« 平成28年6月議会 その3(一般質問答弁・後編) | トップページ | 「リノベーションまちづくり・家守の会」始まる »

2016年6月26日 (日)

平成28年6月議会 その4(閉会の挨拶)

 6月24日(金)をもちまして6月定例会は無事終了いたしました。最終日に私が申し上げた閉会の挨拶は以下のとおりであります。


 市制施行100年の節目である7月1日まで、いよいよあと1週間に迫ってまいりました。100年の区切りとなる、市議会6月定例会の最終日をこうして迎えられましたことについて、まずもってお礼申し上げます。
 このたび提案をいたしました議案につきましては、慎重なご審議を賜りご議決を頂きまして誠にありがとうございました。決定されました議案につきましては、厳正・公正な執行に努めてまいる所存であります。

新世紀岡崎飛躍祭・オープニングセレモニー(2016年4月1日)

 これまでの市政運営は、以前にも申し上げましたが、「天の時、地の利、人の和」にも恵まれ、比較的順調に進展しているところであります。これも議員各位が一つ一つの施策に対して十分なご理解と適切なご判断をして頂いたお陰と改めて感謝申し上げます。
 提案説明でも触れましたように、本市のまちづくり事業が昨年の「かわまちづくり」に続き、「歴史まちづくり」の事業認定を受けたところでありますが、新たに優れたまちづくりに取り組む地区に贈られる「まち交大賞」の「まちづくりシナリオ賞」にも選ばれました。来月7月5日に東京で行われる授賞式に出席してまいります。

 このように第三者の目からも評価されたことは、たとえようもない喜びであります。こうした認定や受賞は単なる栄誉としてだけではなく、今後の国との交渉、特に補助金を申請する際の絶好の交渉材料となるとともに、県からの協力を得るための大きな力となります。
 そして、市政運営を順調に進めるためには、事業に対する国・県からの支援をいかに多く獲得することができるかが重要な仕事の一つとなります。同時に市長としての腕の見せどころでもあります。

歴史的風致維持向上計画認定式(2016年5月19日)

 もちろん、たくさんの補助金を頂けたからと言って、特定の事業に対する補助金を目的外に使用することは法的に認められておりません。そうした基本的な仕組みを分かっていない議員がいることは誠に残念なことであります。
 さらに、具体的な補助金の使途(しと)につきましては、予算及び決算の審議の中で議会の皆様のご承認を頂き、その正当性をお示ししているところであります。
 私は、こうした事務的な側面まで、市民の皆様に正確にお伝えしようと思い、都合300回になる講演会、説明会、対話集会などを通じて、分かりやすい言葉で丁寧に説明するよう心掛けているところであります。しかもこれは義務でなく、あくまで私の政策として行っていることであります。
 今後とも引き続き、市民の皆様への説明をしっかりと行ってまいりますが、どうか議員の皆様におかれましても、私と同じく市民の皆様のより広範なる理解を深めるため、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 終わりに、議員の皆様におかれましては、ますますご自愛の上、市政進展のためにご尽力頂きますよう重ねてお願い申し上げ、挨拶とさせて頂きます。ありがとうございました。


平成28年6月議会 その1(市長提案説明) (2016.06.14)

平成28年6月議会 その2(一般質問答弁・前編) (2016.06.20)

平成28年6月議会 その3(一般質問答弁・後編) (2016.06.23)

|

« 平成28年6月議会 その3(一般質問答弁・後編) | トップページ | 「リノベーションまちづくり・家守の会」始まる »

岡崎市議会」カテゴリの記事