« 「内田やすひろ後援会」Facebookページを開設しました | トップページ | ネコ舌とカエル風呂 »

2015年5月 8日 (金)

下水道使用料・誤徴収のお詫び

 昨年判明した下水道使用料の誤徴収については、12月に第一次調査結果を上下水道局長から御報告申し上げたところであります。これまで上下水道局内での事務処理体制に問題があり、平成5年(1993年)以来、長年にわたり誤徴収が続きながら十分な対応がとれなかったことに対しまして、現在の市政の総括責任者としてお詫び申し上げます。
 昨年より、現地調査を行いながら御迷惑をお掛けした市民の皆様方にお詫びを続けてまいりましたが、最終的に判明した誤徴収総数は294件でありました。このうち、徴収漏れは212件、過徴収は82件でありました。
 徴収漏れについては、法律的に対応できる期間が5年であるため、遡って請求できるのは、この5年間で使用のない9件を除いた203件で、合計5,160万3,349円となりました。過徴収による返還額は306万5,140円でした。
 徴収並びに還付の対応は継続して対応しているところでありますが、時効により遡及不能となった金額は約1億1,800万円にのぼりました。

 私共は今回の件を重く受け止め、これまでの一部職員の不適切な事務処理に対する道義的責任及び信用失墜に対するお詫びとして、私と両副市長の月額給与を1ヶ月間20%減額し、さらに職員及び退職者からの自主納付による約1,000万円を市へ納付させて頂きます。

 今回の事案は、担当者が誤徴収の報告を課長に上げていたにもかかわらず、情報がそこで止まっていたために発生したことでありました。
 今後はこうしたことが二度と生じないよう、重大な案件は組織として対応し、上層部へも必要な情報が正しく伝わるよう、体制の変革と新たなルール作りを行いました。
 いずれにしましても、このような事態に至ったことを厳粛に受け止め、私以下職員一同市民の皆様の信頼の回復に努めてまいります。
 ここに現在の市政総括責任者として重ねてお詫び申し上げます。

 4月30日に行った対応の詳細は以下のとおりです。
 (クリックすると拡大します。)

職員コンプライアンスの向上について(平成27年4月30日)

|

« 「内田やすひろ後援会」Facebookページを開設しました | トップページ | ネコ舌とカエル風呂 »