« 東京挨拶まわりと新東名高速道路 | トップページ | 就任後一ヶ月を経過して »

2012年11月29日 (木)

「岡崎アート&ジャズ2012」開会式

 11月1日(木)。
 シビコの6階において、あいちトリエンナーレ地域展開事業「岡崎アート&ジャズ2012」が開催された。開会式にはトリエンナーレを始めた神田前愛知県知事はじめ、多くのご来賓がお見えになっていた。当然のことであるが、今回も最初の挨拶はわたくしである。

「岡崎アート&ジャズ2012」開会式

「このイベントは愛知県と岡崎市が協力して市の中心街などを会場として開かれる初めての現代美術展であります。そして私が市長に就任してから初めての大きな文化振興事業であります。本日開会式を迎え、ここに13組14名の出展作家の方々のすばらしい作品を拝見して、現代美術作品の新たな魅力に触れることができることは大変すばらしいことだと思っております。
 また、会期中には『内田修ジャズコレクション』を有する岡崎ならではのジャズ・イベントも多数開催され、本市を訪れるジャズを愛する方々に現代美術ともども楽しんで頂けることと期待しております。来年には神田前知事がはじめられた現代アートの国際芸術祭である『あいちトリエンナーレ2013』が岡崎でおいても地域会場として開催されます。これを機により多くの皆様方に岡崎にお越し頂き、現代アートの鑑賞と同時に岡崎の街を歩いて、美しい景観や数多くの歴史遺産をはじめとする、岡崎のすばらしさを味わって頂きたいと思っております」

 会場の中で話をしていたときに、「なんでこんな汚いところでやるんだ」と言っていた人がみえた。しかしニューヨークのダウンタウン、ソーホー地区で始まったアンディ・ウォーホールを代表とする現代アートのうねりは、まさしくソーホー地区の小汚い倉庫の中から始まったのである。であるから、逆に私としては展示場所としてこれほどふさわしいところはないのではないかと思った。

|

« 東京挨拶まわりと新東名高速道路 | トップページ | 就任後一ヶ月を経過して »

あいちトリエンナーレ」カテゴリの記事