« またやっちまった! Ⅰ | トップページ | 上様のおな~り Ⅰ »

2013年1月28日 (月)

「お地元」と「ご地元」

内田康宏事務所(小呂町)

 選挙前、後援会入会等の説明をするのはうちの秘書の井戸田くんの役目である。その彼が演説会の会場でしきりに、
ご地元の皆様に内田康宏をよろしくお願いしていただきたい」
 という言葉を使っていた。あまりいつものことで気になっていたので、あるとき事務所に帰ってから確信を込めて彼にこう言った。
「ゴジラが出たわけではあるまいに、ご地元はない。お地元というものだ」

 ところが市長に当選してから、役所で様々な報告を受けたり地域に出向いた会合の席で、市の職員がやはり同様に「ご地元、ご地元」という言い方をする。お節介な私はまたしても秘書課の職員を呼んで苦言を呈した。
 そうしたらしばらくしてその職員が、インターネットを使って「お地元、ご地元どちらが正しいか」という問いかけをしてくれた。役所というところはそんなことまでこんな調べ方をするのか、と思った。

 その結果なんたることか。「ご地元」の方が多数派であることがわかった。実際はどちらの用法も間違ってないそうであるが、これは私にとって衝撃の事実であった。かつて私が中学生のころ東京に修学旅行に行って朝の味噌汁が白味噌であることに驚いてカルチャーショックを受けたときのことによく似ている。そのときまで私は、赤味噌がマイノリティー(少数派)であり全国的に見て白味噌あるいは合わせ味噌の方がマジョリティー(多数派)であるとは知らなかったのである。

 味噌の一件は仕方ないが、私は今でも「お地元」が正しいと信じている。

|

« またやっちまった! Ⅰ | トップページ | 上様のおな~り Ⅰ »

内田やすひろ後援会」カテゴリの記事