« 『リバ!』2015年2月号 | トップページ | フューリー(FURY)を観て »

2015年1月28日 (水)

名鉄ラッピング電車と第40回寒中水泳

名鉄ラッピング電車出発式

名鉄ラッピング電車出発式
 好天に恵まれた1月12日(月)、「家康公四百年祭」のスタートを飾るとも言える名鉄ラッピング電車の出発式が東岡崎駅にて行われた。寒風の吹き抜ける中、関係者はじめマスコミの皆さんは式典のかなり前からホームで待機されており、本当に御苦労様と申し上げたい思いがした。
 出発式は12時より開始された。私と議長が挨拶を終えると、あとは定刻の12時15分の電車の到着にあわせて行うテープ・カットのタイミングを待つのみとなった。
 先頭の前面が明るい緑色に着色されたラッピング電車は、前の車両から順番に春の桜の風景、伊賀八幡宮、岡崎城、大樹寺といった岡崎の名所と共に四季の情景が描かれていた。
 こうした観光PRにより力を込めながら、岡崎市の素晴らしさと歴史文化の価値というものを、さらに市の内外へと広めてゆきたいと考えている。

名鉄ラッピング電車出発式

2015観光大使おかざき(馬場小雪さん、須貝美咲さん)

 当日は葵武将隊の面々のほかに「2015観光大使おかざき」の二人のお嬢さんも登場して、出発式を盛り上げて頂くことができた。大変感謝しております。なお「2015観光大使おかざき」のお二人にとって、この式典は新年交礼会に続く今年2回目のお披露目の場となった。
 ラッピング電車の運行期間は11月15日までである。それまでの約10か月間、より多くの皆様に春夏秋冬四季を通じて本市を訪れて頂くことと安全な運行を願う次第である。

第40回 岡崎水泳協会寒中水泳
 当日は、乙川の殿橋下流で第40回記念の寒中水泳も開催された。水泳協の皆さんが朝から会場設備にかかり、午後1時の開会式を迎えることとなった。

第40回 岡崎水泳協会寒中水泳

 水清め式の後、破魔矢を射り、最後に寒中水泳が行われた。今年は9名の新成人の方が参加されている。また会場では、協賛を頂いている岡崎ライオンズクラブによる献血活動も行われていた。

―当日の挨拶―
 この寒中水泳は、昭和24年(1949年)に第1回が開催され、その後一時中断されていた時期もありましたが、岡崎水泳協会の役員の皆様の御尽力により平成7年(1995年)に復活し、今では岡崎の新春の風物詩として市民の皆様の中に定着して参りました。県議時代に私も及ばずながらお力添えできたことを大変うれしく思っています。
 冬の厳しい気候の中での行事であります。どうか、気合いを入れまして初泳ぎに挑戦して頂きたいと思います。私も元高校の水泳部員であり、かつては2月に泳いだこともあり、こちらに参るたびに泳ぐよう言われますが、今はお許し頂いております。
 本行事の開催にあたり、御尽力頂きました、岡崎水泳協会の役員の皆様に敬意を表しますとともに、岡崎水泳協会の今後ますますの御発展を祈念申し上げまして、お祝いの言葉とさせて頂きます。

第40回 岡崎水泳協会寒中水泳

(2015観光大使おかざきの写真は、岡崎市観光協会ホームページより借用しました。)

|

« 『リバ!』2015年2月号 | トップページ | フューリー(FURY)を観て »

地域活動・スポーツ大会」カテゴリの記事

輝く女性たち」カテゴリの記事