« 選挙制度と政治家の質について | トップページ | 平成28年 退職辞令・新規採用辞令・人事異動訓示 »

2016年3月26日 (土)

平成28年3月議会 その3(本会議・閉会)

岡崎市議会(平成28年3月定例会)

 この度、議員の皆様方の賢明で良識的な御判断によって、平成28年度当初予算案並びに新しい人事案を承認可決頂き、無事、3月定例会の閉会を迎えた(3月24日)。
 これでいよいよ次の百年を見すえた岡崎の伝統、歴史、文化、自然を活かした新たなまちづくりが始まる。これまでの3年間は政策にかかわる説明、実施への準備と衆知に十二分の力を注いできたつもりである。そして今、ようやく本格的に事業が実現に向かって動き出したものと思っている。

 行政の仕事というものは、慎重を期せばとかく「遅い」「何もできていない」と言われ、逆に運にも恵まれスピーディーにことを運べば「急ぎすぎ」「人の話を聞いていない」と反対者から文句を言われるものである。
 手前ミソではあるが、私としては日本全国でも私ほどあらゆる形で市民との対話を重視して政策の事業化を行ってきた首長はいないと思っている(平成28年度も続けて、各種団体を対象とする市民対話集会を開催する予定である)。
 これまで真に市民の代表者であったことなどない人達が、「市民の声を聞け」と言っていることは笑止千万である。彼らは、彼らが「市民の代表」という名称を使うことを迷惑だと言っている市民がいることを知っているのだろうか? 市民の声とは特殊政党支持者の声のことではないのである。
 それに何よりも、行政の仕事というものはキチンとした法的手順を踏まなければ実施できないものであるし、ましてや、まともな政策でなければ国や県の認可を受け多額の補助金や協力を得ることなどできないことを、まず申し述べておきたい。

*****************

閉会の挨拶

 閉会にあたりまして私からもご挨拶を申し上げます。
 まずもって、今月18日にお亡くなりになられました柴田泉議員に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、長きにわたり本市の市政運営に多大なるご尽力をいただきましたことに感謝を申し上げ、心からご冥福をお祈り致します。
 さて、この度の3月定例市議会にご提案を致しました議案につきましては、慎重なご審議を賜りご議決をいただきまして誠にありがとうございました。決定されました議案につきましては、厳正・公正な執行に努めてまいる所存であります。
 また私が市長に就任してこれで4度目の予算編成となりました。これまでを振り返りますと、私が選挙の際に市民の皆様とお約束した公約をこうして一つ一つ着実に実現の方向へ進めることができましたのも、議員の皆様との建設的な議論の積み重ねの結果であると思っております。この場をお借りして改めて感謝申し上げます。

 私は常々、市民の皆様に、対話集会や講演会、各種説明会、市の広報、ホームページ、ブログ、雑誌などを通じて分かりやすい言葉で明確に説明し、市の行う事業の意義を納得していただけるように心掛けてまいりました。しかしこれは義務ではなく、私の政策として行ってきたことであり、他市にはあまり例のないことと自負しております。

おとがわプロジェクト(2016年1月24日・りぶら会議室)

市民対話集会(2015年11月12日・岡崎げんき館)

 もっとも、すべての市民の皆様に正確にお伝えし、納得していただけているかというと、現実はなかなか難しいことであると実感しております。人間は感情の動物であり、先に否定的な先入観を植え付けられた人は、異なった内容の話を聞こうともしない傾向があるからであります。
 市政というものは計画性や継続性があり、単年度を切り取って、ある事業の費用対効果を比較できる種類のものではないと考えております。
 同じく、一つの事業が「ここは公共事業、あの部分は民間事業」というように単純に割り切れるものばかりではありません。乙川リバーフロント地区整備事業とJR岡崎駅周辺整備事業の事業費や整備手法の比較についても、正確な情報がすべての方に必ずしも伝わっていないことは本当に残念なことであります。
 私は今後とも引き続き、市民の皆様への説明をしっかりと行ってまいりますが、どうか議員の皆様におかれましても、様々な機会をとらえて多くの方々に正しい情報を伝えていただきますようよろしくお願い申し上げます。

 いよいよ来月から「新世紀岡崎 飛躍祭」が開幕し、これから岡崎市は新たな百年に向かって歩みを進めることとなります。今後はこれまで慎重に準備をしてきた事業が、国と県と民間のご協力により一つ一つ目に見える形で実現してまいります。是非とも皆様と共に実りの多い一年としてまいりたいと思います。
 今年の7月に迎える市制施行100周年を節目として、これからも「夢ある次の新しい岡崎」に向けてさらに邁進する覚悟であります。そして改めて一つ加えるならば、岡崎は東京でも大阪でも名古屋でもありません。岡崎はあくまで岡崎であります。これからも岡崎らしい独自の文化と伝統、歴史や自然景観を活かしたまちづくりを行ってまいりたいと考えます。
 議員の皆様におかれましてはますますご自愛の上、さらなる市政進展のためにご尽力いただきますよう重ねてお願い申し上げ、挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

新世紀岡崎 飛躍祭 2016年4月スケジュール

Shinseikihiyakusai20162_2

Shinseikihiyakusai20163_2

Shinseikihiyakusai20164_2

(クリックすると拡大します)

*****************

平成28年3月議会 その1(市長提案説明) (2016.03.04)

平成28年3月議会 その2(代表質問答弁) (2016.03.09)

|

« 選挙制度と政治家の質について | トップページ | 平成28年 退職辞令・新規採用辞令・人事異動訓示 »

岡崎市議会」カテゴリの記事

随想録」カテゴリの記事