« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月28日 (日)

三菱自動車・岡崎、累計生産500万台に

三菱自動車工業・岡崎工場、生産累計500万台達成

 三菱自動車工業・名古屋製作所岡崎工場において、この度現地生産累計500万台が達成された。去る12月1日(月)、この偉業を記念する式典が催され、私も御案内を受け参上した。また式典にあわせて、500万台目の「アウトランダーPHEV」を災害対策支援車として岡崎市にご寄贈頂いた。

 岡崎工場においては、1977年(昭和52年)の操業開始以来、昔懐かしいギャランやランサーの生産から始まり、現在ではアウトランダーなど三車種の生産を主に行い、「モノづくり岡崎」の一翼を担って頂いている。
 改めて思えば、昭和52年に第1号が生産された時の市長が私の父であった。今回500万台目のアウトランダーの記念ゴールドキーを、相川哲郎社長より私が受ける立場となったことに運命的なものを感じている。
 相川社長御本人も、学生時代に生産されたギャランに魅せられたことが、三菱に就職するきっかけだったという。そして入社時の社員研修の場が岡崎工場であったことも語ってみえた。式典では、社長自ら運転して登場したアウトランダーの前で各種挨拶が行われ、最後に私が運転して退場するという趣向であった。

内田康宏。三菱自動車工業・岡崎工場にて

 地球温暖化が国際的な重要課題となっている現在、走行中の排ガス量の少ないエコカーや、全く排ガスの出ない電気自動車、燃料電池自動車(Fuel Cell Vehicle)などの開発は時代の要請であり、急務の課題となっていると言える。
 先日トヨタ自動車においては、「究極のエコカー」と言われる燃料電池自動車(FCV)であるMIRAI(ミライ)が販売されることとなり、ホンダも同様の車の開発を進めている。日産やマツダなど各社も新型エコカーの生産に向けて本腰を入れる姿勢であり、今後、充電スタンドや水素燃料ステーションの整備が進むにつれてガソリン車からの急速な乗り換えが始まることと思われる。
 環境にやさしく、車の電気がレジャーや非常時の家庭用電源として活用できるということもあって、さらに消費者にとっては魅力的な存在となるだろう。
 資源小国であり、各個人も災害対策をせねばならないという日本の現況を考えた時、輸出もさることながら、これらの事業を国内でも積極的に支援して行くべきであると思うものである。

―当日の挨拶文―
 本日は、「三菱自動車工業株式会社・名古屋製作所岡崎工場累計生産500万台達成記念式典」にお招き頂き、誠にありがとうございます。
 昭和52年の製造開始以来、皆様の自動車に対する情熱と、ひたむきなものづくりへの取り組みが500万台達成という偉業となりましたことを心からお慶びいたします。また、今回500万台目となる名誉ある車両を岡崎市にご贈呈頂き、厚く御礼申し上げます。この記念車がアウトランダーPHEVという卓越した先進性をもつ車両によって達成されたことは、「クルマを通じて、人・社会・地球との共生を目指し、走る歓びと地球環境への配慮を両立させた独自のクルマづくりに取組む」という三菱自動車の理念の現れと言えます。
 私自身も、今年1月、ご厚意で岡崎工場の見学とアウトランダーPHEVの試乗の機会を得て、高い静粛性と安定した高速走行性能を実感いたしました。ご寄贈頂いた車両は、優れた危機対応能力をもった車両であることから、「災害対策支援車」として活用させて頂く予定です。
 また、7月の市長会の欧州視察では、フランスのリヨンでスマートコミュニティ事業の一環である「EVシェアシステム」に、三菱自動車のi-MiEV(アイミーブ)が活用されている姿を目の当たりにし、EV技術への取り組みが世界において結実しつつあることを実感した次第です。本市においても現在スマートコミュニティ推進のための協議会を立ち上げたところですが、三菱自動車からも協議会メンバーとして参画頂いているとのことであり、改めてお礼申し上げます。
 岡崎市の市制が施行された大正5年(1916年)は、三菱自動車のルーツとも言える三菱A型乗用車の製作開始の大正6年(1917年)とほぼ同時期であり、ともに100年の歴史を有します。
 先達が築いた歴史と伝統を将来にわたって発展をさせていくため、三菱自動車工業株式会社の益々のご発展を祈念申し上げ、挨拶とさせて頂きます。

Outlander PHEV

|

2014年12月24日 (水)

ティラノ、東公園に見参!

Dinosaur20141219uchida1

 この12月、待たれていた実物大恐竜のうち、ティラノサウルス(体長12m、高さ4.5m)が第一陣として東公園のこども動物園南に搬入されて来た。
 これまで何度も記してきたことであるが、これはさる郷土愛にあふれる篤志家(とくしか)の寄贈によって実現したプランである。いくつものパーツに分割して製作されたものを組み立てて成形しているため、作業を経て、このクリスマス・イブから全身の姿を外から眺められるようになった。

 残りの4体、ブラキオサウルス(体長18m、高さ14m)、プテラノドンと巣(1.5m)、トリケラトプス・ヤング(体長2m)、おやすみトリケラベビー(体長1m)は来年の3月までに順次搬入され、同様に組み立て、成形、設置されることとなっている。
 そして3月末には5体そろって、オープニング・セレモニーを行う予定である。その頃には囲いをすべてはずした状態で御覧頂ける。それまでは設置工事や周辺整備の必要から、全景を見ることはできないし、場内への入場も制限されることになる。どうかその点御容赦願いたい。

Dinosaur20141219uchida2

 12月19日(金)、他の用事のついでに、工事の途中経過を確認すべく東公園に立ち寄ってみた。前日、岡崎としては珍しい大雪が降り、周囲にはまだ残雪があった。気温が5度以下になると接合剤が固まりにくくなるという悪条件のもと、株式会社ココロの製作担当者の皆さんはがんばって作業を続けており、頭の下がる思いであった。
 外周を白いカバーでおおった工事現場(?)では、全身を鉄パイプの格子ではさまれたような形でティラノが屹立していた。まるで映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』の捕らわれた恐竜のようにも見えた。

Dinosaur20141219uchida3

Dinosaur201412191

 間近で見る作品は、さすが製作者の技術力と誇りをかけた渾身の傑作であることがうかがえる。表皮のウロコの一つ一つを見ても、ていねいに造り上げられており、足場階段をのぼった二階から見る目玉は毛細血管までが精密に表現されている。位置が高すぎて一般公開時にはおそらく人の目に触れることもないだろうが、歯の一本一本もリアルに塗り分けられており、その表面にはステーキナイフ状の細かい刻みまでつけられていた点には一種の感動すら覚えてしまった。これぞ肉食恐竜の王者の再現である。

Dinosaur20141219uchida4

Dinosaur20141219uchida5

 先日、工事経過を見たある専門家の方が「これを屋外展示するのですか? もったいないですネ」と言っておられた。(しかもタダでお見せするのである。)
 屋外展示をすれば、自然の風雨にさらされ、四季の温度差と太陽光による色の退色や素材の劣化も心配される。当然定期的な補修も必要となるだろう。
 しかし、それでも自然の情景の中にたたずむリアルな恐竜の姿を再現し、子供達に見せたいのである。そこで生まれた感動が、必ずや未来の創造性を生むものと信じるからである。

 全身を様々な角度から見直して、色々と質問をした。もしその場にいるのが男だけならばもう一つ聞きたいこともあったが、タマタマ女性の担当者もいたため、マタの機会とすることにした。

Dinosaur201412192

 もし映画のようにDNAを活用した再生技術が進歩して、将来、本物のティラノを飼育できるようになったとしたら、展示スペース、獣舎、安全対策、エサ代などにいくらぐらいかかるだろうかと、ふと想像したくなるものである。エサ代だけでも、ゾウの比ではあるまい。
 ゾウと言えば、今回の工事が始まってから、周囲の状況の変化に気づいたゾウのふじ子が、何かを感じるのか工事初日はソワソワしていたそうだ。ゾウは頭の良い動物であり、牙をむいたティラノが前方に出現すれば、気がついて興奮する可能性もある。もちろん、そうしたこともふまえて、恐竜はなるべく視界に入らない所に後ろ向きに配置して、ふじ子には分からないように設置することにしている。

Dinosaur201412193

 それにしても、化石の状態ではよく分からなかったことが、実物大の肉厚のある状態で目の前に現れると、具体的に様々なことが頭に浮かんでくる。体に比べきゃしゃで、人の腕くらいの大きさと言われていたティラノの前肢が、実は大人の太ももほどの大きさがあり、武器にはならずともけっこう役に立っていたように見受けられる。

Dinosaur201412194

ヨコハマ恐竜展2014

 前方を向いた二つの目は、我々と同様目標物を立体的に目視でき、彼らが狩りを行っていた可能性も高い。口の大きさと歯の形状から、噛む力もアリゲーター(ワニ)の10倍の2~3トンというすさまじい力があったと思われ、やはりティラノは捕食者であったのではないだろうか? 体の大きさと6~7トンという体重から推定して、映画とは異なり時速18kmほどの走力と言われるティラノであるが、他の恐竜達のスピードはそれより劣るモノも多く、狩りのできる速度であったと思われる。しかも、近年の研究によれば、ティラノも集団生活をしていた可能性が高く、10歳代までの若いティラノならば成体の3分の1くらいの体重(2トン)であり、狩猟者として生存できる素早さは十分あったと思われる。
 ちなみにティラノの寿命は30歳前後と言われているが、巨大化した成体は自分の体を二足で支えることが難しくなり、肉食竜であるため、ケガや骨折をすることも多く、今回のティラノのように体長10メートル以上になるまで成育できる個体は全体の2%くらいであったとも言われている。

 話を元に戻すと、来訪者の良心を前提としてこのように貴重な作品を屋外展示するのである。できるだけ多くの皆さんに長く楽しんで頂けるように、どうか大切に接して下さい。
 防犯カメラも設置してあり、イタズラをした人にはしっかり弁償して頂くことになりますが、その必要のないことを望みます。

東公園(時計塔北側広場)

 最後に芸術作品を造るような意気込みで製作に当たって下さった(株)ココロの堀込さんはじめ各製作者の皆様、プランの実現においてリアリズムの追求を示唆して頂き、御指導を賜った福井県立恐竜博物館の竹内利寿館長さん、その他多くの善意のアドバイスと励ましの声を頂きました皆様に改めて感謝申し上げます。
 どうぞ3月の正式オープンを楽しみにして下さい。

株式会社ココロの皆さん

株式会社ココロの皆さん

Dinosaur20141219uchida10

東公園(ティラノサウルス設置場所)

*****************

3月完成へあと少し、恐竜製作現場報告 (2015.02.04)

東公園大恐竜・製作過程報告 (2014.11.08)

|

2014年12月22日 (月)

『リバ!』2015年1月号

Reversible201501

昨日に続きまして内田康宏事務所からお知らせです。
『リバ!』2015年1月号が発行されました。先達てブログに出たばかりのものですが、「岡崎市の消防・防災体制について」が載っています。市長のコラムもこれで三年目に入りました。

|

2014年12月21日 (日)

「2015 内田康宏をかこむ新春の集い」のお知らせ

内田康宏をかこむ新春の集い(2015年)

内田康宏事務所よりご案内申し上げます。
来年2月、恒例となりました「内田康宏をかこむ新春の集い」を開催いたします。皆様お誘い合わせの上、多数ご参加下さるよう謹んでお願い申し上げます。

日時: 2015年2月14日(土) 午後2時
会場: 岡崎中央総合公園 武道館 (岡崎市高隆寺町峠1)
会費: 1,200円

ご不明な点がありましたら事務局(0564-21-2030)までお気軽にお問い合わせ下さい。

内田康宏をかこむ新春の集い

|

2014年12月17日 (水)

ネコが帰ってこない

内田家の猫・キック

 10月、岡崎市との姉妹都市提携30周年記念式典のために米国カリフォルニアのニューポートビーチ市に5日間行っていた間に、ボスネコ・キックが行方不明となってしまった。
 これまでも1~2週間いなくなることはあったが、すでに2ヶ月近くとなり、さすがに心配している。岡崎市の「あにも」ではネコの室内飼育を奨励しているが、何せ、相手は〝天下御免の自由人・ネコ様〟である。マンションの高層にでも住んでいない限り、ことにオスネコは自分で出口を探して(作って)脱走してしまうのである。(だからネコを飼うためには、去勢手術とマイクロチップの装着が必要となるのである。)

 帰巣本能に優れたネコではあるが、時に外出した折に帰宅不能となることがある。多くのケースが交通事故や病気かケンカの怪我によるもの、あるいは高齢によるボケ、それともより良い住み家を(飼い主を)見つけたのかもしれない。

内田家の猫・キック

内田家の猫・キック

 「ネコは人に死に場所を見せない」というが、どうもそうではないようである。キックの場合も、このところ病気のせいで元気が無く、獣医に通っていたところであり、もう一度連れて行こうと思っていた矢先の失踪であり大変気になっている。
 岡崎市では本年度10月末までに140頭あまりの犬猫の路上死体の処理をしているそうであるが、そのうちの一体でないことを祈っている。

 また、先般ブログに「16歳の婆さんネコ・ミーが毎日夜中に私を起こしに来て困る」旨のことを書いたところ、読者の方から「死期が近づくとそうした行動をとることがあるので、やさしくしてやって下さい」というアドバイスを頂いた。その後、エサをより高齢ネコ用のモノに替え、一緒に寝てやるようにしたところ元気になってきている。動物も高齢期には人間と同様、食べ物や心の安心感ということに対する気遣いが必要となってくるようである。また、最近気がついたことであるが、どうやらネコも年をとると視力が落ちてくるようだ。
 このネコとも長い付き合いであるが、あとどのくらい一緒にいてくれるのだろうかと思うこの頃である。

|

2014年12月 9日 (火)

お知らせと近況

家康公顕彰400年、岡崎市制施行100周年

 9月以降、来年の家康公顕彰400年、再来年の市制100周年への準備、上京を伴う国への各種要望活動、姉妹都市提携30周年(ニューポートビーチ)のための訪米、市長会への出張、そして秋まつりと行事が目白押しであり、おまけに12月議会と衆院の総選挙が重なり、時間的、心身ともに全く余裕がありません。
 書きかけで未完のブログ原稿も5つ、6つ溜まっております。年末年始にはガンバって再開致しますが、ここしばらく更新のペースが落ちますことを御容赦願います。

 総選挙では、日本の将来に向けて、悔いの無い選択をして頂くことをお願い申し上げます。m(_ _)m

議員写真クラブ

 県議会の写真クラブ作品展で推薦(第1位)を頂きました。
 「恐竜や戦車、子供の写真で面白いモノがあったので、多くの人に見て楽しんでもらいたい」と思って出展したのですが、〝無欲の勝利〟と言ったところでしょうか? いずれにせよOBに賞を下さった県議会の皆様方の寛大な心に感謝申し上げます。

陸上自衛隊・富士総合火力演習

 (陸上自衛隊・富士総合火力演習 2014年8月24日撮影) 

|

2014年12月 6日 (土)

岡崎市の消防・防災体制について

岡崎市消防団連合観閲式(2014年11月16日)

 11月16日(日)、今年も恒例の「消防団連合観閲式」が秋空の下、乙川河川敷において開催された。消防団組織は全国各地にあるものであるが、岡崎市のように市内各地域に根ざした多団制で、毎年このように全市をあげて整然とした組織的演習を行っているところは多くないという。
 昨年知事の名代(みょうだい)として出席された副知事から「県内各地を訪れましたが、これほど統制がとれた立派な観閲式は初めて拝見しました」とお褒めの言葉を頂いたものである。
 私達市民が、日々安全で安心な生活を当然の如く享受できているのも、消防関係者の皆さんのいつに変わらぬ御尽力のおかげであり、心より感謝を申し上げる次第である。今年も多くの皆さんが表彰並びに感謝状を受けられたが、長年にわたる地域社会への御貢献、御協力に対し誠に頭の下がる思いである。
 本市としては、こうした消防団の皆様の御苦労に報いるため、年末までに、動きやすくスマートで暖かい防寒コートを新調することにしている。

岡崎市消防団連合観閲式(2014年11月16日)

岡崎市消防団連合観閲式(2014年11月16日)

 また先日、県の防災ヘリコプター「わかしゃち」による「大規模災害時・被災状況偵察訓練」が行われた。私もヘリに同乗し、額田地区の山間部から市東部の乙川上流域を重点的に、空からの視察を行った。

わかしゃち

Firefighting20142

Firefighting20143

Firefighting20144

 旧額田町との合併により、山間域が全市の60%となった岡崎市であるが、改めて森林地帯の地勢というものを目視で確認することができ、大変参考になったと思っている。

 「わかしゃち」は、ベトナム戦争で用いられたベル社製UH-1イロコイ機を改造したような、同じベル社製の412EP機である。機内には様々な救助用機具が搭載されていた。

Firefighting20145

 機体右側の扉の上部には、救助用ホイストという救助ロープ巻き上げ装置が取り付けられていた。折角の機会でもあり、私も簡易宙づり(?)体験をさせてもらうことにした。空の救護活動は、小さなミス一つが救護者だけでなく自らも命を失う可能性がある。訓練とはいえ実戦さながらに確認の手順を大声で示しながら行う隊員の姿に、救護活動の厳しさを感じることができたような気がした。
 この夏の広島における土砂災害の教訓もあり、類似の地質構造をもつ本市としては、危険箇所の地質調査と共に山間地における防災、減災、救護、対策のあり方を再検討すべきであると考えている。

Firefighting20141

 山と言えば、御嶽山の噴火災害支援活動に本市から16名の消防署員が出動している。先般、中消防署(岡崎市消防本部)の山本治係長より活動結果の報告を受けたものであるが、天候不良による現場の状況は悪化するばかりで、水を含んだ粘土質の火山灰の中で二次災害の危険もある中、捜索活動を行ったとのことであった。6名の行方不明者を残しての下山は不本意のこととは思うが、全員無事に帰還したことと、火山地帯に近接していない岡崎の地勢に感謝するものである。

 また観閲式と同時期に、緊急消防援助隊による「中部ブロック合同訓練」が石川県で行われたが、こちらにも本市の署員が参加している。すでにこの春、名古屋空港の自衛隊小牧基地において、全国で唯一この岡崎に配備されている全地形対応車両(レッド・サラマンダー、赤い竜)が、C-130輸送機に搬入可能なことが確認されており、今回能登空港まで初めて空輸され、実働訓練が行われた。

全地形対応車両

全地形対応車両

 現地、石川県珠洲市においては、深さ1メートルあまりの仮設の池が造成されており、水没している車の救助訓練など、特性を活かした様々な訓練がなされたと聞いている。
 多機能な能力を持つレッドサラマンダーであるが、今回の広島の土砂災害や御嶽山の災害では声がかからなかった。ときどき「なぜ出動しなかったのか?」と尋ねられることがあるが、下に人が埋まっている可能性のある所を重車両が走り回る訳にもいかず、今回の両ケースでは活躍の機会はなかったということである。
 しかし、今後は、ケースによっては道路の途絶した山間地への出動の可能性もあり、ヘリコプターによる短距離空輸のような訓練の必要性も出てくると思っている。
 いずれにせよ、こうした活動は、かつてのサイレント・ネイビー(沈黙の海軍)と同じで、しっかり訓練をして十分な備えをしていても実際に活躍する機会がないことの方が本当は理想的である。

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »