« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月28日 (土)

能見で能を見る

「羽衣」観世流・近藤幸江

 最初に「能見で能を見る会」のことを紹介された時、誰かがダジャレか軽いジョークとして言っているのかと思ったものである。ところが能見町という町名そのものが、かつてこの地で能や狂言、猿楽などが愛好され、盛んに演じられていたという伝説に基づくものであることが分かった。
 その歴史というのも半端なものではなく、時代を遡ること12世紀のこととなる。ちょうど、平安時代から鎌倉時代にかけて、現在の岡崎城の外堀の一帯で矢作の兼高長者が月に6回ほど能や狂言を催したことから、この辺りが「能見村」と名付けられたことに由来するというのである。
 そうした歴史と伝統があるせいか、岡崎には今も能を愛好し、自らも演じる同好会などが存在する。古(いにしえ)の芸と伝統を愛する方達の情熱と、岡崎市制100周年の記念事業である「新世紀岡崎チャレンジ100」(市民のアイデアと活動を支援する活性化事業)が合体して、今回の事業の実現に至ったのである。

能見神明宮で「能を見る」会

 驚くべきことは、こうした一地方の記念事業としての催しに対し、シテ役の近藤幸江さんを始めとして人間国宝となられた方々が5人も参加して頂いているという事実である。古くから能を愛好した土地であり、能見と名付けられた歴史的経緯があること、今も能を愛好する地元の方達の情熱がそうした最高のプロフェッショナルの心を打ち、共鳴したからではないかと思っている。

 そして今回何よりも驚いているのは、夜、能見の神明さんの境内に2000人あまりの人々が集まったことと、私自身の心境の変化である。「地元でやることだからぜひ来てくれ」という話を受け、忙しいなか無理して出かけたのである。こんなに近くで能を鑑賞することは初のことではあったが、古典芸能について造詣が深いわけでもないため当初は「仕方なしに」という気分であった。
 ところが、挨拶をする都合上いちばん前の席に座らされてから、能の舞台が始まるとともに、その幽玄の世界にたちまち引き込まれてしまった。
 枯れ木のようなたたずまいの(失礼)高齢の方の小鼓の軽い拍子の音、重なるように打たれる鼓の軽快で腹に届く響き、一瞬、場の空気を切り裂くような横笛の高音の鮮烈さ、そうした音の饗宴と対峙する舞の静寂。舞手が高齢者だから動きがスローモーという訳では決してなく、ほんのわずかな挙措動作や顔の傾きに映える光と影の推移の中で、情景描写がなされてゆく。フト我に返り、日本の古(いにしえ)の伝統美の世界に取り込まれている自分を発見して驚いたものである。伝統芸能の力、本物の魅力、そしてそうしたものに共感してしまう自分の心の動き、そうしたことに対して新たな発見があった。

 演じられていたのは「羽衣」という比較的ポピュラーな演目であったが、セリフが古語であるためすべての言葉の意を正確にとらえられたとは言い難かった。
 しかし張りつめられた空気の中、演者の魂が観る者達の体にしみこんでくるような感じがしたものである。舞台の左右にしつらえたかがり火の木のはじける音がより臨場感を高めてくれた。そうした中、静と動の微妙なつながりの舞を見ていると、まるで一つの宗教儀式に参加しているような感慨もわいた。「退屈な時をがまんすることになる」どころか、時間はたちまち過ぎ、異次元の空間のとりこになっている自分を見る〝観劇〟ともなった。

 主催者ならびに地元の方々は、この行事を毎年恒例の催しとして再興してゆく心づもりのようである。

能見神明宮大祭(2016年5月8日)

 同時に行われた神明さんの大祭で町中を練り歩いた、伝統のある山車も含め、本市にある数多くの歴史的文化遺産を活用して、なんとか「モノづくり」に次ぐ経済の柱としての「観光産業」を岡崎に確立したいものだと思っている。
 そうした意味からも今回のような地元主導で始まった、能を活かした取り組みには大いに期待するものである。

|

2016年5月23日 (月)

『リバ!』2016年6月号

Reversible20166

内田康宏事務所からお知らせです。
『リバ!』2016年6月号が発行されました。
市長のコラムは「第25回湿地サミットin岡崎(北山湿地)」です。

|

2016年5月18日 (水)

六供浄水塔ギャラリーの夢

六供配水場配水塔

 岡崎市内の中央部にある甲山(かぶとやま)の北側の頂(いただき)に六供浄水場はある。平成23年度に浄水場としての機能を廃止したことから、現在、正式には「六供配水場」と呼称される。
 この施設は昭和9年(1934年)に建設されたものであり、当時の地方都市にあってはモダンな西洋風の建物であった。中でも端に立つツタの絡まる配水塔の姿はヨーロッパの古城をほうふつとさせる風格さえある。近在で育った我等かつてのワンパク坊主どもにとっては、昔日の面影を今日に伝える懐かしい建物の一つであり、市の景観重要建造物指定第2号でもある(第1号は岡崎城)。

 当時まだ珍しい鉄筋コンクリート製の建物であったこの配水塔も、さすがに80年を超える使用による老朽化は免れることはできず、配水池施設は現在一部改築工事中である。古く巨大な貯水槽が撤去され、その跡地には災害対策用の給水設備と災害時の避難スペースを兼ねた利用計画が立てられている。

Rokku201605186_6

岡崎市・六供配水場の平面図

 このエリアは、かねてより地元の愛宕学区から、憩いの広場として使用できる公園として開放してほしいという要望が出されていた。上下水道局としては、将来施設を更新する際に、現在の施設のある場所と広場の予定地を交換使用する予定としている。
 とは言うものの、私としては何とか地元の要望に沿った形での土地利用ができないかと思っている。地元では、さらに配水塔のまわりにおしゃれなカフェ・レストランでも造ってほしいという声もある。確かに、岡崎の中央部の高台に位置する施設であり、眼下に広がる市街地の眺望を考え合わせれば、その利用価値には大きな可能性がある。

 そんな思いを胸にしながら、先般3月29日、施設見学に出かけてきた。私は近くにある愛隣幼稚園に通っていたため、この辺りは昔から見慣れた風景であり、子供の頃から何度も遊びや写生で訪れた場所でもある。ところが何と塔の中に入って屋上に登るのは今回が初のことであった。

Rokku201605187

Rokku201605183

Rokku201605188

Rokku201605185

 直径12.8メートル、高さ17.2メートルの配水塔の屋上からは、中心市街地が東西南北、それぞれに見渡すことができる。屋上へは、塔の外側に併設された長方形の建造物内にしつらえたコンクリート製のジグザグ階段で上がる。途中ガラス窓から塔内の水槽の様子をうかがうことができる。屋上からの展望は岡崎の新たな魅力の一つともなるだろう。
 現在、乙川リバーフロント計画として整備しているのは籠田公園周辺までであるが、10月に改修工事の終わる市民会館と六供地区の古い街並み、そして坂道を登りつめた所に位置する配水塔と同時代に造られた旧ポンプ棟などの施設は、うまく活用すれば次の段階のまちづくりの新たなテーマを形成する重要な要素(ランドマーク)になるものと考えている。

ソロモン・R・グッゲンハイム美術館

 建物の規模と様式は異なっているが、ニューヨーク市のセントラル・パーク東側の5番街に面した一角に、アメリカが誇る建築家フランク・ロイド・ライトの設計によるグッゲンハイム美術館がある。上層部が斜めにひしゃげた円筒形のユニークな建造物であり、内部はらせん状のゆるやかなスロープ構造で、中央は吹き抜け状となっている。奇抜なデザインすぎてニューヨーク市からの建設許可がなかなか下りず、そのため建築が遅れたといういわくつきの美術館でもある。つまりは、この美術館そのものが近代芸術なのである。
 来訪者はエレベーターで最上階まで上がりスロープを歩いて下りながら、壁面に飾られた近代美術絵画を鑑賞することになる(もちろん下から登ってゆくこともできる)。これならは車イスの人でも楽である。

ソロモン・R・グッゲンハイム美術館

 かたつむりの殻のようなこの斬新な形状の建物が出来たのは、1959年と意外に古い。かつて1970年代半ばにニューヨーク大学のALI(American Language Institute)に在籍していた私はヒマな時によく一人でこの美術館を訪れていた。当時モネの特別展が行われており、人のいない時に長イスに横になって睡蓮の絵をあかず眺めていたことを懐かしく思い出すものである。

 よけいなことを長く書いてしまったが、将来六供の配水塔が使用されなくなった時に内部を改修して美術作品のギャラリーとして使えないかと思っている。その時のモデルとなるのがソロモン・R・グッゲンハイム美術館であり、らせん状のスロープを内側に設置することで、建物の耐震補強を兼ねさせたいと考えるものである。(エレベーターは中央に設置する。)
 まだ配水塔は使用中であるし、議会に正式に相談した訳でもないため確定的な話ではないが、一つのプランとして考えてみる価値はあるものと思う。配水塔はグッゲンハイムほどのスペースはないため、「六供浄水塔ギャラリー」とでも名付け市民作家の発表の場などとして使って頂いたらどうかと考えている。そしてその際には旧ポンプ棟の古風な建物も、カフェ・レストランとして改装することで相乗効果が得られるだろう。

Rokku201605182

 なにも公営でやる必要はない。こうしたことのノウハウは民間の方が長けているから、岡崎市は用地と施設を提供してコンペによる民活の力により運営する方が理にかなっているものと思う。
 いずれにしても、こうした利用価値の高い伝統的な施設や歴史の重さを感じさせる景観がたくさん残っている岡崎は素晴らしい所であり、今後もそうしたふるさとの遺産を一つ一つ大切に有効活用してゆきたいものである。

追記
 ちょうどこの原稿を書いている頃、岡崎市の「歴史まちづくり計画」(正式名称: 歴史的風致維持向上計画)が国の認定事業となったという正式な連絡が入りました。そして明日、5月19日に国土交通省に出向き、認定証の交付を受ける予定です。担当部局の努力に感謝すると共に御報告致します。


(ソロモン・R・グッゲンハイム美術館の写真は「Wikimedia Commons」から借用しました。)

|

2016年5月12日 (木)

「桜を見る会」と「家康行列」

桜を見る会(2016年4月9日)

家康行列

内閣総理大臣主催「桜を見る会」
 もうすでに一ヶ月前の出来事となってしまったが、春の大きな行事であるので書かせて頂こうと思う。
 昨夏の花火大会に引き続き、安倍昭恵夫人には今年の家康行列の案内状を送らせて頂くつもりでいた。岡崎の春のメイン行事と乙川リバーフロント計画の進み具合を共に御覧頂き、総理にお伝え頂く考えであった。ところが反対に、総理主催の「桜を見る会」の御案内が先にこちらに届き、せっかくの御招待でもあり夫婦共々上京することとなった。新宿御苑で行われる「桜を見る会」に出席するのは県会議長の時(平成19年)以来であり、そう言えば前回御招待頂いたのも安倍総理の時であった。

 4月8日(金)の臨時議会を終えてから、夕刻に上京した。明朝8時半には会場に出向かなくてはならず、当日は初の新宿のホテル泊となった。久しぶりに見る夜の歌舞伎町は、昨今の外国人観光客増加の影響もあって、まるで同じ国内とは思えない街の様子であった。タクシーから降りた街角には黒人のグループがたむろし、ホテルの受付係は韓国人と中国人、お客も日本人は我々くらいしか目につかなかった。翌日表通りで目にしたのは新宿東宝ビルに最近できたという実物大のゴジラの頭と半身であり、不思議な雰囲気をかもし出していた。

ゴジラ

 9日朝は新宿御苑の西口である新宿門の受付を通っての会場入りとなった。岡崎においてはすでに桜は満開の時期を迎えていたが、こちらも新緑の鮮やかさと共に満開の桜が我々を迎えてくれた。限られたスペースに1万6000人もの人々が集うため、会場はロープで仕切られていた。各国大使などの外国人招待客、国会議員、各業界・団体の代表者に加え、芸能人も招待されており実に多彩な顔ぶれの催しであった。

桜を見る会(2016年4月9日)

桜を見る会(2016年4月9日)

 「桜を見る会を久しぶりに満開の桜の下で開くことができ、うれしく思います」という総理の挨拶は、天候を含め自然現象をコントロールできないはがゆさが感じられ、私も同じ心境であった。それから総理が前日面会したという、インドネシア人留学生達が作った桜の歌の一節が挨拶で紹介された。「桜よ咲け、日本の真ん中に、日本よ咲け、世界の真ん中で」というフレーズが印象的であった。やはり外国人にとって桜は日本のイメージなのであろうか?
 岡崎市の市制100周年の記念バッジは桜の形である。少し大きすぎるとは思ったが、先般ある岡崎の方が文部科学大臣に面会された時に、胸のバッジについて「そのバッジのデザインをオリンピックのシンボルマークにすればよかった」と言われたそうであり、うれしく感じたものである。

 「桜を見る会」は園内各所に軽食を楽しむ場所が設けられていたが、安倍総理と昭恵夫人への挨拶を済ませた我々は早々に御無礼することとなった。この日は、翌日に開催される「市制100周年・家康行列」のために、親善都市(石垣市、福山市)・ゆかりのまち(茅ヶ崎市、佐久市、関ケ原町)・観光交流都市(金沢市)の代表の方々と家康公役の里見浩太朗氏が岡崎にお越し頂いており、その歓迎夕食会でお迎えをしなくてはらなかったからである。

岡崎市制100周年・家康行列
 それにしても、こうした他市との御縁というのは本当にありがたいものである。
 昨年5月、ゆかりのまち・茅ヶ崎市の「大岡越前祭」を訪れた折に、夕食会に同席された前川・茅ヶ崎商工会議所副会頭に「100周年の家康行列に時代劇のスターをお願いしたいと思っている」とお話したところ、偶然にもその方は里見浩太朗氏の親しい友人でゴルフ仲間であることが判明した。「よかったら話してあげましょう」と宴席の最中にお電話して頂き、突然私に携帯電話を手渡されることとなった。「また改めて後日、正式に~」という話かと思っていた私は、いきなりの御本人の里見さんとの会話に驚いてしまったが、思い切ってお願いしてみた。里見浩太朗さんは大変紳士的で気さくなお人柄の方であり、それが切っ掛けとなり今回の出演ということになったのである。

Ieyasugyoretsu201604108

 そのほか、家康行列で心配していたのは天気であった。このところ開催日は天候不順が続いており、昨年は小雨混じりでさえあった。議長とも「天気が買えるものならぜひ買いたいものだ」などと話していたくらいであったが、なんとか久しぶりのお天気となってホッと一安心であった。

 さすが千両役者の里見浩太朗さんの御登場であり、才色兼備の美人女優・菊川怜さんの出演も加わり、すばらしい盛り上がりの家康行列となり感謝感激である。菊川さんも、東大工学部卒の知性派女優ということもあって、この夏の参院選候補として名前が挙がっており直前のキャンセルを心配していたが、快くお引き受け頂けた。

Ieyasugyoretsu201604102

Ieyasugyoretsu201604101

 当日4月10日は、一日警察署長としての菊川さんの車を先頭に、おなじみの徳川四天王と武者行列、奴(やっこ)列や姫行列、少年少女隊に加え、昨年に続く民団岡崎支部による朝鮮通信使列、昔なつかしのレトロ市電、オールド・カー、100周年PR隊等、多彩な隊列となった。そして何よりも気品と貫禄十分な里見さんの家康公姿は、先日まで舞台で使用していた衣裳とあいまって錦上花を添えるものとなった。46万人を超える、これまでに最高の人出を記録したことはお二人をはじめ多くの皆様方の善意と御協力の賜(たまもの)であり、今改めて感謝御礼申し上げるものである。

Ieyasugyoretsu201604091

Ieyasugyoretsu201604104_2

Ieyasugyoretsu2016041010

Ieyasugyoretsu201604109

Ieyasugyoretsu2016041012

Ieyasugyoretsu201604105

Ieyasugyoretsu201604106

Ieyasugyoretsu201604107

Ieyasugyoretsu2016041011

 行列の通る経路は私にとって、広幡、連尺、梅園、三島学区という、まさにワンパク坊主時代からの地元である。沿道には子供時代からの知り合いも多く、「ヤっちゃん!」との掛け声には思わず立ち上がってしまうものであった。「まさかあのヤっちゃんが市長になるとは思わなかったわネ」というかつてのお母さん方からの声が耳に聞こえてきそうでもあった。
 ともかくこのように大きなイベントを事故なく終えることができたのも、当日警備と安全に御尽力頂いた警察、消防、役所関係者、ボランティアの皆さんのおかげであり、沿道の皆様方に重ねて感謝と御礼を申し上げるものである。本当にありがとうございました。

|

2016年5月 4日 (水)

「第43回岡崎こどもまつり」に思う

第43回岡崎こどもまつり(2016年4月30日)

 前日の嵐を思わせる天候不調とは打って変わり、4月30日(土)は朝から素晴らしい青空が広がっていた。市制100周年を記念して今年は特設ステージが用意された。りぶらジャズオーケストラJr.岡崎Beanzzや、愛知県警による交通安全教室、岡崎応援キャラクター隊の出演、ジャグリング・ステージなど多彩な催しをあわせた〝岡崎こどもまつり〟となった。
 毎年このお祭りの日は、伝承的な遊びを中心とした様々なコーナーが乙川河川敷に約30ヶ所設けられる。竹水鉄砲合戦コーナーなど集団で遊べるコーナーも用意されており、仲間と協力して競い合う体験を味わうこともできる。こうした遊びを通じて、ふだんできそうでできない親子の交流を持ち、そうした昔ながらの遊びを次の世代にも伝えていってほしいと願うものである。また、こま回しや竹馬をはじめとした体を使った体験を通して、外で遊ぶ楽しさも満喫してほしいものだ。

 このところの核家族化の進展と機能性のみを追求する社会の中で、人間関係が希薄化したことにより、子供達の遊びも集団から個人へ、屋外から屋内へと変化している。遊ぶ物も室内の携帯型ゲームなどが中心となった。こどもまつりなどを機会に、ぜひ遊びの先輩でもある大人が、身体を動かして集団で遊ぶことの楽しさを伝えて頂きたいものと思う。
 現代の社会問題の一つに、子供時代に集団行動になじまなかったために、健全な社会性を身につけないまま社会に出る人が増えているということがある。こどもまつりで行われる試みが、人と人とが積極的に関わってゆく、一つの切っ掛けづくりになることを期待するものである。

Kodomomatsuri201604304

 岡崎こどもまつりは一見子供だけが楽しめる催しのように見える。しかしこの日一日は大人も童心に帰って子供と共に楽しめる、またとない機会となっている。ことにお父さんはそうではないだろうか? 子供をダシにオモチャ売り場に出かけるあの感覚である。当日はお母さんと小さな子供が川べりに腰かけて川面を見ながら何か話しているほほえましい光景もあった。
 そうした、失われつつあるごく普通のうるおいをたらしてくれる空間を再びつくり出そうというのが、「乙川リバーフロント計画」のもう一つの目的でもある。

 今年、市制100周年を迎える岡崎市は、記念事業全体を「新世紀岡崎 飛躍祭」と名付け、この一年間、岡崎の新たな世紀の始まりに向けて市民、企業、各種団体の皆様と連携、協力しながら様々な事業を展開している。
 そうした多くの試みの一つ一つが思い出の一コマとなり、このまちに生まれ育った子供達が自らのふるさと岡崎に対してこれまで以上の愛情と誇りを持ってほしいと願っている。これからもそんな「夢ある新しい岡崎」づくりに向けて邁進したいと考えている。

Kodomomatsuri201604302

 ところでこの日は朝から中高年の様々なグループ(10~20人)が小さなリュックを背負って街中を歩き回ってみえた。私が見かけただけでも3~4グループあった。乙川や岡崎公園の整備が進んだためと思われるが、今後こうした傾向がさらに拡大してゆくものと思っている。
 もうすでに団塊の世代が引退の時期を迎え、さらに高齢者人口は増加しつつある。年はとってもまだ元気、年金生活となって時間もたっぷりある。かといって、現役時代ほどの収入があるという訳ではない。そうした方達のために、身近な生活圏においてお金をかけずに楽しく時を過ごせる場所というものが必要となってきている。
 そのような観点に立てば、公園も〝子供の遊び場〟というだけではなく、お年寄りが太陽光を浴びながら活動できる場所にする必要があるものと思う。

 先日、老人クラブ連合会(いきいきクラブ)との対話集会において、マレットゴルフに続いて、ゲートボール、グラウンドゴルフの専用グランド造りの要望の声が強かった。マレットゴルフとは異なり、後者の二つの競技は「どこでもできる」というのが持ち味である。しかし競技人口の増加に伴い、もう少し自由に使えるスペースを皆さんが必要としていることが確認できた。驚くべきことに最近では還暦以上の方々の野球リーグがあり、全国大会まで行われている。サッカーも同様であるという。元気なお年寄りのさらなる健康増進のためにも運動公園が必要とされる。
 現在、乙川河川敷の下流域(通称・六名緑地)を整備して、お祭りやイベント時の臨時駐車場にしようという計画を持っている。臨時駐車場のスペースは、通常は運動公園または多目的広場として使われることを想定している。この計画をなるべく早く進めることで、こうした要望に応えるまちづくりをしていきたい。


 以下は昨年5月3日に行われた「岡崎こどもまつり」の写真です。

Kodomomatsuri201505031

Kodomomatsuri201505033

Kodomomatsuri201505032


第40回 岡崎こどもまつり (2013.04.28)

|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »