« 市長会・蘭仏視察記 7.歴史とアートの町、サン・テティエンヌ | トップページ | 岡崎市の消防・防災体制について »

2014年11月29日 (土)

原付バイク・ご当地ナンバーについて

 今週、11月25日、市制100周年事業の基本構想と実施事業案を発表いたしました。記念事業のタイトルも、このたび「新世紀岡崎 飛躍祭」と決定しました。平成28年(2016年)7月1日に岡崎市は100歳の誕生日を迎えます。飛躍祭は〝100歳〟をかけた言葉として選ばれました。皆様よろしくお願い申し上げます。


 最近、各地で様々なデザインの〝原付バイク・ご当地ナンバー〟がつくられている。地元の名産品や有名な風景、観光名所に加え、地元のゆるキャラを大写しにしたものなど、それぞれ工夫が凝らされている。
 本市においても市制100周年記念事業のひとつとして、平成28年7月1日からの交付を目指して岡崎独自のオリジナル原付ナンバープレートの導入を検討している。
 この話は去る9月の議会の頃に担当者から提案を受けたことであるのだが、その時何気なく私が「岡崎の場合、オカザえもんを上手に使うといいネ」と言っておいたところ、下記のようなデザインが上がってきた。

Numberplateokazaki1_2

 まだ本決まりではないが、オカザえもんは好き嫌いもあるので、デザイン付きのものとそうでない旧来と同じナンバーのみのもの、それぞれつくることになる予定である。また、継続するものとなるか100周年記念限定にするか未定である。限定となれば将来プレミアがつくことになるかもしれないとも思うが、地方創生の意味も含めて各地で様々なアイデアが出されていることが分かり、大変興味深いものである。
 以下は私が描いた個人的アイデアと、他の自治体の実例である。参考までに載せておきます。

内田の案

ご当地ナンバープレートA案(内田康宏)

ご当地ナンバープレートB案(内田康宏)

ご当地ナンバープレートC案(内田康宏)

各自治体の実例
(愛知県蟹江町、福島県須賀川市、栃木県佐野市、富山県富山市)

ナンバープレート(愛知県蟹江町)

ナンバープレート(福島県須賀川市)

ナンバープレート(栃木県佐野市)

ナンバープレート(富山市)

|

« 市長会・蘭仏視察記 7.歴史とアートの町、サン・テティエンヌ | トップページ | 岡崎市の消防・防災体制について »

オカザえもん」カテゴリの記事

市制100周年記念事業」カテゴリの記事