« 市民対話集会、延期します | トップページ | 市長就任、満一年に思う »

2013年10月26日 (土)

交通安全と一通の手紙

岡崎警察署

 岡崎の警察署長さんが、前月の犯罪発生状況ならびに交通事故の状況とその対応の報告を兼ねて、毎月定期的に岡崎市への協力要請におみえになります。署長さんのていねいな説明から、警察署が全署員をあげて日夜市民の安全な生活のために奮励努力されている様子がよく伝わります。
 昨年の岡崎管内(岡崎市・幸田町)の交通事故死者数は16名で、県内ワースト1位となっています。本年は10月18日現在8名の方が交通事故で命を落とされています(県下ワースト5位)。これまでの最小記録は平成20年の年間11名(岡崎9名、幸田2名)です。そこで岡崎署管内では只今、なんとかこの数字を下回り、不幸な運命を一つでも変えることを目標に掲げています。
 これから秋の気ぜわしい時期を迎え、さらに年末に向かうことになりますが、市民の皆様のより一層の交通安全への注意と御協力をお願いしたいと思います。市民の一人一人が交通安全の自覚を持つことが大切であります。各自がちょっとした注意をするだけで、大きな災難を避けることができるのです。

市民の方からの葉書

 先日、岡崎に数ヶ月前に転居してみえたという方から以下のようなお葉書を頂きました。

「岡崎市は自然も多く、公共施設も充実しており、大変住み易くいい所に越してきたなと喜んでいます。ただ一つ気になることは『運転マナー』です。非常に悪いと思います。
 岡崎市に限らずこの地方全体に言えることかもしれませんが・・・。狭い道でもスピードが速く恐怖を感じます。歩行者なんておかまいなし!!という感じです。また少しでもゆっくり走るとあおったり、勢いよく抜き去ったり、とにかく強引です。
 車間距離も大変狭いと思います。こちらも子供が乗っており運転がのんびりになることもありますし、できるだけこの土地のペースに合わせるようにしていますが、あまりにもひどいなという新米市民の印象です。岡崎に観光の方も多く来られると思いますがこれでは悪いイメージを与えることもあるのではないでしょうか・・・。いい所もたくさんあるのにとっても残念です」

 これを読んで、岡崎市民の一人として大変恥ずかしく思いました。私もよく岐阜の友人に「アイチ・ナンバーの車を見たら要注意だ。とにかく運転が乱暴だ!」と責められることがあります。
 この地域は産業地帯であり、時間に追われて生活している人が多いせいか、生活のテンポも早く、それにつれて住む人々の車の運転も〝せっかち〟になっているのかもしれません。かく言う私も人一倍せっかちな人間ですので反省しておりますが、そうした特性が交通事故と関係があるとすれば至極遺憾であります。
 一人一人が今少し周りをしっかり見て、余裕と思いやりの心を持って生活すれば、交通事故や犯罪の抑止につながる気がします。日々の生活の中でほんの少しの思いやりと行動に対する注意力があれば、それだけでより住み易い世の中になると思います。
 中にいるとそこの習慣に染まっていることに気がつかないものです。それを改めて気づかせてくれた貴重なお便りでした。匿名の方のため御返事を出せませんでしたが、岡崎市を代表して一言お詫びとお礼の言葉を申し上げたいと思います。

|

« 市民対話集会、延期します | トップページ | 市長就任、満一年に思う »