« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

犬と私の微妙な関係

内田家の犬 アル

 以下の文章は昨秋に書いたものである。

 どういう訳か、昨年来様々な機会に「市長が自分で犬の散歩をしてるんですか?」という問いかけを受けるようになった。
 時には「みっともないから止めろ」と言わんばかりの人までいる。県会議員の頃はそんなことを言う人はまずいなかった。市長とはそこまで堅苦しいものかと改めて考えさせられてもいる。
 しかし、私としては別に恥ずかしいことをしている訳でもないし、これからもビニール袋を片手に散歩を続けるつもりでいる。あえて言うならば、市長が犬の散歩をしているのではなく、30年この方、犬の散歩を続けている男がたまさか市長になっただけのことである。そう思えば何の不思議もあるまいと思っている。
 第一、あの西郷南州翁(隆盛)ですら、百年に渡って犬連れで上野に立ってみえるではないか。私ごときに何の支障があろう。しかもこれは犬のためだけでなく、自分の健康のためでもある。犬がいないとしたら誰がわざわざ一人で散歩などするものか。それに私は、幼少時から犬小屋で犬と添い寝するような育ち方をしているため、犬が近くにいないと精神的に落ち着けないということもある。

アルと子供たち

 現在ウチで飼っている犬は、この4月で18歳になる柴犬の雑種のオスである。前に拾って飼っていた雑種のメス犬が16歳半で亡くなった後、当時幼稚園児と小学生であった子供達と相談して「子犬を飼う」ことにしたのである。「もう、しばらく犬は飼わない」と言っていた嫁さんにはナイショである。(言えば反対される。)
 豊田市にある「愛知県動物保護管理センター」に電話をして、子供達と往復2時間かけて子犬を一匹もらい受けに出かけた。その時の子犬が現在の老犬「アル」である。子供達にとっては2番目の犬であるため、中国語の「2」(アル)が彼の名前となった。
 子供達には良い遊び相手であり、4番目の子供のようにして育ててきた。ウチの家族の中では一番気の利いた奴であり、場をわきまえ、ムダ吠えをすることもない。それでいて長年律儀に番犬の役割も果たしてきている。

アルとキック

 家に来た頃はまだ耳も立っていない子犬であり、慣れるまで私がコタツで一緒に寝てやったものである。そのせいかオス犬のくせに、後に娘が拾ってきた子ネコが寒がっていると、教えもしないのに抱いて寝てやるようなやさしい犬になった。そのネコが長じて外で喧嘩をしてケガをして帰ってくることがあれば、ナメて介抱までしていた(猫のためには良くない)。
 先日も自分の寝床にネコが先に寝ていたら、彼は外の床の上で横になっていた。こんなイイ奴はいないと思う。私にとっても大切な相棒であり、近くにいるだけで心に安心感を与えてくれる貴重な存在だ。最近は高齢のせいか(犬の18歳は人の100歳近い)、耳が遠くなり少しボケが始まったかと思うこともあるが、長年の功労者である彼を粗末に扱う気にはとてもなれない。

 このように近年は人ばかりでなく、犬猫の高齢化もすすんでいる。それに伴い、糖尿病やガンや尿管結石のような、人間も罹る病気も増えているという。食事も昔のように残飯だけということはなく、中には人より高価な食べ物を与えられているペットもいる。少し調子が悪ければすぐに獣医にかけつけるし、夏冬は冷暖房の心配までする時代となっている。
 大型犬は短命な犬もいるが(10年以下)、中小型犬となると室内飼いが多いせいか15~16年は当たり前で、20歳近い犬を見かけることもある。猫の場合、去勢手術をして室内で飼えば20歳を越える個体もいる。確かギネス記録は35歳近かったと思う。
 いずれにせよ、彼らは歴史的にも人間とは最も深い関わりのある動物達であることは間違いない。大切にしたいものである。

ティム、内田康宏(昭和28年撮影)

|

2014年2月26日 (水)

第12回市民対話集会(2014.2.27)のお知らせ

美合学区市民ホーム

明日2月27日に12回目の「市民対話集会」を開催します。
事前のお申し込みは不要です。お時間ありましたらぜひ御参加下さい。美合学区市民ホームは美合小学校の西側に位置しています。

第12回 市民対話集会
日時: 平成26年2月27日(木) 午後7時~8時30分(開場は午後6時30分)
会場: 美合学区市民ホーム
対象: 美合学区、緑丘学区の住民の皆様

|

2014年2月22日 (土)

宮内庁訪問記

宮内庁訪問

 市長職に就いて一番意外であったことは、これほど出張の多い仕事だとは思わなかったことである。
 事業ごとの国への東京陳情の件は以前ブログで記したとおりであるが、他に全国市長会、東海市長会、県市長会、西三河市長会、中核市市長会などに始まり、ゆかりのまち・親善都市・姉妹都市等との交流、125以上ある「あて職」の役員としての仕事もある。また今回(2月5日)のように特別祭事にかかわる陳情もあるのだ。

 大正天皇即位後の大嘗祭(だいじょうさい)で皇室にお米を献上する「悠紀斎田」(ゆきさいでん)に、中島町の水田が選ばれてから来年で100年目を迎える。
 六ツ美地区では、平成27年6月7日(第一日曜日)に開催される記念すべき〝大嘗祭悠紀斎田100周年祭〟において、宮様のご来訪の実現を切に願っている。そのために5~6年も前から地元役員と代表者による宮内庁への要請陳情活動を度々行ってきた。

岡崎市地域交流センター六ツ美分館・悠紀の里

 来年平成27年は、岡崎市にとって〝家康公400回忌〟を迎える重要な年であるが、地元の六ツ美地区においては、10年近く前からこの100周年をいかにお祝いするかということが話し合われている。数年前に100周年記念事業実行委員会も結成されたところでもある。100周年には例年にもまして盛大な記念式典、神事、お田植えまつりを執り行うために、現在着々と準備がすすめられている。岡崎市も昨年6月、悠紀斎田の隣接地に「悠紀の里」と命名した岡崎市・地域交流センターを建設し、地域の歴史と文化の伝承を企っている。
 いよいよ来年に本番を控え、「市長にも宮内庁詣でをしてほしい」という声が上がり、今回の私の上京が決まった。皇居へは代議士秘書時代に参内したことがあるし、県会議長として新年祝賀の儀に出席したこともあるが、いつも車で通過してしまうので、中を細かく観察することはできなかった。今回は皇居内でも宮内庁の訪問であったが、ゆっくりと見学することができた。考えてみると皇居前広場を歩くのも中学の修学旅行以来である。

 警備のゲートで身分照会をおこなってから歩いて坂下門をくぐる。坂下門外の変の頃と同じ門構えなのかどうかは分からないが門の大きさには圧倒される。
 白石の坂道をゆるやかに登ってゆくと右手に見える、3階建て(半地下1階)の建物が宮内庁である。以前訪れたのは随分前のことなので、あまりはっきりと覚えていない。最近の東京の官庁は随分モダンな建物になっているものもあるが、さすが宮内庁は入口、階段、手すり、置物まで歴史と伝統、風格を感じさせるシックな造りとなっている。エレベーターはさすがに新しくなっていたが、各階のフロアの移動表示が古風な時計の針様式に保たれている点が面白かった。
 宮内庁長官官房の宮務(きゅうむ)課長さんと調整専門官に面会して、地元の熱心な活動状況と伝統行事になっている悠紀斎田お田植えまつりについて改めてお話をする。100周年祭の皇室からのお成りを熱望する地元民の声などもお伝えした。こちらから、どなたをとリクエストできる筋合いのものでもないが、「大嘗祭は、男のまつりである」という話も聞いている。先方からは次のようなお返事を頂いた。
「一年後のこととなると、国内ばかりでなく外国とのお付き合いで国外に出向かれることもあり、直近にならないと最終的な決定とならない」
 地元としては、なるべく早く来訪が決まり、当日に向けて抜かりのない準備をしたいところであるが、なかなかこちらの都合の良いようにはことは運ばぬようである。とはいえ度重なる要請・陳情・活動のお陰で岡崎の熱意は十分伝わっていることは分かった。あとは祈るばかりである。
 もう一つ感心したことがある。役所ではどこも節電運動が行われているものであるが、宮内庁でも廊下の照明が一つ置きに消されていた。ご時世である。

宮内庁

 その後青山代議士に同行頂き、厚生労働省を訪れた。国民健康保険事業に関する陳情である。
 岡崎市は今年度、保険料の算定方式を「旧ただし書き方式」へ変更すると共に、豊橋市と共同で自治体クラウド・システムを構築し、安定的な国保運営を行ってきている。この制度改正において、保険料の激変を緩和する措置を「国民健康保険の財政調整基金」を財源として行い、被保険者の負担軽減を図っている。・・・等々のことを報告してきた。
 要するに「こんなにガンバってますから今年度も特別調整交付金の御配慮をお願いします」ということであるが、地方自治とは言っても常にこういう要望活動をしていかなくてはならないのが現実である。

厚生労働省

|

2014年2月21日 (金)

『リバ!』2014年3月号

インディアナ大学 アイゲマン・ホール

内田康宏事務所から『リバ!』2014年3月号発行のお知らせをいたします。
今回の徒然市長日記は「インディアナ大学同窓会 in 岡崎」です。
写真の建物はインディアナ大学の学生寮「アイゲマン・ホール」です。市長は留学生活の後半をここで暮らしました。

|

2014年2月18日 (火)

平成25年度 国道301号・473号合同要望会

国道473号(愛知県岡崎市)

 県会議員並びに地方自治体は、国や県に対して合同で重点事業の要望活動を行うため、各種協議会や期成同盟会という組織を作っている。そうした毎年恒例の県に対する要望活動の一つが、この国道301号と473号の合同要望会である。
 2月3日、県庁の議会棟5階、大ホールにおいて、地元進出の各県会議員同席の上で愛知県・建設部局に対し、両道路事業に対する要望活動を行った。

 国道301号は静岡県の浜松から新城、岡崎を経て豊田に至る重要な産業道路であり、東名高速道路、東海環状自動車道や間もなく供用開始される新東名高速道路、並びに三遠南信(さんえんなんしん)自動車道を結ぶ広域幹線道路でもある。実質的に東西三河地域の都市部と山間部の連携と交流を支え、物流と観光による地域の活性化を担い、さらに災害時には緊急輸送道路となる重要路線である。
 ことに当地域、岡崎においては、301号は、ものづくり産業の中核である自動車産業の研究開発拠点となる「豊田・岡崎地区研究開発施設」への主要アクセス道路として、重要な意味を持つ。
 かたや国道473号は、蒲郡市の国道23号を拠点に、岡崎市東部、額田地区及び豊田市の下山地区を南北に縦貫し、静岡県牧之原市に至る道路である。国道420号と301号とを結ぶことによって三河山間部の一体化を図っており、また、山を越えて三河湾につながることで山と海をつなぐ地域住民の生活と産業を支える重要な道路となっている。
 だが両道路とも、そうした機能と効果の重要性を十分認識されながら、それぞれに道路の狭隘な箇所が見られ、急カーブ急勾配の連続する危険な場所も多いことが指摘されている。
 ことに473号においては、在バイパス工事が行われているものの、老朽化した危険なトンネル路の利用が高い。新東名高速道路のインターチェンジ完成後には更なる物流の増加と災害時の緊急輸送路としての重要性が見込まれているので、やはり山を抜ける短距離の新トンネル路の建設の必要性を思うものである。

 新政権による景気の回復を言われる中ではあるが、県財政もまだ本格的復調には至っておらず、すぐさま色よい返事をもらえるところまでには来ていない。今後とも継続して両事業の促進に尽力する考えである。

国道301号・473号合同要望会(2014年2月3日)


平成27年度 国道301号・473号合同要望会 (2015.11.01)

平成29年度 国道301号・473号合同要望会 (2017.11.10)

|

2014年2月17日 (月)

第11回市民対話集会(2014.2.18)のお知らせ

岡崎市 南部市民センター・分館

明日2月18日に11回目の「市民対話集会」を行います。詳細は下記のとおりです。会場の南部市民センター・分館は、JR岡崎駅西口から北西に向かって歩いたところにあります。
御都合よろしければ、ぜひお越し下さい。

第11回 市民対話集会
日時: 平成26年2月18日(火) 午後7時~8時30分(開場は午後6時30分)
会場: 南部市民センター・分館
対象: 城南学区、岡崎学区の住民の皆様

市民対話集会

|

2014年2月13日 (木)

三菱自動車岡崎工場・視察

三菱自動車工業岡崎工場

 昨年より依頼を受けながら、なかなか実現しなかった三菱自動車岡崎工場の視察と新車の試乗をようやくこの1月31日に行うことができた。午前10時半に現地到着し、15分ほど工場のシステム説明を受けてから小型バスで塗装工場を訪れた。
 県会議員の頃委員会の視察で排水処理施設の見学に赴いたことがあるが、三菱自動車の生産ラインの工程を直に見るのは、地元でありながらこれが初めてのことであった。
 考えてみれば、ここは民主党の牙城であり、私のような保守の議員が入場する機会が無かったとしても当然のことである。市長という中立的立場になったことで入場できた(?)と言えなくもないかもしれない。

 間近に見る車の製造工程というものは、見慣れた方はともかく部外者には大変興味深く、新鮮な驚きを感じさせてくれるものであった。車の塗装とは吹き付けで行うものと単純に思い込んでいたが、流れ作業で一台一台、薬液プールに浸されてゆくものだとは知らなかった。浸水角度から引き上げまで車の姿勢はコンピューターで制御され、ムダ・ムラのないように自動運行されている。人間は主にそのチェックをする役割となっている。
 必ずしも人型ではないが、時代はすでにロボットの時代に入っていることを随所で感じさせられる。工場内を様々な部品を乗せた自動運行カートが、ディズニーランド調の曲に合わせてルートを正確に走行してゆく。時に交差する所もあるが、コンピューター制御により決して衝突はしない。人と機械の職務的な活動スペースの棲み分けもきちんとなされているようである。

三菱自動車工業岡崎工場

 このような流れ作業のライン生産によって、68秒に1台、1日約900台の車がこの工場で作られているという。多種の車が同じライン上で混在して組立られていることにも驚かされるが、さらに個々の車はお客の好みにより仕様や色まで受注生産の形となっている。まんじゅうのように一様のものを流れ作業で作って、店頭に並べて売るのではなく、車種、仕様、色、ハンドルの左右まで異なった車が同じライン上に並んで次々と組立てられていく。三菱と業務提携をしているフランスのプジョーの車までその中にあることを発見した時は、驚きを越え、半ばあきれてしまった。もはや国際化はここまできているのである。一通り工場内を見学してからテストコースに向かった。

 昨年の1月から三菱が鳴り物入りで売り出している、新型SUVの「アウトランダーPHEV」に試乗することになった。「PHEV」は「プラグインハイブリッド電気自動車」の頭文字である。
 一見スウェーデンのボルボに似た重厚なフォルムの車であるが、見た目と違って足回りは軽やかであり、アクセルを踏んだ時の加速性能も良好であった。「120kmくらい出しても大丈夫ですよ」と言われていたが、久し振りの車の運転であったため、いつになく慎重になっていた。それでも慣れてからは全長3kmほどのテストコースを予定2周のところ3周も走ってしまった私であった。
 その後今月から売り出しの新型軽自動車「eKスペース」にも試乗することになった。ワンボックスの軽にしては車高は高く、中も広々としており、ファミリー仕様となっている。運転席の前のフロントグリルも広くとられており、何よりも視界の良さが気に入った。嫁さんの次の車はこれにしようかと思ったほど乗り心地も使い勝手も良い車であった。

 私達はとかく物事を外から見て判断していることが多い。現地に足を運んで直に体験することによって本当のことが分かるということを今回の視察訪問で再認識できた。
 対応頂いた三菱自動車工業岡崎工場の皆さんには、心から感謝を申し上げる次第である。


三菱自動車・岡崎、累計生産500万台に (2014.12.28)

|

2014年2月 8日 (土)

第10回市民対話集会(2014.2.13)のお知らせ

市民対話集会(矢作北学区市民ホーム)

来週2月13日(木)、10回目の「市民対話集会」を行います。
お時間が許せばぜひお越し下さい。学区の皆様はお分かりのことと思いますが、会場の矢作北学区市民ホームは、矢作北小学校の道路を挟んだ南側にあります。

第10回 市民対話集会
日時: 平成26年2月13日(木) 午後7時開始(開場は午後6時30分)
会場: 矢作北学区市民ホーム
対象: 矢作北学区、北野学区の住民の皆様

市民対話集会

|

2014年2月 3日 (月)

第9回市民対話集会(2014.2.4)のお知らせ

岡崎市 市民対話集会

明日2月4日に9回目の「市民対話集会」を行います。いつものように、事前のお申し込みは不要であります。お時間ございましたらぜひ足をお運び下さい。

第9回 市民対話集会
日時: 平成26年2月4日(火) 午後7時~8時30分(開場は午後6時30分)
会場: やはぎかん(西部地域交流センター)
対象: 矢作東学区、矢作西学区、矢作南学区の住民の皆様

|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »