 「内田やすひろ出陣式」を開催します »

2016年10月 8日 (土)

平成28年 岡崎泰平の祈り

岡崎泰平の祈り

 昨年に続き、第2回となる「岡崎泰平の祈り」が今年も乙川河畔にて行われた。
 昨年の第1回目は「家康公四百年祭」を意識して12月26日の家康公の生誕日に行われたが、当初から天候が心配であった。幸い好天と暖冬に救われて成功裏に終わったが、雪の日であったり冬風の寒い日であったりしたら散々な結果になっていたかもしれない。
 そうした私達の心配を見通したかのように、今回、主体となって取り組んで頂くことになった岡崎青年会議所の皆さんが各種条件を考慮の上、陽の傾きが早くなりかける9月24日という新たな日取りを決めてくれたのである。

Taiheinoinori201609242940

Taiheinoinori201609244

 今回はこれまでの岡崎活性化本部に加え、さらに多くの皆様の協力が得られ、何より岡崎市内の7つの大学・短大の学生さん達が学園祭と併せて協力して頂けたことが大きな力となっている。改めて御協力頂いた皆様には心から感謝申し上げたい。
 「いのり星」を使ったイベントは全国で何度も行われているが、いつも、ある程度の量がなくなっている。ところが昨年の泰平の祈りでは3万個のLEDボールが一つも欠けることなく全部回収され、岡崎市と岡崎市民に対する関係者の信頼がたいへん高いものになっている。

―挨拶―
『皆様、こんばんは。岡崎市長の内田康宏です。
 本日は「岡崎泰平の祈り」へお越し頂き、ありがとうございます。この「泰平の祈り」は、本市が進めております乙川リバーフロント計画の一環として、昨年に引き続き実施する中部地方最大級の光の祭典であります。
 今回は、地元関係団体の皆様をはじめ岡崎生年会議所の皆さんや、市内7大学の学生さん、さらには岡崎活性化本部など多くの民間の皆さんが主体となって取り組んで頂いております。すでに河川敷では合同の大学祭や、市内外の事業者の皆様のご協力によります、乙川ナイトマーケットが開催されております。イベントの実施にあたり、ご尽力頂きました多くの方に改めて感謝と敬意を申し上げます。
 さて、この後、乙川は3万個のLEDボールによって幻想的な空間へと彩られてまいります。私も岡崎の輝かしい未来を願いながら、この後「いのり星」を放流したいと思います。皆様も秋の夜長のひと時を青く輝く乙川を眺めながらごゆっくりとお過ごし頂きたいと思います。
 終わりに市制施行100周年というこの節目の時に、泰平の世を作り上げた徳川家康公生誕の岡崎城のもと、多くの皆さんとともに「岡崎泰平の祈り」が開催できますことに改めて感謝を申し上げまして私からの挨拶とさせて頂きます。
 ありがとうございました。』

岡崎泰平の祈り

乙川ナイトマーケット

|

« 連合愛知三河中地協・要望書提出懇談会(2016年) | トップページ | 「内田やすひろ出陣式」を開催します »